Skip links
リラクゼーションサロン_ショップカード

リゾートテイストのサロンショップカードデザインを制作しました。

リラクゼーションサロン_ショップカード

ハワイアンでリゾート感のあるショップカードのデザインです。

表面の柔らかな花のイメージがリラックスできる空間であることを感じさせてくれます。裏面のどこまでも広がる浜辺のパノラマが非現実感・開放感を与えてくれるショップカードデザインです。

サロンのショップカードの作成依頼はこちら

デザイナーの振り返り 
■ 南国の花をモチーフにした表面と、リゾートビーチのような爽快さが印象的な裏面、どちらからもハワイのリゾートテイストを感じられるショップカードです。
■ 文字情報でショップカードの紙面がいっぱいになってしまうと、肝心のキレイな写真が隠れてしまいます。情報は裏面・表面にバランスよく割り振り、デザインが映えるように工夫しています。
■ ショップカードの表面は暖色系、裏面は寒色系と、それぞれの面でコンセプトを変えて作成しました。

サロン_ショップカード_制作例_1

サロン_ポイントカード_制作例_2

リゾート感のあるショップカードのデザイン依頼例

ロミロミのサロンのハワイアンな雰囲気のショップカード制作例

一目見ただけでハワイアンな気分になれるようなデザインで作成しています。まずショップカードの表面は南国をイメージさせるお花をモチーフにしており、リラックス感があります。サロンの名前の字体も、まるでハワイの風が吹き抜けているかのように見えるよう工夫しています。ハワイなどリゾートのマッサージというのは、気軽に日常的に通うというよりは、非日常感を楽しむという側面が大きいものです。ですからそんな気持ちを連想させるようなリゾート感というものを大事にデザインしています。

ショップカードからQRコードで手軽にアクセス&予約

このようなデザインのショップカードを持っていれば、それを見ただけでもマッサージサロンで受けた施術体験がよみがえってくるようでもあり、マッサージサロンで体験した内容をまた思い出してもらえ、予約を促すこともできます。そんなときにもすぐに利用しやすいようにと、ショップカードの表にはQRコードも掲載していて、お客さんを手間取らせることもありません。以前ならば電話を利用した予約や問い合わせというのが主流だったものですが、最近ではスマートフォンを介して手軽にお店にアクセスするというのが一般的です。

ショップカードの裏面は、表面とはコンセプトを変えつつ、寒色系のカラーでまとめています。ショップカードの表面は主に暖色系のカラーを用いていて、このマッサージサロンのあたたかみのあるイメージともつながります。ハワイアンなお花でリゾートのイメージを第一にしていますが、裏面は地図や文字情報をメインにしたつくりです。とはいえ、文字などの情報ばかりになってしまわないようにと、パノラマの海を一面にデザインしています。こうすることで必要な情報は伝えつつも、このマッサージサロンのリラックス感や解放感というものは忘れていません。カラーの使い方は変えつつも、ショップカードの表も裏も両面カラーを用いていて、統一されたリゾートのブランディングがなされたショップカードです。

 

制作ショップカードデザインに対する感想 

VOICE

非日常感があるポストカードのようなショップカードですね。

ハワイアンなど、リゾートでのマッサージを受けることできるサロンが女性の間では人気ですが、その秘密はやはり、非日常的なリゾート気分を味わえるということではないでしょうか。特に南国ハワイへ旅行したことのあるかたは、もう一度、あのリゾート気分を味わいたいなぁと思うのではないでしょうか。

そんな南国でのリゾート気分をイメージしたサロンがあります。今回注目したのはそんなリゾート気分を味わえるサロンのショップカードです。他のサロンとは異なり、日本では味わえない、極上の体験をお客様は望んでいます。ですから、こちらのサロンのショップカードも、ハワイアンで、リゾート感のあるデザインとなっています。表面のデザインは、柔らかな花がおしゃれを演出しつつ、リラックスもできる空間を感じさせてくれます。南国の花をイメージした表面だけでも十分、ハワイアンのリゾート気分を味わうことができますが、ポイントは裏面にまでこだわったデザイン。ショップカードを裏返せば、どこまでも広がる、浜辺のパノラマがより開放感を感じさせてくれます。表ではおしゃれなかわいいハワイを裏返せば、開放感のある海を感じることができます。

しかも、表はあたたかみのある暖色系をもちいることで、温かみのあるおしゃれなサロンをイメージできますし、逆に、裏面は、爽やかなブルーもちいることで、開放感を演出しているので、ハワイの良さをダブルで表現し、サロンのイメージの幅をもたせています。同じようなデザインでは、おしゃれなだけなイメージも、表裏両方使うことで、リゾート気分をよりイメージさせてくれます。さらに、ポイントは、必要なショップの名前、電話番号、ホームページなどをバランスよく表面と裏面に配置しているので、文字だけ情報にならず、デザインもしっかりと映えています。本来であれば裏面は、文字だけの情報で、あまり見ないことが多いですが、必要なサロンの情報を表と裏、両方にバランスよく配置することによって、デザインを見るときに自然とショップのメニューや場所などの情報が入ってきます。もちろん、おしゃれなので、友達にも渡しやすいですよね。南国の花をモチーフにした表面とリゾートビーチのような爽快さがとても印象的なショップカードデザインです。

VOICE

癒しやのんびりしたいという顧客のニーズを元にデザインされているように思います。

癒しを求めて人が来るサロンを宣伝するためには、やはりデザインも癒されるような感じにした方が効果的なので、このショップカードのデザインもリゾート感をしっかりと醸し出しています。リゾートと言えば定番なのが青い海と青い空、そして白い砂浜でしょう。特に海は透き通るようなコバルトブルーが定番となっているのですが、このように癒されるリゾート感を出すことで、このサロンでも癒されることができるのかと思う人が多いでしょう。

表の面には花が咲き誇っているので、女性向けに作成されていることがわかりますが、サロンのお客は大半が女性となっているので当然です。しかし、花というのは女性だけではなく、男性が見ても癒されることは、春になると桜や梅を見に来る人が多いことでも立証されています。花もただ記載されているというわけではなく、大きく記載されているので、壮大で優雅な感じに見受けられます。詳しいサロンの情報も書かれていますし、QRコードも書かれているので、情報量も十分なショップカードと言えるでしょう。

■QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※掲載のカード・名刺は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているカード・名刺のデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

ショップカード・名刺作成





error: Alert: Content selection is disabled!!