Skip links
極彩色のCDジャケットデザイン

前衛的な音楽性を表現した極彩色のCDジャケットデザインを作成しました。

極彩色のCDジャケットデザイン

極彩色のCDジャケットデザイン2

サイケデリックな絵柄で楽曲の豊かなイメージを掻き立てるCDジャケットデザインです。

一見、サイケデリックで派手なイメージを印象付けるカラフルなジャケットデザインですが、よく見るとその派手さの中に宇宙のような静けさが潜んでいます。

デザインの中心 – 宇宙と音楽の交差点

極彩色の模様が広がる万華鏡のようなデザインの中心に、たゆたうオーロラが開けるようにできた宇宙のような空間。星が点在する静かな空間の奥底にはスピーカーのようなイラストが描かれ、音楽がいざなうイメージの世界が聴く人を待っていることを物語っています。

CDジャケットデザインの依頼はこちら

音楽の多様性を彩る絵柄

ジャケット裏面はさらに鮮やかな色彩で全面を表現し、音楽がもたらす多様なビジュアルイメージを象徴的にデザインしました。

 

制作CDジャケットデザインに対する感想 

VOICE ※第三者による感想です

グラフィックの複雑さに引き込まれるCDジャケットデザイン

対抗し合う色とグラデから生まれる緊張感と高揚感

強い色同士が時に模様として、時に立体的な効果をもってあしらわれたジャケットデザインは、CGグラフィックの硬質さとそれがもたらす高揚感に満ちています。ですが、直線よりも曲線が多いため、音楽のもっているしなやかさや揺らぎ、かたちにできない響きなどが想起され、不思議な世界に意識がトリップします。

システマティックに混乱する楽しみ

ジャケットはオモテ面はブルー、ウラ面はイエローが基調になっています。一見すると勝手きままに色を撒いたように見えてしまいますが、よく見ると構図やパターンにそれぞれ細かいパターンが存在しているようです。オーロラのような意匠とグラデーションの使用によって、小さいアルバムジャケットが小宇宙のように感じられますね。音楽も、一見荒唐無稽に見えて実はシステマティックに作られている、ということが多いですが、このジャケットデザインは、そうした「混沌に見せかけた作品」を体現しているのかもしれません。スマホを見ながら、通勤通学途中に、そんな音楽の楽しみ方が一般的になって久しいですが、こちらはジャケットを眺めながら瞑想するように音楽を楽しむ、そんな鑑賞方法が似合いそうなデザインです。

※掲載のCDジャケットデザインは実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているCDジャケットのデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

CDジャケットのデザイン作成





Home
ご依頼・お問い合わせ
Top
error: Alert: Content selection is disabled!!