Skip links
ロックな音源が詰まったアルバムアートワークのデザイン

ロックな音源が詰まったアルバムアートワークのデザインを作成しました。

ロックな音源が詰まったアルバムアートワークのデザイン

レッドとホワイトがセンセーショナルな印象を与えるアルバムアートワークデザインです。(※デジタルアートワークのみの展開)

上半分を白、下半分を赤で塗り、斜めに上下を分断しインパクトの強いアートワークに仕上げました。タイトル文字はクールな印象を与えるシンプルなサンセリフ体でデザインし、外枠からはみ出す大胆な配置で、型にはまらないロックなイメージを表現しました。

CDジャケットデザインの依頼はこちら

アートワークの右下には白場で長方形のスペースを設け、アーティスト名をロゴタイプのようにデザインしブランドロゴのようにセットしました。

赤と白の組み合わせは、お祭りやお祝い事のようにおめでたいシチュエーションでよく目にしますが、一方で危険や緊急を意味する警告色にもよく使われます。

音楽のジャンルの中でもロックはアグレッシブでパワフルなジャンル。赤と白のハイコントラストな組み合わせは、ロックな音源を収録したアルバムに相応しい力強いカラーリングです。

 

制作アートワークデザインに対する感想 

VOICE

ハイブランドのようなイメージのアートワークデザイン

ツートーンカラーの潔さが素敵

強い色を使い、画面からはみ出すようにレイアウトされたアルファベット。大胆な構図は、ハイブランドが打ち出すニューラインのようなパワフルでエネルギッシュなイメージです。型破り、アナーキー、派手、強烈、そんなワードが頭を駆け巡ってしまうロックなジャケットデザインです。カラーのチョイスも間違いない2色ですね。

デジタルアートワークならではのインパクトが魅力

デジタルアートワークは、手に取るCDやレコードのアルバムデザインとは少し用途が変わってきます。デジタルコンテンツは、PC、タブレット、スマホなどさまざまな大きさの画面で見られることを考慮して、小さな画面でもすっきり見えるような視認性を担保する必要があります。そういった意味でこうした明快なデザインは個性を演出しつつも、スマホというCDより小さなサイズにも対応可能な、次世代のジャケットデザインといえるのではないでしょうか。デジタルコンテンツの普及にしたがって、ジャケットデザインやアルバムのリーフレットデザイン文化も変わっていくのかもしれません。余分な角のないすっきりしたフォントも、視認性を高める効果を担っているように感じます。

※掲載のCDジャケットデザインは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているCDジャケットのデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

CDジャケットのデザイン作成





error: Alert: Content selection is disabled!!