Skip links
アメリカの映画祭のポスターデザインについて

ノスタルジーを感じるアメリカの映画祭のポスターデザイン作例

アメリカの映画祭のポスターデザインについて

映画が大好きで毎日観るという人でなくとも世界三大映画祭の名前ぐらいは耳にしたことがあると思います。カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭がFIAPF(国際映画製作者連盟)公認の著名な映画祭と言われています。

しかし、それ以外にも世界中では常に大小様々な映画祭が開催されているのをご存知ですか?長編映画だけのフェスティバル、短編映画しか参加できない映画祭、アニメーション専門のフェスティバルなど専門に特化した様々な映画祭が著名なものをザッと数えただけでも200近くあるんです。それほど世の中では映画というものが親しまれており、観る人と作る人がいるということなんですね。過去には日本の作品も世界で高い評価を得たりしていますが、もっと世界基準で創作するクリエイターが出てくることを願いたいですね。今回は映画の本場アメリカで開催されるいくつかの映画祭のポスターを選んでみました。最近のものは簡単に目にすることができると思うので、あえて古めのものです。しかし、古いデザインから得られるインスピレーションだってきっとあるはずですから。(※紹介するポスターデザインは当サイトの制作事例ではありません)

ポスターデザインの発注はこちら

多様性の街が生んだ多国籍な映画祭のポスターデザイン

ポスターデザインを見る (via Pinterest)

殴り書きの様にデザインされたタイトルにもある様に、第2回ニューヨークフィルムフェスティバルのポスターです。1963年に第一回が開催されてから毎年ニューヨーク市で秋頃に開かれており、2019年で57回目になります。さすがニューヨークと言うべきか毎年全世界の映画作家が作品を出品しており、今年も日本人監督の作品が出品されています。

肝心の第2回のポスターはと言いますと、非常にシンプルではありますが、余白を生かした素晴らしいデザインです。フィルムを旅行カバンに見立て、国際映画祭の証でもある参加国の国旗が赤い糸で結ばれています。50年前の日本はと言うと高度経済成長期。まさに世界に向けてグングン伸びている頃です。その頃にはすでに世界中から人々を受け入れていたニューヨークの多様性を反映した様な素晴らしいデザインだと思います。

 

雪の街で開催されるインディペンデントな映画祭のポスターデザイン

ポスターデザインを見る (via Pinterest)

今度はアメリカのユタ州で1978年から開催されているインディペンデント映画を対象としたアカデミー賞公認の映画祭、サンダンス映画祭のポスターです。FIAPF(国際映画製作者連盟)からの公認は受けていませんが世界の映画祭としては非常に重要な地位を占めている映画祭でもあります。ユタ州はスキーリゾートしても有名で毎年1月に開催されるこの映画祭ではポスターにも描かれている様に、雪の中をフィルムが転がるイメージを持っている人もいるぐらい雪深い場所でもあります。2002年に開かれたソルトレイク冬季五輪も映画祭か開かれるパークシティでした。

もともとこの映画祭は映画監督のロバート・レッドフォードが始めた映画祭として有名で、ちなみにこのポスターは1988年のもの。フィルムの様に長い距離を転がってきたおかげで現在はかなり大きな映画祭として認知されています。下の赤、青、白で控えめに書かれたクレジットがセンスを感じさせます。

 

ミッドセンチュリー家具に合いそうなお洒落な映画ポスター作例

ポスターデザインを見る (via Pinterest)

サンフランシスコ国際映画祭は1957年より毎年4月に開催されているアカデミー賞公認の映画祭です。このポスターは第4回のポスターなので1960年のポスターということになります。

古いポスターなので正確な意図はわかりませんが、緑色のフィルムとオレンジ色の地球の間を光が映画祭の会場をまっすぐさしています。引いてみると笑っている様な人の表情にも見えるのです。なんて事のないデザインの様でいて古き良きアメリカのミッドセンチュリー感漂うお洒落なデザインに仕上がっています。今の時代でも額に入れて飾っていたらかなりカッコいいアクセントになると思います。フォントも最高にイカしてますね。

 

映画からMVまで新しい映像に触れられる映画祭のポスターデザイン

ポスターデザインを見る (via Pinterest)

これまで全18回毎年開催されてきたロサンゼルス映画祭の2015年のポスターデザインです。この映画祭は長編から短編、学生などが参加するインディペンデントな作品からミュージックビデオまで様々な映像に触れることができる一風変わった映画祭です。映画のプログラム同様にポスターデザインも攻めた感じの印象です。

大きく配置したフォントに滲みの様な色をのせることで、純粋な映画だけではなく映像全般との混ざり合いの様なものが表現されているのかもしれません。ロサンゼルスの夜の夜景をイメージさせるイラストも神秘的です。残念ながら2018年度は一度中止をしましたが、大きく運営体制を変え映画の普及と促進のため再スタートする様なので今後の展開を期待したいと思います。

 

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ポスターのデザイン料金と作例

ポスターデザインの制作について
各種パネル・ポスターの作成を行なっています。デザインの作成から印刷・納品までまとめて依頼いただけます。飲食店やアパレルなどの店頭ポスターや、展示会パネル、電車内の交通広告、イベント告知ポスターなど、多様なジャンルのデザイン作成に対応しています。ポスター作成の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ポスターデザインの作成例はこちら
過去のパネル・ポスター作成例をご覧いただけます。展示会やイベント向けの大きく目立つものから、学会・カンファレンスなどを対象としたやや小さめのポスターまで、サイズはもちろん、イベントやビジネスのイメージに合わせたデザイン作成を行なっています。


パネル・ポスターデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パネル・ポスターデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているパネル・ポスターの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パネル・ポスターデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・パネル / ポスター印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

パネル・ポスターデザインの流れ②

制作情報の提供

パネルやポスターのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パネル・ポスターデザインの流れ③

パネル・ポスターデザインの作成

パネル・ポスターデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パネル・ポスターデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

ポスターのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※パネル・ポスターの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)



error: