ヘアサロンのチラシ作りのコツ・テクニック

ヘアアロンのチラシのコツ

競争が激化しているヘアサロン業界

街を歩くと、たくさんのヘアサロンを見かける光景が当たり前になってきました。

厚生労働省が出している統計によると、平成27年度の全国の美容院数は240299店。コンビニ大手10社の全国合計店舗数が約55000店なのに対し、実に4倍以上の店舗数があることがわかります。しかも前年対比1.2%の割合で増加傾向にあるそうです。それだけに、集客する為には工夫が必要になってきます。

ヘアサロンをチラシで宣伝しよう

競争が激化しているヘアサロン業界において非常に有効な集客ツールがチラシです。今回は、ヘアサロンのチラシ作りのコツやテクニックを実例を交えてご紹介します

サロンのチラシデザインをご検討の方はこちら


 ヘアサロンのチラシ作りの一番のポイント

サロンのメッセージをチラシに

一番ポイントとなることは「サロンの良さを表現しつつ、消費者に伝えたいメッセージを盛り込むこと」です。

統計からもわかるとおり、ヘアサロン業界における競争は熾烈です。たくさんあるヘアサロンの中からお客様を呼び込むためには、他とは違うメリットやブランド力を明確に伝えることが重要です。その為に、効果的な役割を果たすのがチラシです。

こちらのチラシでは、美しいブランドヘアーの女性を大きく起用し、ゴールドや木目調を基調としたデザインで、日常から切り離された期待感をわかりやすく表現しています。新規顧客獲得を目的とするチラシにおいては、手にとった人が「行ってみようかな」という気になるような興味を引くことが重要です。写真の持つイメージ力で、技術力の高さやカラーリングに対する自信を表現しつつ、中央には一番気になるだろう値段をわかりやすく表示しています。このことで、お店のイメージと知りたいであろう情報をわかりやすく伝えることができているのです。

まずは、伝えたいコンセプトを明確にしましょう。どのようなイメージをお客様に持ってほしいか明確にすることで、チラシデザインの趣旨も定まります。また、ターゲットとなる顧客層を明確にしておくことも重要です。興味を持ってほしいターゲット層にダイレクトに届きやすいデザインにすることで、集客効果も高まりやすくなります。


チラシで伝えたい強調点を明確にする

強調点を明確にしたチラシ

せっかく手に取って読んでもらっても、強調点がわからないと印象が薄くなってしまいがちです。一番伝えたいメリットや情報は堂々とわかりやすく目立たせましょう。

こちらのチラシでは「秋のツヤカラー4,800円」という強調点が、中央付近に目立つピンクの色合いでしっかり記述されています。伝えたいことがしっかりわかるデザインになっているので、読んだ人の記憶にも残りやすいです。さりげなく紅葉した葉っぱやリスのイラストが入っていることで、ナチュラルなイメージも合わせて伝えることができます。

また、背景もホワイトの単色ではなく、ピンクのストライプを用いて女子らしく可愛らしいデザインとしています。ピンクなどの暖色を効果的に使うと、女性が手に取りやすいあたたかみのあるキュートなチラシを作ることができます。ピンクには場面を華やかにするだけでなく、幸せな気分・イメージを伝える効果もあります。

カラフルなチラシの注意点としては、視認性を疎かにしないことです。このチラシの場合でも、背景となるピンクのストライプが濃すぎると、肝心の文字情報が読み取りにくくなってしまいます。色味を加えることはチラシ作りにおいて大切ですが、手にとった人が読みやすいデザインにすることを忘れないようにしましょう。わかりやすく読みやすいチラシですと、多くの人に読まれやすいです。


ヘアサロンの広告は写真が命

写真はチラシの要

ヘアサロンのチラシデザインにおいて、写真は重要なポイントになります。

画質が高く清潔感のある美しい写真を厳選して使用しましょう。特に、写真を大胆に起用するデザインにおいては、写真が9割方印象を決める力があります。ブランドのイメージにあった良質の写真を選んで活用しましょう。

美しい髪のモデル写真が紙面の大半を占めるデザインは、インパクトがあると同時に自信を感じさせます。あえて情報を削ぎ落とし、必要最低限の文字情報しか載せていないことも、むしろ魅力として機能していると言えるでしょう。

