Skip links
家庭用品メーカーの採用・入社案内のデザイン_表紙

家庭用品メーカーの採用・入社案内のデザインを制作しました。

家庭用品メーカーの採用・入社案内のデザイン

 

家庭用品メーカーの採用・入社案内のデザイン_内ページ

家庭用品メーカーの採用・入社案内のデザイン_表紙

企業の「温度」を伝える中身の濃い入社案内パンフレットデザイン。

コーポレートカラーで統一し、社屋や働く人々の画像をビジュアルに熱いメッセージを伝える表紙裏表紙。全8ページ立ての観音開きのパンフレットは中身がぎゅうぎゅうに詰まった熱気あふれる会社からのメッセージで埋め尽くされています。

入社案内制作の外注はこちら

表紙を開くと、左ページには代表取締役からの「語」と題したメッセージが写真と共に記事風にレイアウトされています。最後に企業理念を毛筆で記し、メリハリを利かせた1ページとしてまとめました。右ページには組織構成を図でまとめ、色分けして整理することで複雑な組織構造を直感的に理解できるように工夫しています。

社長のメッセージからはじまったインタビュー記事は中面にも引き継がれ、漢字一文字で表されるタイトルを軸に、新入社員、事務職員、営業部とそれぞれの部署や年代で活躍している社員たちからの生のメッセージが綴られていきます。人柄が伝わる写真やタイムスケジュール、同僚からの一言など飽きさせない構成とデザインで一気に読み進められるよう熱のこもったデザインを心掛けました。

家庭用品メーカーの採用・入社案内のデザイン_内ページ

入社案内パンフレットデザイン

視覚から社風をアピールするパンフレットデザインのポイント

企業のパンフレットデザインを制作する際は、カラーリングと写真のレイアウトが重要です。「この会社で活躍したい」と思わせるため「社風」や「働き方」がより伝わるようなデザインにする必要があります。

作例のパンフレットデザインは、コーポレートカラーを使用しながら社内で働く様子がわかる写真を配置して制作をしました。パンフレットの制作において、当サービスが意識していることは次の2点です。

  • コーポレートカラーを使用して会社の社風をアピールする
  • 実際に働いた様子と社風が同時にわかる写真を使用する

一目で企業イメージが浮かぶデザインのポイントについてお話していきたいと思います。

コーポレートカラーを使用して会社の社風をアピールする

パンフレットのサイズによっては文章で会社をアピールするのが難しい場合、カラーリングで調整します。企業コンセプトにあった色を選ぶことで、パンフレットの印象が変わるからです。コーポレートカラーは業種だけでなく、色がもつ意味合いも同時に想像させられる方法です。

作例のカラーリングはコーポレートカラーの濃紺を中心にデザインしました。また所々に赤色を配置することで、紺色がもつ「落ち着いていて誠実な雰囲気」と赤色がもつ「熱い思い」が色から伝わるように心がけました。一目で会社全体の温度感が見えるデザインになっています。

実際に働いた様子と社風が同時にわかる写真を使用する

採用・入社に関してのパンフレットデザインを制作する際、「働く人の雰囲気がわかる」ものになっているかが重要です。働いている様子を読み手が想像できるパンフレットになると、企業側の採用に対するミスマッチもおきにくくなります。

「一日の流れ」や「働く人からのコメント」などが一般的です。デザインをする際は、イメージ写真を利用するのではなく、実際に撮影した写真を使用した方が、いっそう読み手が想像しやすくわかりやすいパンフレットになります。

作例のパンフレットデザインは記事のように見出しやタイトルを設けて読ませるデザインに仕上げています。その一方で社内風景や部署の雰囲気が伝わる写真を使用し、視覚からも企業のイメージが伝わるようにしました。固くなりすぎないように、ところどころネオンカラーや筆文字などの遊びも取り入れて、テンポ良く読み進められるデザインになっています。

 

制作中綴じ冊子・パンフレットデザインに対する感想 

VOICE

熱を感じさせるレイアウトで社風を視覚的にアピールする入社案内デザイン

パンフレット表紙はコーポーレートロゴを目立たせるシンプルな構成

パンフレットの表紙と裏表紙デザインは、社名と企業ロゴの見やすさが優先されています。ネイビーを基調としたシンプルな構成で、斜めに入ったキャッチフレーズがほどよいアクセントに。ビルの写真も人物の写真もホワイト系がベースになっているため、ネイビーカラーでも圧迫感や重たさのない仕上がりになっています。

毛筆フォントとネオンカラーの差し色が熱意を伝える

インタビュー記事や写真部分に挿入される力強い毛筆風のテキストや、明るくフレッシュなイメージのカラー使いが、企業の熱意や勢いのある社風をあらわしています。社内の案内はシンプルさにこだわりすぎると却って魅力や強みが分かりにくくなりますが、見出しやテキストにカラーを使うことでテンポ感のある紙面に仕上がっています。外部からは把握するのが難しい部署間の系統も、カラーを豊富に使ったチャートで視覚化することで明確に。ほぼ文字で構成されたインタビュー記事部分と、写真や図で構成された社内風景や部署の紹介のバランスがこの入社案内の読みやすさのポイントといえるのではないでしょうか。

 

※掲載している冊子のデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

中綴じ冊子デザインの依頼・外注はお任せください 

パンフレットの作り方が分からない方もご安心ください。格安の作成費用で印刷・納品までサポート致します。まずはお問い合わせフォームより無料見積もりをご検討ください。他のパンフレット業者様・デザイン会社との比較検討も是非行ってみてください。会社案内・商品カタログ・冊子タイプ〜折りパンフレットまで柔軟にデザイン対応致します。


パンフレットデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パンフレットデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているパンフレットの部数や仕様・要望等に応じて、見積りを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パンフレットデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・パンフレット印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

パンフレットデザインの流れ②

制作情報の提供

パンフレットのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パンフレットデザインの流れ③

パンフレットデザインの作成

パンフレットデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パンフレットデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

パンフレットのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※パンフレットの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)


カタログ・中綴じ冊子の作成について

カタログ・中綴じ冊子パンフレット作成料金のページへ (印刷料金・送料込み)
製品パンフレットや会社案内・入社案内や学校案内、映画などの作品紹介など、ボリュームのある内容を一冊にまとめ配布するのに適している中綴じパンフレット。内容によってページ数を調整し、希望に沿った起承転結で冊子を構成します。情報閲覧だけならWEBだけでも十分ですが、手元に置いてあとで見返したり、コレクション要素が高いのは紙のメディア。ターゲットや用途に合わせたデザインを考え、最適な形の中綴じパンフレット製作を行います。


error: