Skip links
カラフルなイラストポスターについて

カラフルなイラストが目を引くイベントポスターデザイン作成例

カラフルなイラストポスターについて

ポスターはパッと見たときの全体の印象が重要になってくる媒体です。インパクトがあって華やかで目を引くデザインのものは、見る人の記憶にも残りやすくなりますよね。今回ご紹介するのは、カラフルなイラストが目を引くイベントのポスターデザインです。インパクトという点では、鮮明でリアルな写真の方が勝る場合は多いかもしれません。ですが、イラストだからこそ描けるリアルにはない世界観というのもあります。そんなイラストならではのカラフルな色彩を用いたものをご紹介していきます。(※紹介するポスターデザインは当サイトの制作事例ではありません)

ポスターデザインの発注はこちら

全体の配色に合わせたダークトーンを使う

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

こちらは音楽演奏とさまざまな出店が行われるイベントのポスターのようです。全体的に明るくカラフルな色使いや、イベントの様子を描いたような賑やかなイラストが印象的ですね。配色のポイントとして、このように明るくカラフルな配色にした場合、黒を使ってしまうと浮いてしまう場ことがあります。そこで、このポスターでは黒の代わりに濃いネイビーを使用することで、全体の色調とうまく馴染みながらもアクセントとして適度に締まった印象を与えることに成功しています。

特にこのポスターは主線がないゆるっとしたタッチのイラストを取り入れているので、こういったダークトーンをポイントで入れることでバランスが取れます。また、どちらかというとブルーやグリーンなど寒色系の比率が多いので、同じ寒色系であるネイビーを選ぶことでより馴染んでいるのがわかります。

 

手書き文字を取り入れ世界観を統一

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

動物や木々を擬人化し、森での演奏会の様子を描いたジャズフェスのポスター。まるで絵本のような世界観は、老若男女問わず目を引かれるデザインではないでしょうか。イベントの楽しげな雰囲気が伝わってくるようです。こちらのポスターはイラストだけではなく、タイポグラフィーも手書きになっています。既存のフォントを使用せずイラストのタッチに合わせた字体にすることで全体が統一され、一枚のポスターとして非常に完成度の高い作品になっています。

また、それぞれのキャラクターが手にしている楽器とフェスタイトルが黒になっていますね。ほかの色とのコントラストの違いから遠くから見た場合でも黒を使用した部分ははっきり見え、よりジャズのイベントであるということを印象付けています。どういった内容のポスターなのかが一目でわかるので、視認性の点でも優れたデザインだと言えます。

 

3色に絞ることでまとまった印象に

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

こちらは写真の販売会のイベントポスターのようです。使用しているのは水彩絵の具でしょうか。薄く色が重ねられた部分からは、紙のざらりとした質感が画面越しにも伝わってきます。水槽の中に魚たちと一緒に浮かんださまざまな文房具がなんともユニークですね。白・青・赤の代表的なトリコロールを用いた配色ですが、特に赤の鮮やかさが際立って目を引く配色になっています。これだけ描かれているアイテムが多いと情報量も多くごちゃついた印象になりそうですが、3色に絞った配色にしている事や両脇に描かれた海藻によってシンメトリー効果が生まれ、画面に安定感とまとまった印象を与えています。

全体的に画面の下の方に重心を置いているのも不思議と安定感を感じるポイントかもしれないですね。白のみで書かれているイベントの情報ですが、周りに浮かぶ気泡のように丸みのある字体にする事で調和がとれています。文字の配置もなんとなく円を意識した配置になっているようで、全体の世界観に合った表記になっています。

 

インパクトだけではなく視線誘導も計算

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

画面いっぱいに描かれた本のイラストがとにかくインパクト大なこちらは、本に関するワークショップのポスター。まるでケーキのようにフォークが刺された本の中からは、カラフルなチョコスプレーのようなものが出てきています。このチョコスプレーは本の中にはさまざまな世界が広がっていることや、ワークショップで行う催しの数々を表しているのだと思われます。背景や本に比べると少し明度の高い色を使用しており、よりカラフルな印象を受けます。情報は上部分にコンパクトかつシンプルに表記するのみで、イラストを思い切り目立たせたデザインになっています。

しかしながら画面の右上に向かってフォークが伸びていることで、イラストから情報部分まで自然と視線が動くようになっています。非常にインパクトがあるイラストを取り入れているからこそ、見て欲しい情報部分への視線誘導もしっかりと計算することが重要ですね。

 

空が穏やかな心と美しい風景の両方を表現する存在として扱われたポスター

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

こちらは韓国のソウルでのイベントのポスターです。ソウルの美しい街並みと、芝生でゆったりと過ごす男女が描かれていますが、全体の中でやはり一番印象的なのは空の美しさです。昼と夜の間のような時間帯で、夕日に染まった雲と大きな月、花火が一つの空に描かれていてとても幻想的な雰囲気に仕上がっています。優しい色合いから、穏やかでゆったりとしたそこにいる人物の心情も伝わってくるようなデザインです。

 

文字が少ないポスターだからこそ、一目でイベントの雰囲気を感じられるようなデザインが求められます。今回ご紹介したように、擬人化などの写真では表現できないようなものを自由に取り入れられるのもイラストの魅力です。カラフルな色使いに加え、そういったイラスト独自の表現もマスターできると、よりデザインの世界が広がりそうですね。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ポスターのデザイン料金と作例

ポスターデザインの制作について
各種パネル・ポスターの作成を行なっています。デザインの作成から印刷・納品までまとめて依頼いただけます。飲食店やアパレルなどの店頭ポスターや、展示会パネル、電車内の交通広告、イベント告知ポスターなど、多様なジャンルのデザイン作成に対応しています。ポスター作成の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ポスターデザインの作成例はこちら
過去のパネル・ポスター作成例をご覧いただけます。展示会やイベント向けの大きく目立つものから、学会・カンファレンスなどを対象としたやや小さめのポスターまで、サイズはもちろん、イベントやビジネスのイメージに合わせたデザイン作成を行なっています。


パネル・ポスターデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パネル・ポスターデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているパネル・ポスターの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パネル・ポスターデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・パネル / ポスター印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

パネル・ポスターデザインの流れ②

制作情報の提供

パネルやポスターのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パネル・ポスターデザインの流れ③

パネル・ポスターデザインの作成

パネル・ポスターデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パネル・ポスターデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

ポスターのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※パネル・ポスターの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)



error: