Skip links
ロゴタイプのデザイン制作例

ロゴデザインの印象を左右する印象的なロゴタイプ

ロゴタイプのデザイン制作例

ロゴマークの構成要素は大きく分けて、アイキャッチの役割を果たすシンボルマークと、ブランド名を文字表記であらわすロゴタイプの2つに分かれます。ロゴマークによっては、シンボルマークにデザイン的重点を置き、ロゴタイプは可読性を重視して、そのまま既存フォントを使用するパターンや、既存のフォントをベースにアレンジを加えたロゴタイプを制作するパターンなどがあります。

ブラジルのフリーランスデザイナー Marcelo Hoff 氏は、シンボルマークの制作は然ることながら、ロゴタイプのデザインに特徴をもったデザイナーです。手書きのタイポグラフィを得意とし、ブランドのイメージに合わせ、さまざまなロゴタイプを制作しています。

ロゴといえば、存在感のあるシンボルマークが注目されがちですが、それぞれの個性を反映したオリジナルのロゴタイプは、ブランドの印象をデザインで伝えると同時に、一目でそのブランド名を認識させます。どんな印象深いロゴマークが制作されているのか、Marcelo Hoff氏のロゴデザインのプロジェクトをご紹介していきましょう。※記事掲載はデザイナーの許諾を得ています。(Thank you, Marcelo! )


 

ブラジルの飲料メーカー「Hop Wine」のブランディング例

飲料メーカーのロゴデザイン

ブラジルの飲料メーカー「Hop Wine」のロゴマーク制作例です。ローカル向けのブランドですが、質の高い製品を扱っており、それが伝わるようなブランディングが必要とされていました。

モノグラムの制作過程

まず制作されたのがシンボルマークになるモノグラムです。ブランド名の頭文字「H」と「W」を2つの個性的な形状であらわし、その2つを重ね合わせることで一つのシンボルを形成しています。ツル植物であるホップは、支柱に絡まるように成長していくのが特徴的で、このシンボルマークでもそのようなホップの植生をデザインで表現しています。

シンボルマークとロゴタイプ

モノグラムのベースとなった書体

シンボルマークと対になるロゴタイプは既存のフォントから選ばれました。サンセリフフォントで十分な可読性は確保しつつ、少しクセのある書体デザインがハンドメイド感を感じさせ個性を主張します。シンボルマークのモノグラムも、初期案からブラッシュアップされ、スタイリッシュでシンプルなかたちに変化を遂げています。

 

シンボルマークとロゴタイプ 2

ロゴマークと合わせて、手書きで描かれたオリジナルのタイポグラフィが制作されました。モノグラムのデザインテイストを引き継ぎ、「ホップ」らしさを生かした形状は、見た目のインパクトが強く、ブランド名と共に記憶に残りやすいデザインとなっています。

 

ロゴのバリエーション

ホップワインのロゴデザイン

シンボルマーク・ロゴタイプ・タイポグラフィの3つの要素を使い、さまざまなデザインバリエーションが用意され、グッズやパッケージデザインなどあらゆるチャンネルのデザインに応用されました。

Tシャツデザイン

ビールのラベル&パッケージデザイン

一つのブランドに対し、デザイン表現のルールをあらかじめ設定しておくことで、印象がぶれることなくバラエティ豊かなビジュアル展開を可能にします。ロゴマークを基準にしたブランディングの展開ではもっとも重要な設定といえます。

 

マーケティング会社「Move」のロゴデザイン例

マーケティング会社のロゴデザイン

風見鶏をモチーフにしたシンボルマークが印象的な企業ロゴマーク。時代の潮流を調査・分析しビジネスの指標を示す“マーケティング”という事業のシンボルとして“風見鶏”はまさにうってつけの存在。真っ直ぐ右を見つめる鶏の下にある、本来、方角を示すためにある飾りには「MOVE」と企業名をあてはめ、洒落の効いた演出で企業の柔軟さを感じさせています。

マーケティング会社のロゴデザイン2

版画のように加工された黒一色のシンボルマークに、赤で重ねて表記されているロゴタイプは、オリジナルのタイポグラフィ。サインペンで描かれたような丸みを帯びた文字のフォルムは親しみを感じさせ、透過処理を施したデザインは現代らしく洗練された雰囲気を醸し出しています。

 

スケートボーダー向けアパレルブランド「Supero」のロゴデザイン例

スノーボーダー向けアパレルブランドのロゴデザイン

手書きのタイポグラフィを主体としたロゴデザイン例です。アクティブで流れるようなリズムをもつハンドスクリプトは、それだけでも十分なデザイン性をもっており、そこにひし形のモチーフを合わせることで、伸びやかなスクリプトを引き締めてメリハリのあるデザインを確立しています。

スノーボーダー向けアパレルブランドのロゴデザイン2

王冠のモチーフもビジュアル・アイデンティティのキーとなっており、シンプルなロゴタイプとのコンビネーションパターンも考えられ、幅広いアパレルデザインの展開に備えられています。

 

低農薬ココア抽出液「Solaris」のロゴデザイン例

オーガニックココアのロゴデザイン

「Solaris」とは、ラテン語で太陽の意味。太陽の恵みともいえるココアの実にとってはぴったりのネーミングです。その製品パッケージにも生かされているロゴデザインは、やさしく丸みのあるラインで“自然”を想起させるように描かれた手書きのタイポグラフィ。

オーガニックココアのロゴデザイン

「S」は木を、「O」は太陽、そして「L」は山の稜線を思わせ、イメージカラーは太陽の光のように明るい黄色を全面に使い、ポジティブで温かい印象を作り出しています。


まとめ

ブランドイメージに合わせ表情を変える文字のデザインは、職人技とも呼べる素晴らしい技法です。また、そのタイポグラフィだけに頼らず、さまざまな要素を組み合わせてビジュアルを構築する手法は、ブランドを多様なアプリケーションで展開する上でなくてはならないものです。単なるロゴデザインで終わらず、ブランドのその後の展開も見据えたデザイン設計は見習いたいものです。

design : Marcelo Hoff ( Brazil )

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: