Skip links
cafe_ショップカードデザイン

カフェのミニマルでシンプルなショップカードデザインを制作しました。

cafe_ショップカードデザイン

モノトーンにほんの少し入る赤がオシャレなショップカードデザインです。

一目で業態が分かるモダンなショップカードデザインに仕上げました。複数のショップカードの中からも見つけやすい、機能的なデザインでもあります。

粋なコントラストの演出

このカフェの名刺は、黒を基調とした背景に白色のテキストとロゴを配することで、強いコントラストを生み出しています。明瞭な色の対比は、ショップカードを手に取った人の注意を引き、記憶に残りやすいビジュアルです。

ロゴの印象が引き立つコントラスト

カード上のコーヒーカップのロゴは、そのシンプルながらも認識しやすい形で、カフェの主軸であるコーヒーへのこだわりをアピールしています。白抜きのロゴは背景とのコントラストを活かし、ブランドのアイコンとして記憶に残りやすいです。一杯のコーヒーがもたらす温もりと寛ぎを象徴しているようで、カフェの持つ温かみと歓迎の気持ちを表しています。

カフェのショップカードの作成依頼はこちら

デザイナーの振り返り 
■ 名刺と共通のビジュアルで統一した、カフェのショップカードです
■ 両面にカフェのカワイイカップのデザインを用いることで、全体が黒でありつつも、重々しい印象にならないようにしています。
■ カフェのロゴデザインを大きく打ち出し、シンプルながら存在感を放つショップカードに仕上げました。

カフェの名刺デザイン2

カフェのショップカード_制作例_2

カフェのシンプルなショップカードデザイン依頼例

カフェのモダンなショップカード制作例

カフェのブランドイメージを形作る

ショップカードを作成する際、ショップのイメージに基づいてデザインすることは非常に大切です。特にカフェの場合、おしゃれなデザインにすることは必要不可欠といえます。カフェは口コミで人気を得るということも多々あり、ショップカードを1人に渡すことで多くの新規顧客確保の機会も持ち合わせていることから、重要な広告ツールであるといえます。

— 多様な顧客層を惹きつけるカードデザイン

また、宣伝効果を高めるためには、より幅広い層から支持される必要があります。カフェは1人で集中して仕事をしたい時や女子会などといった複数人で食事をする際、デートで大切な人と利用する場合など、様々な場面で利用されますので、宣伝対象を広く持つことにより新規顧客の取り込みが可能となります。そこで、今回はモダンなショップカードを作成しました。白と黒でデザインし、真っ白なカップの中にお店の名前を記載することで、シンプルかつスタイリッシュなイメージにしています。

— 情報過多を避けたスマートな広告

裏面にはカフェの詳細についてQRコードやSNSの情報もありますので、カードに記載されている情報自体は少なくても簡単にお店について知ることができ、広告で多く見られがちな情報過多を防いでいます。

たくさんの情報に紛れても、カフェだとわかるカード作り

— コントラストで際立つ白黒デザインの効果

カフェというと優しい印象をもたらす色が使われることが多いですが、今回の様に白と黒でデザインしたことで他のショップとの比較を可能とします。最近では多くのショップでショップカードが置かれており、中にはショップカードをコレクションしている方もいます。

— 一点の赤でアクセント

今回のショップカードはスタイリッシュなモダンのデザインでありながらカードの両面にカップのデザインがあることでカフェという印象を容易に伝えることができ、たくさんのショップカードを持っている人からも目を引きやすく、多くの人の心を引き付けることができます。そして、全体が白と黒の二色でありながら、最も重要なショップの名前については一か所だけ赤を取り入れており、スタイリッシュさの中に可愛ささえも引き出していることも特徴です。

 

制作ショップカードデザインに対する感想 

VOICE ※第三者による感想です

シンプルでも、丁寧に作成されたことが伝わるショップカードです。

モノトーンの中の赤〜スタイルを際立たせるカラーアクセント

カフェといえば、やっぱりおしゃれで落ち着きのある雰囲気を重視しますよね。とくに、カフェは女子会でもママ友会でも使いますし、サラリーマンであっても営業先の帰りに少し休憩するなら、落ち着きのあるカフェを利用したいですよね。またデートにおしゃれな落ち着きのあるカフェでお茶するのも良いですね。そんな落ち着きのあるおしゃれなカフェは知っているだけでおしゃれ度が増すかもしれません。

シンプルながらも心地よいデザインの力

そこで今回注目したのは、モノトーンの中にもポイントの赤がスタイリッシュなカフェのショップカードです。またモノトーンでは、重たい印象となりがちですが、表には大きな可愛いカップをデザインしているので、おしゃれな感じをだすことができています。

見つけやすさを考慮したカード作り

裏面もモダンでありながら、可愛いカップデザインがあるので、かわいく感じさせてくれます。最近のショップカードはおしゃれなものが多いのですが、この黒に統一したモノトーンにすることで、複数のショップカードから見つけやすい機能的なショップカードとなっています。一目みて、カップのデザインとわかるので、カフェだとわかります。わかりやすく、シンプルだからこそ、しっかりとカフェをアピールできます。そんなたくさんあるカラフルなショップカードの中から一目みてわかりやすい、おしゃれなカフェのショップカードのご紹介でした。

VOICE ※第三者による感想です

ショップカードは分かりやすさが大切。

直感的に理解できる分かりやすさ

最近はいろいろな名刺デザインやショップカードが存在しているのですが、この場合にはカフェのショップカードになっています。コーヒーカップの絵が大きく記載されているので、カフェであることが誰の目にもすぐわかるでしょう。

情報とデザインのバランス

小さくて限られた場所にどのようなデザインを行うのかはとても重要ですが、やはりわかりやすいことが1番です。コーヒーカップのみというのは地味なように感じますが、渡されてすぐ何であるのかが分かるというのはとても重要です。

クリアなメッセージの伝達

ショップカード裏面にはカフェの詳しい情報が記載されているので、表面はシンプルでも全く問題はないでしょう。もっと詳しい情報を得るためには、記載されているQRコードからアクセスすればよいのです。実際にカフェまで赴き、そこで詳しい情報を検索するというのもよいでしょう。最近はカードなどがかなり多くなっているので、ごっちゃになってしまうという人もいるでしょうが、このようにシンプルなデザインになっていれば、すぐ何のショップカードであるのかわかります。

■QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

※掲載のカード・名刺は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているカード・名刺のデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

ショップカード・名刺作成





Home
ご依頼・お問い合わせ
Top
error: Alert: Content selection is disabled!!