シンプルなデザインの場合は、写真の選定がチラシの善し悪しを決定づけます。写真の背景は白などすっきりした色合いがポイントとなります。また、写真以外のチラシに使う色は3色にとどめましょう。字体もすっきり読みやすいデザインを心がけることが大切です。

ターゲットが女性の場合は、男性よりも厳しくチラシにおけるセンスが問われます。ヘアサロン自体が、美を追求しているということもありますし、女性は男性に比べてチラシを目にする機会が多いため目が肥えています。一目見てチラシのセンスが悪いと判断されると、ヘアサロン側の提供するスキルも疑問に思われてしまいがちです。コンセプトがしっかり伝わる質の高いチラシにする為にも、一番注力する必要があるのが写真と言えます。写真選定は特に慎重にしっかり相手にイメージが伝わる写真選びを心がけましょう。


チラシの裏面も効果的に活用してみよう

ビジュアルメインの表面

ビジュアルメインの表面

このチラシでも写真が大胆に活用してあります。

あえて乱れてた髪の女性を起用することと、お店の名前を堂々と記載することで、ブランドの持つ確かな自信をしっかり読者に伝えています。まるでポスターのような攻めの表面を補足するのが裏側です。表面がインパクト強く情報を削ぎ落としている分、値段やメニューなどの詳しい情報を裏側に記載することで、説得力が増しています。

ブランドのイメージを的確に伝えるために、必要なポイントのみに絞り、シンプルにわかりやすく情報を記載することもポイントです。全体的にシンプルでありながら力強い、上品な印象を与えています。女性がヘアサロンを訪れる目的は、髪を整えより美しくなることです。ヘアサロンに求めている力は、技術力はもとよりセンスというなかなか見えづらい力も重視しています。デザインセンスが良いと感じるチラシであると、当然そのヘアサロンのセンスも良いだろうと期待感を煽る効果も生まれます。作り方次第で、シンプルなチラシが雄弁にメッセージを伝えてくれることが可能なのです。


親しみやすさも魅力的

親しみやすいチラシの構成

美しくオシャレなヘアサロンだけでなく、親しみやすさに重点を置いたヘアサロンも存在します。

こちらのチラシでは、ナチュラルな背景の中に、あえてたくさんの情報を盛り込むことで、いつでも気軽に訪れたくなるような親しみやすさが強調されています。また、メリットとしてキッズルームが完備されていることを黄色の枠で目立たせており、子ども連れでも安心して訪れられるということをわかりやすく表現しています。背景の青色と黄色とは補色の関係にあたり、互いの色を引き立たせる効果もあります。

ブルーには爽やかで誠実な印象がありますが、ヘアサロンに使うのは珍しいかもしれません。使いすぎるとクールすぎて冷たい印象を与えかねません。このチラシでは淡いパステルカラーを用いて手書き風に加工することで、青色の持つ良い効果をうまくいかせるように工夫してあります。色の効果を考えて表現方法を変えると、より伝わりやすいチラシに仕上げることができるのです。

オシャレで都会的な雰囲気のヘアサロンばかりではありません。地元密着の家族で訪れられるヘアサロンを求めている消費者もいます。そのヘアサロンの伝えたいイメージに合わせたチラシデザインが求められていると言えるでしょう。


読みやすいチラシレイアウト

読みやすいチラシレイアウト

読みやすいチラシレイアウト

たくさんの情報を盛り込んだ場合でも、レイアウトを工夫することで見た目にすっきりと読みやすいチラシに仕上げることが可能です。

統一感のある背景色の中に、ポイントとなる情報を大きく強調して配置します。写真を大きく使いたい時はブランドイメージにあった良質な写真を使用しましょう。その上で、必要な細かい情報をキレイにまとめて載せます。左揃えで合わせると、整然として読みやすいです。字体もすっきりしたわかりやすいものが好まれます。情報が多い時は、カテゴリごとにまとめて配置してあると整っていて見やすい印象を与えやすいです。枠線などで区切る方法もおすすめできます。

このチラシでも裏表をそれぞれ有効に活用してあります。表面はカタログのようなオシャレなデザインにしつつ、裏面に必要な情報がしっかり載っていることで情報量としても申し分ないです。値段は女性が特に気になりやすい情報ですので、赤字で目立たせてあげると印象に残りやすいです。また、クーポンがついていると保管してもらえる可能性も高くなります。ヘアサロンなので、髪型の実例を加えると説得力が増します。モデルの表情にバリエーションがあると「どんな人も満足させてくれそう」と消費者にイメージして貰いやすいです。

