Skip links
ポーランドの若手デザイナーが手掛けたロゴデザインについて

柔軟な感性が作り出す~ポーランドの若手デザイナーが手掛けたロゴデザイン作例

ポーランドの若手デザイナーが手掛けたロゴデザインについて

1996年生まれのポーランド人デザイナーTomasz Król 氏。20代前半という若さで、さまざまなブランドのロゴデザインやブランディングを手掛ける、ポーランドのデザイン業界を牽引する気鋭のグラフィックデザイナーです。

その年齢と未だデザイナーとして成長中という彼のプロフィールを見ると、得意分野に偏った作品作りや、未完成な技術を想像しますが、ここ数年の彼が携わったプロジェクトを見る限り、「若手だから」という遠慮も未熟さもまったく感じさせないプロの仕事ぶりが伺えます。

彼の作品はクライアントの要望を自由な感性で具現化し、ジャンルにとらわれず豊富な表現方法で形にしています。若く柔軟な感性が作り出すデザインの数々を一緒に見ていきましょう。※記事掲載はデザイナーの許諾を得ています。( Thank you,Tomasz! )

 

歴史ある都市クラクフの公共交通機関のブランディングとロゴデザイン

公共交通機関のブランディングについて

中世から栄えてきたポーランドの都市「クラクフ」。

クラクフには交通網の発達に伴い、バス・電車・路面電車・地下鉄などさまざまなバリエーションの公共交通機関が存在しています。 大元はすべて「クラクフ公共交通」ですが、それぞれの機関の種類によりできた年代が異なるため、交通機関を象徴するロゴマークがバラバラでした。

以前のロゴと問題点

都市生活者にとってそれぞれのロゴが示す意味はわかっていても、同じ公共交通機関であるにも関わらず印象はバラバラで、統一性に欠くことが大きな問題点でした。

 

リブランディングしたロゴ

リブランディングロゴ

そこで、それぞれの交通機関がすべて「クラクフ公共交通」の傘下であることがわかるよう、大掛かりなリブランディングが行われました。

ブランドロゴのアイデア

メインとなるロゴタイプは、シンプルなサンセリフ体の中心にラインが通ったアルファベット。アイデアの元になったのは、バスや電車の路線図です。道路を彷彿とさせるセンターラインが入ったアルファベットを、街の中を複雑に交差する路線図を切り取ったように微妙なカーブがついたラインで描いています。

 

バスのロゴ

トラムのロゴ

電車のロゴ

レンタサイクルのロゴ

交通機関それぞれの頭文字のアルファベットをシンボルマークとして扱い、共通のフォントとカラーで統一感を出しています。濃紺のブランドカラーは知性や信頼を感じさせ、公共の設備として相応しい落ち着いた雰囲気を演出しています。

定期券のデザイン

看板のデザイン

ラッピングのデザイン

新たなロゴデザインはブランドのアイコンとして、乗車カード・看板・時刻表・車体デザインなど、交通機関のあらゆる場所に起用されています。交通機関であることを意味しながらも、無駄を廃したシンプルなデザインは、今の時代のモダンさも内包しつつ、伝統と歴史ある都市にも違和感なく馴染んでいます。

 

カラフルでユニークなビストロのロゴデザイン

ビストロのカラフルなロゴ

ポーランドのビストロ「SPOT」は、伝統的な料理をカジュアルなスタイルで提供する新感覚のお店。その独自性が表現できるよう、伝統と斬新さを両立させたロゴマークが考えられました。

上から見た花や葉菜のように見えるマークには、よく見ると中心に「SPOT」の文字が隠れています。モノクロのデザインで見ると、まわりのパーツと店名が一つの絵柄のように混在し、シックでエレガントな雰囲気すら感じます。

しかし同じロゴマークにも関わらず、「SPOT」の文字以外の部分を原色や蛍光色で色付けすると、単色のロゴとはまったくイメージを変えたPOPな現代アートのようなロゴマークにガラリと変身します。

ビストロのカップデザイン

テイクアウトバッグのデザイン

ロゴと店舗外観

ロゴマークの世界を存分に広げたペーパーカップや看板・バッグなど、カラフルでユニークなロゴデザインは、その存在感だけで多くの人の関心を集めることでしょう。

 

芸術性を感じるタイポグラフィフェスティバルのロゴデザイン




タイポグラフィフェスティバルのロゴ

「TYPO Fest」と銘打たれたこのイベントは、デザイナーや各種クリエイター向けに企画された、タイポグラフィやフォントに焦点をあてて開催されたもの。対象がデザイナーや広告関係者などの感性の鋭い人々であることから、ロゴデザインも今のデザイントレンドを生かしたアーティスティックなものになりました。

イベントポスターデザイン1

イベントポスターデザイン2

近年注目されている色彩豊かなグラデーションをベースに神秘的な雰囲気を背景にし、「TYPO」の4文字をそれぞれ異なった表現でデザインしています。

シャープでロジカルな雰囲気を持つ上段2文字と、歪みや滲みなどの有機的表現を施した下段2文字。その4文字と対照的な手書き風の「Fest」。異なるテイストを集約しながらも、一つのまとまりを感じるロゴデザインは絶妙なバランス感覚で成り立っています。

「文字」と「デザイン」を愛する人ならじっくりと見てしまうこだわりのロゴデザインです。


まとめ

クライアントの要望に対し、どのようなスタイルで応えるかはデザイナー次第。要件を満たした上で、どのようなエッセンスでデザインするか…そのデザイナーのセンスにかかっています。

Tomasz Król氏はクライアントの要望を汲み、ブランドに適した形を明示した上で、潮流を生かしたデザインに仕立てています。

デザイナーは年齢の差なく、新しいもの、今受け入れられているものについてアンテナを張り巡らせておく必要があります。とくに、ロゴデザインはブランドの看板となるもの。多くの人に好意を持ってもらえるよう、TPOをわきまえ、適度にトレンドを生かしたデザインを意識していきたいですね。

design : Tomasz Król ( Poland )

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: