Skip links

前回の日記から1年経ったことへの驚き

こうした日記の類は、優先順位が低くなりがちでついつい後回しにしてしまいます。ふと前回の日記の日付を見たら去年の7月でした。

もう1年経ったのかと驚きです。

何に驚いているかと言えば、実感として昨年からほとんど状況が変わっていないということです。

勿論、政府や医療従事者の皆さん・自衛隊の皆さん等の働きによって、日夜コロナ禍は収束へと向かっている事と信じています。実際、そうなっていると思います。

ただ、デザインの仕事(特にイベント関係のデザイン)を取り巻く環境・近所の飲食展などの店舗ビジネスの様相を見る限りは、昨年と大きく変わってはいません。事務所の目の前の料理店も遂に無くなってしまいました。

分厚い雲が空を覆うような閉塞感がこれだけ続くのは尋常なことではありません。早く雲の合間から光が差し、その光を皆で享受できる日が来ることを願っています。

昨年からずっと「祈る・願う」ことばかりです。疫病が流行ったら大仏が建立されるのも分かる気がします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)

サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: