ペットボトル(飲料パッケージ)の進化・歴史について

ペットボトルの歴史について

ペットボトルはより強く、より薄くなっている

私たちは毎日、何本ものペットボトルを手にします。コンビニやスーパーマーケットディスカウントショップでは箱ごと購入することもあります。ペットボトルといえば、何年か前までは、500ミリリットルのペットボトルが主流でした。家庭用では、炭酸飲料が丸型のペットボトルで1.5リットル、お茶や水が2リットルと、誰からも教えられたわけでなくてもそれが当たり前だと思っていました。

しかし、最近では、1リットルや650ミリリットルのペットボトルや、炭酸飲料なのに2リットルのものが登場してきました。

ペットボトル

現在、ペットボトルにはさまざまな形而・容量の容器があります。

昔のペットボトルは硬く、それに張り付けられたラベルをはがすのにも一苦労でした。今では素材の柔軟さと強度が両立できるようになり、飲み干した後に簡単に潰してゴミ箱へ〜というスタイルも当たり前になりました。ボトルとキャップそしてフタを仕分けしてゴミ箱に入れるのが当たり前ですが、私たちの習慣が苦労せずに行えるようになっています。飲料各メーカーの試行錯誤が日進月歩で今もなお続いていますから、今後も新しい新商品が毎日のように登場してくることでしょう。

そもそもペットボトルが登場する前は、特に炭酸飲料はビンで栓を抜いて飲む。もしくは、缶というのが当たり前だったと思います。

ice_petbottle

それが、ペットボトルという容器が開発され、はじめて手にした時の喜びというのはどうだったのだろうかと思うと少しおかしく感じます。商品包装(パッケージ)の進化というのは、飲料業界だけを見てもすさまじい勢いで進化し続けています。

 

味とはまた別の、パッケージデザインという企業努力

企業が商品を売るためには、味などの商品の中身に当然重点を置いています、商品を売るためには、商品の中身=味ですから、その開発は私たち消費者が求めるものを企業が日々調査し、また、栄養素などの点でも研究開発しているのは当然なことです。しかしそれだけではありません。商品を売るためにもう一つ大事なのは、これは飲料業界に限ったことではないと思いますが、そのパッケージのデザインです。パッケージデザインだけで、中の味が分からないまま私たちは買うことがあります。パケ買いというやつです。パッケージデザインは、商品の中身の一番大事な「味」とはまた別の大きな企業努力といえます。

shopping_cart_woman

ある意味で私たちは、パッケージをデザインの戦略にまんまとハマっているわけですが、商品を売る側の企業としては思惑通りという所ではないでしょうか。商品の売り上げをあげるために必要なのは、中身だけではなく外見も非常に重要です。新発売の商品の味はどの消費者も知りえませんから、パッケージを見て購入するほかありません。そして初めて、中身の味を知るわけです。味に関しては、各メーカーは自信を持って商品を製造しているはずですから、コンビニやスーパー、ディスカウントショップでお客様がカゴに入れるまでが大変なのです。

そのデザインも多種多様です。コンビニに行くと、視界に入るだけでも数十種類の飲料水があります。それも、お茶や水、炭酸飲料や、果汁ジュースなど、ひとつのカテゴリーだけで数十種類もあります。

例えば、朝コンビニにより、コーヒーがほしいと思っても、缶なのか、ペットボトルなのか、はたまた紙パックなのか…そこから選ばなければならないほど、無数に選択肢があります。

売り場はパッケージデザイン同士の戦い

消費者からすれば、「目覚めの一杯にブラックのコーヒーがほしい」と思っているだけかもしれませんが、飲料メーカーはその数十種類もあるライバルから、自分たちのメーカーのコーヒーを選んでもらわなければならないという激戦状態です。

sensou_senjou

ボトルの形状や味はもちろんのこと、パッケージデザイン・ラベルデザインに勝負をかけているというのがわかります。飲料メーカーのデザイン担当者は消費者を日々調査し、マーケティングに力を注入しています。新商品を担当したデザインチーム、ボトルの形状や材質の開発に携わる製造チーム、あらゆる各部署が力を合わせてひとつの新商品を開発しています。ひとつの新商品の発売日は、激戦状態の飲料業界の中で勝つか負けるかの新たな火種の投入日と言えるでしょう。

boueki_tairitsu_business

私たちは、毎日、何気なく手に取り、飲み、ゴミ箱へと、無限ループのように繰り返している作業ですが、こういった各メーカーの企業努力の上で、品質、パッケージ、ラベル、容器、すべての点で進化した飲料商品を手にしているのです。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。
050-5243-3791
問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません) タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム