京都炭火焼鳥店のショップカードデザインを制作しました。

焼鳥店のショップカードデザイン

シンプルで親しみのある字体が印象的な、焼鳥店のショップカードデザインです。

白をベースにしたデザインにすることにより、店名をはじめとした情報が目立ちやすくなり、親切さのあるショップカードに仕上っています。京都らしく、ほんのり和のテイストになっているのもポイントです。

デザイナーの振り返り 
■ 焼鳥店=おじさんの行く所というイメージを感じさせない、スッキリとしたショップカードのデザインになっています。
■ シンプルは味気ないという印象になる恐れもあるので、書体や色の使い方でメリハリを持たせています。
■ 朝4時まで営業しているというのは、立地上、社会人から学生まで幅広い需要があると思いますので、目立つようにしています。

 

炭火焼鳥店のシンプルさが潔い、ショップカードデザイン制作例

直火焼鳥店は、近年、店の数が増えてきており、チェーン展開を行う所があります。顧客拡大の為に作成しておきますと役立つのがショップカードです。ショップカードは、磁気ストライブタイプと紙タイプがあります。磁気ストライブを採用しているカードの場合は、POSレジに設置されているリーダーを使って情報を読みこんだり、書き込んだりしてポイントの追加や消費を行います。難点としてはコストが非常に高くなってしまうことです。一方で、紙タイプのショップカードは、価格が安く大量に作ることが出来るというメリットがあります。印刷の自由度も高いでしょう。

小さなスペースに、お店の魅力を盛り込む

ショップカードのデザインは、スッキリと見やすい方が良いです。その理由は、一目で何のカードであるかが分かる為です。また、焼鳥店のイメージカラーがあるのであれば、ショップカードの配色は、そのイメージカラーにしておく方がショップのカードであると理解しやすくなります。表面は出来るだけ企業ロゴや店のロゴだけを入れておき、裏面はそのカードを使う際の注意事項や持ち主の名前の記入欄、店の連絡先や住所などを記載しておきます。このように、シンプルなデザインであれば、持ち歩きやすくて利用しやすいといった利点があり、カードを見た時に店の事を思い出してもらって、店へ再度来店してもらう切っ掛けになります。炭火焼鳥店の数は増加傾向にありますが、他社との差別化を図る為には、ショップカードに一工夫を加える事も重要です。ショップカードは、ポイントを貯める楽しさ等を顧客に提供する事ができ、店の名刺代わりになる物です。顧客拡大の道具としても優れていますので、多くの人々にカードを配布しておく事で、リピーター率を高められます。

 

制作ショップカードデザインに対する感想 

今風なデザインで、若者にも注目されそうな感じがします。

「ランチ、飲み会、歓送迎会…。飲食店へは、多種多様な目的で足を運ぶ方が多いのではないでしょうか。あなたがもし、お店の雰囲気を重視する方なのであれば、ショップカード、というものを一度は見たことがあるかと思います。今回注目したショップカードは、京都の焼鳥屋さんのもの。店名の字体が、とってもポップで可愛いですよね。焼鳥屋といえば、男性、それも年齢の高い方が好んで行く…というようなイメージを持ってしまいがちですが、このショップカードはそんなイメージを払拭するかのように現代的ですし、若い方からの注目度も高そうです。使用している色を絞るとともに、使うフォントも厳選しています。店舗の電話番号の部分も、「電話」と明記するのではなく「もしもし」としているのもユニークですよね。シンプルでいるのに可愛く、そしてわかりやすい。店舗をシンプルに宣伝する、という点と、どんな年齢層にも対応出来るようなデザインを施しているところが好感を持てるなあ、と思いました。
京都という街は、その土地ブランドから、有名なお店になるほど入店をする敷居が高くなってしまうような印象があります。でも、こういう、シンプルで可愛いショップカードがあれば、他府県から訪れた方も、気楽にお店を利用したい、と考えるようになれますよね。朝4時まで営業している焼鳥屋さんなので、じっくり腰を据えて飲むこともできそうですね。お店の情報を得る以上にデザインがとても可愛く、手元に置いておきたい、と思わせるショップカードのご紹介でした。」

ショップカードのシンプルさが、気軽に利用できそうな雰囲気を生み出しています。

「焼き鳥と言えば昔はサラリーマンが夜にお酒のつまみとして食べるのが定番でしたが、現在では性別や年代を問わずに好きな人が多くなっています。そんな焼き鳥店のショップカードデザインを見ると、京都にある老舗の店という感じがします。京都と言えば一元さんお断りの店が多いというイメージがあると思いますが、焼き鳥屋であればこのようなことはありません。多くの人が来やすいように、シンプルながら風格を感じさせてくれるように作成されています。
ショップカードは大半がシンプルになっているのですが、どこに店があるのか、どのようにして行くのかというのを知らせることが重要です。きちんと地図も書かれていますし、住所や電話番号も書かれているので、誰でも簡単に発見できるでしょう。アホというマークが書かれているのは、京都というよりも大阪らしい感じも出ているのですが、このように作成することで、誰でも歓迎するからどんどん来てほしいという意気込みを感じることができます。」

 

※掲載しているカードのデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

名刺・ショップカードの作成について

カフェ・飲食店名刺作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
飲食店は料理を担当するスタッフやバーテンダーを始めとする”人"との交流も魅力の一つです。連絡先やSNSで繋がることで、気軽に予約をしやすくなったり通いやすくなることもあるでしょう。名刺デザインで個々のスタッフの個性を発揮したり、象徴的な食材をモチーフにするなど、デザイン展開も様々です。名刺の外注、製作依頼はお任せください。

カフェ・飲食店のショップカード作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
お店とのきっかけを作る、つながりを保つ、飲食店でショップカードが今現在も用いられているのには、様々なメリットがある為です。ブランディングの一環としてロゴを組み込んだものや、他の人に紹介する時に分かりやすいようお店の地図が記載されたもの、常連客にお得なポイントカードになっているものなど、単にデザイン性のあるカードという位置付けだけではなく、販促ツールとしての側面もあります。ショップカードの外注、製作依頼はお任せください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。