居酒屋・バルのキュートなロゴデザインを制作しました。

バル、居酒屋のロゴデザイン

カジュアルなバル・洋風居酒屋の店舗ロゴマークです。

ゆるめのラインに、テーブルや顔の要素を取り入れて楽しげな雰囲気を演出しています。ワイワイとした楽しさを伝える遊び心のあるロゴデザインに仕上げました。フードをイメージしたオレンジが良いアクセントになっています。

バル、居酒屋のロゴデザイン

 

ロゴ作成例に関する考察 

バルのカジュアルに楽しめる雰囲気を表現したロゴ制作例

食堂としてもバーとしても楽しめるバルのロゴマークは、カジュアルなイメージで作成すると店内の雰囲気にも会いやすいです。もちろん、高級感やモダンさなど店舗によってのイメージがありますので、ロゴを作成するときにはその店のコンセプトをきちんと伝えたほうが、イメージに近いものを作ることができます。
こちらの店舗は、洋風居酒屋としてのカジュアルなイメージを大切にして作成されています。幾何学的なデジタルイメージの強いロゴが増えている中、手書きの良さを生かして作成しており、カジュアルな中にもアットホームな印象を受けます。使われている色は、黒とグレー、やや赤みがかったブラウンの3色のみです。ブラウンカラーは串焼きのような料理の部分だけに使われており、それ以外はモノクロのロゴですので、非常に目立ちます。

店名で思い切って遊んでみたデザイン

基本的には店名をシンボルマークにアレンジしているタイプのロゴですが、背景の色に関係なく目立ちやすいようデザインされていますので、看板だけでなく制服やメニュー、ホームページなど様々なところで使うことができます。店名は、一部日本語ですが、その部分はひらがなで明るめのグレーを使用しています。文字は読みやすいものの既存フォントのようなそっけなさがなく、人好きのする丸みのある文字です。そして、アルファベット表記の部分がロゴの中で最も大きいサイズでデザインされており、一部の文字はイラストとして取り込まれています。この部分は線の太さが一律ではなく、手書きのようなゆるさや素朴さが感じられます。背景を白にすることで飲食店らしい清潔感を実感することができ、そこに太すぎず細すぎない黒の文字を入れることで、全体を適度に引き締めています。
中ごろにあるOの文字は上に目鼻をつけて大きく口を開いている人の顔にしており、さらに口の中に串物のイラストを加えることで、おいしそうな料理をほおばっている様子がわかります。その横の2つ並んだTの文字は、脚付きのテーブルとしてデザインされており、テーブルの上には2本の串物が置かれています。串をほおばっているOの文字と隣り合わせになっているため、注文した料理をどんどん食べている様子がうかがえます。さらに、その下には英語でキャッチコピーが入っており、薄いグレーで悪目立ちせずにこちらの店舗の特徴をアピールしています。一人で出かけても、大勢で出かけても楽しめそうなバルであることがわかるロゴデザインです。

 

ロゴマークに対する感想 

色々な想像をかきたてる、素晴らしいロゴマークですね。

「これは賑やかで楽しくて、いいロゴですね。居酒屋らしい活気にみちたデザインになっていると思います。洋風の居酒屋というのは、少なくとも私には馴染みがないんですけれども、こういった親しみやすいロゴが軒先に掲げられていたら、このお店の名前の通り、ちょこっと、寄ってみたくなりますね。「やきやき」と書いてあるのは、焼き物が充実しているお店だからなのでしょうか。この「やきやき」というフレーズも、何か美味しい焼き物ができるのをそう口ずさみながら待っているかのような楽しさがあります。そのイメージが、串物の絵や、それを頬張る人の顔によって強調されているんですよね。
Tの文字をテーブルに見立てたのは見事という感じですし、Oを大きく口をあける人の顔にデザインしたのも、また見事。これによって、ロゴ全体の明るく楽しげなイメージが決定付けられているといえるでしょう。それに、端的に、美味しそうだな、とも思いますよね。このお団子のようなものは、いったいなんなのでしょうか。つくねでしょうか。だとしたら食べたい。こんなふうに、そのお店で出される料理に思いが至るというのも、このロゴのいいところですよね。それにこの、人の顔もおもしろいです。もう食べるのに夢中みたいな感じがして、よほど美味しい料理が出るんだろうなぁ、と想像してしまいます。このお店について、ちょこっと調べて、もし近くにあったら行ってみようと思います。」

私の世代からすると、お洒落にうつるデザインです。

「日本には昔から一般庶民が仕事帰りにお酒を飲んで楽しめる居酒屋が存在しています。居酒屋というと、和風な感じの店が多くなっているのですが、最近は洋風な感じの居酒屋も登場していますし、同じようにお酒を飲んで楽しむことができるバーやバルなども登場しています。今までの居酒屋と言えば、赤ちょうちんに店名を書いた物が主流でしたが、現在ではロゴデザインを用いている店も多くなっています。洋風な居酒屋であれば、あまり敷居が高くないということをイメージすると集客効果が見込めるでしょう。
このロゴデザインを見てみると、アルファベットを使ってはいるものの、それほど高級で敷居が高いというイメージは感じませんので、サラリーマンやOLでも気軽に立ち寄ることができますし、ひらがなを上部に用いることで、よりアピール力を強めていると言えます。文字の一部を机と人の口に見立て、タパスを食べているようなイメージを醸し出すことで、食欲をそそるような感じになっています。」

 

※掲載ロゴデザインのモックアップ・使用例はイメージです。実際のロゴの仕上がり・活用例とは異なる場合がございます。

バル・居酒屋ロゴの作成について

バル・居酒屋ロゴ制作料金のページへ

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。