写真のレイアウトも工夫できるポイントと言えます。こちらのチラシではポラロイド風の写真が風に待っているように配置してあります。ウインターキャンペーンのチラシということもあり、雪マークと合わさって、雪が風に待っているようなナチュラルなイメージを合わせて伝える効果も高まっています。同じ写真でも見せ方次第で、オリジナリティーを表現することができ、他と差別化をはかることができるのです。


安くても高級感を表現可能

木目とゴールドでチラシに高級感を

木目とゴールドでチラシに高級感を2

限定半額キャンペーンのチラシです。最大のメリットである「全メニュー半額」という部分が大きく強調されています。しかし、安さを売り出しているにも関わらず全体の印象はゴージャスだと思いませんか?

背景を木目調にし、ゴールドを大胆に活用することで、特別な高級感があるデザインに仕上がっているのです。このチラシはキャンペーン会場がホテルということもあり、会場の雰囲気に合わせて木目調が採用されているという背景もあります。チラシはひと目で雰囲気やイメージを伝えてくれる効果があります。背景や色、素材を工夫することで、伝えたい雰囲気まで消費者に届けてくれるのです。

また、両面がカラー印刷であることもポイントとなります。両面がオシャレなデザインに仕上がっているので手に持っていたりバックに入れて保管しておいてくれる可能性が高まります。他者に紹介してくれる効果を期待することもできます。値段を売りにしていても、見せ方次第で安くてゴージャスという相反する魅力を同時に伝えることも可能にしてくれるのがチラシの興味深いポイントです。


表現方法は多彩

多彩な表現のサロンチラシ

多彩な表現のサロンチラシ2

雑誌のように見えますが、こちらもチラシです。

背景がエメラルドグリーンやブラックでスタイリッシュに仕上げてあることで、男性も手に取りやすい仕様になっています。遊び心を加えたデザインは、インパクトという意味でも「なんだろう」と読者を引きつける効果に優れていると言えるでしょう。サロンのコンセプトに合致しているなら、このように他にはない独自性を打ち出したチラシデザインも有効です。

基本的には読みやすいシンプルな字体が好まれますが、あえてフォントを織り交ぜることでより雑誌らしさが際立っています。被写体に字が被る場合は、特に可読性が損なわれないように注意しましょう。ブラック背景の場合も、白抜きにするなど読みやすいさを残しつつ、仕上げることがコツです。

また、同じフォントでも斜体は目を引きます。強調したいメリットの部分に使うことで、たくさんの文字情報を含ませた中でも、記憶に残りやすい工夫となります。紙面を使い切って、最大限ヘアサロンの魅力が伝わるように工夫を凝らしていくことがポイントです。


そのヘアサロンならではの独自性をチラシで伝えよう

美容師のチラシ

ヘアサロンは新規参入しやすい業態とも言われているそうです。

すでにたくさんの美容室・ヘアサロンが存在していますが、新しいお店も続々誕生しています。その中で生き残っていくためにはお客様にそのヘアサロンならではの良さをアピールしていくことが重要と言えるでしょう。

チラシは手に取りやすい広告媒体ですし、お店の他にはない独自性やメリットを瞬時に伝える効果に優れています。ターゲットにヘアサロンの良さが伝わることで、集客効果も高くなると言えるでしょう。お客様も一つのサービスを体感し良さを実感すると、当然、他のサービスも良いだろうと判断してくれます。繰り返しになりますが、コンセプトを明確にしターゲットをはっきりさせ消費者にしっかりとメッセージが伝わるチラシを作ることが大切です。その為には、ここで紹介したテクニックやコツを活用すると、より伝わりやすいチラシになりますよ。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。


 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

メールでのご相談・ご依頼はこちら

sslクレジット対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。

チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。

asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。

CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。

アソボデザインが各種プレスリリースに載りました サイトのリニューアル情報がメディアに掲載されました。

グラフィックデザイン部門にノミネートしました OSAKA KAWAII!! クリエイターズアワードのグラフィックデザイン部門にノミネートしました。

デザイン講義を行いました バンタンデザイン研究所でデザインについての講義を行いました。

NEWS&PRESS情報一覧