Skip links
tea

高級感とオリジナリティー溢れるアジアのお茶缶パッケージデザイン制作例

お茶というのはスーパーや自動販売機、コンビニなどでさらっと買える商品ですが、お土産やギフトとして贈るお茶というのはパッケージのイメージがとても重要です。紙なのか、缶なのか、光沢、質感はどうか、など様々な要素によってお茶の価値も左右されます。今回は高級感とオリジナリティー溢れるアジアのお茶缶に焦点を当てて、参考例を集めてみました。(※紹介するパッケージデザインは当サイトの制作事例ではありません)

お茶のパッケージ作成の外注はこちら

イラストの個性が光るお茶缶のパッケージデザイン

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

エレガントなチャイナドレスの女性が印象的なアジアンなイラストと賑やかな色合い。お茶の時代背景を描いたイラストだそうで、女性はジャスミンティーを嗜んでいます。八角系のフォルムで作られたこのお茶缶は全面をぐるりとイラストで囲まれ、飽きのこないデザインとなっています。缶のベースはアイボリーで柔らかい印象に。ミントグリーンとの相性が良く、繊細な仕上がりに見入ってしまいますね。

 

繊細なイラストと箔押しを使用したお茶缶のパッケージデザイン

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

箔押しのマークや繊細なイラストを用いた高級感のあるお茶缶のデザイン。爽やかなブルーとゴールドのコントラストが美しく、目を引きます。少し不思議な形をしたお茶缶。開けやすさ、持ちやすさにもこだわっています。また、箱の中のブラックのベースにブルーがとても映えています。

ロゴマークや全体的に使われている繊細なイラストは、職人の姿そのままをイラストレーターとコラボして作成。箔押しで仕上げることで、とても印象的で、高級感を感じられます。

 

黒を基調とした重厚感のあるお茶缶のパッケージデザイン

パッケージデザインを見る (via Pinterest)

中国の僧侶たちの習慣や瞑想に関することをコンセプトにしたお茶のパッケージです。ロゴマークは点と点が合わさった部分だけで、文字を表現しています。お茶の入った缶のざらっとした質感、そしてその上に巻かれた切りっぱなしの紙にも細部までこだわりが感じられます。

 

アジアのデザインを集めてみた印象は、おおらかなものではなく込み入った繊細なイラストは、よりオリジナリティーを感じました。または、日本で言うところの和風のイメージに近い色使いであったり、重厚感を出すときの空間の取り方は「漢字」ならではの空間であって、アルファベットを扱う時とはまた異なってくるかと思います。今回は地域によって違ったオリジナリティーが見ることができました。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。パッケージデザインの代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。


パッケージデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パッケージデザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているパッケージの仕様や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パッケージデザインの制作費用について】パッケージのグラフィックデザインの制作となります。商品パッケージの設計・印刷・製造については対応しておりません。

パッケージデザインの流れ②

制作情報の提供

パッケージのデザイン制作に必要な掲載文面や素材・図面データなどを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パッケージデザインの流れ③

パッケージデザインの作成

パッケージのデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パッケージデザインの流れ④

校了・納品

パッケージデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。



error: