Skip links
想像力を刺激する映画のポスターデザインについて

想像力を刺激する映画のポスターデザイン作成例

想像力を刺激する映画のポスターデザインについて

娯楽の代名詞的存在である映画。近年では映画館に足を運ぶ人は随分と減っているようですが、大きなスクリーンと迫力ある音響によって得られる没入感は映画館ならではですよね。映画館に行くと現在公開中の作品や近日公開予定作品のポスターが飾っていて、ついつい見入ってしまう方も多いのではないでしょうか。およそ2時間の作品を一枚で表現し興味を引くために、さまざまなテクニックや工夫を施しているものが多くあります。今回は、海外の映画のポスターデザインをご紹介していきます。(※紹介するポスターデザインは当サイトの制作事例ではありません)

ポスターデザインの発注はこちら

見せないことで興味を引くポスターデザイン

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

ハリウッドを中心に活躍するアイルランド出身の俳優コリン・ファレルの写真が印象的なポスター。カンヌ国際映画祭において審査員特別賞を受賞した「ロブスター」という作品です。家庭を持ち子孫を残すことを義務とされた世界でとあるホテルに送られ、そこで45日以内に自分の配偶者を見つけなければ動物に姿を変えられてしまうという内容。主人公が抱く姿の見えない女性は、まだ見ぬ配偶者なのでしょうか。

主人公の写真を2トーンという限られた配色にするなど情報をほとんど出さないことで、見る人の想像力をかきたてます。このポスターにはもう一つ対になるデザインがあり、そちらでは逆に女性が姿の見えない男性を抱いています。二つのポスターを並べることでより配偶者を求める男女の悲哀さを感じられ、作品の世界観を表すことに成功しています。

 

隠された文字でアピールする、実際の話を元にした映画ポスター

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

2004年に実際に起こった大学図書館での窃盗事件を題材にした映画、「アメリカンアニマルズ」。作品内に登場する大学をコントラストの強い配色で鮮やかに描き、見る人にインパクトを与えます。壁のオレンジと空の水色の補色や、木々や影に使われている黒に近いグリーンのはっきりとした色使いが印象的ですね。配色に加え、ポスターカラーやアクリルガッシュのような透明感のない画材で描かれたようなイラストは、非常に存在感を感じます。階段部に書かれたTHIS IS BASED ON A TRUE STORYという部分には、建物と同じオレンジで書かれたNOTという字が隠れているのもポイント。実話をベースにしたフィクションであるということを表しているのでしょう。

 

配色とシルエットの向きで不穏な雰囲気を表現した映画のポスターデザイン

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

シックス・センスの監督M・ナイト・シャマランによるホラー・スリラー映画「スプリット」。23人もの人格を持つ男に誘拐された女子高生たちが体験する恐怖を描いた作品。こちらのポスターデザインには誘拐された被害者たちは描かれておらず、犯人のみが黒いシルエットで描かれています。犯人のシルエットには、犯人の中から逃げ出そうとするような小さな人間が何人も描かれています。これは多数の人格を表しているのでしょうか。煤けたように加工されたオレンジ色の背景から下に向かって暗くなるグラデーションは、作品に広がる不穏な雰囲気を配色で見事に表現していると言えますね。また、シルエットが左を向いているのもポイント。左は過去を、右は未来を表すことが多いことから、この犯人は過去に何か問題を抱えているということも読み取れます。

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

17歳の高校生である主人公は交通事故で命を落としますが何故か死ぬことができず、死を迎える度にその日の朝にタイムスリップし、同じ時間を繰り返す中で自分を見つめ直していくという内容。複数の主人公の写真を縦に切り取り、パズルのように組み合わせた写真が印象的ですね。同じ時間を繰り返すことを写真を組み合わせることで表現しているのでしょうか。全体的に冬の空気のような冷たさや静かな印象を受けますが、正面を向いた写真は他に比べて明度が高く、少し温かみのある色合いに感じます。この色合いの差が、何か決意したような真っ直ぐ前を見据える表情を際立たせています。画面いっぱいの写真がメインのポスターなので、細いフォントを使用することで写真を邪魔せず引き立てているのも印象的です。繊細な表情の変化などを感じ取れるポスター制作例ですね。

 

台湾版「孤独のグルメ」のポスター

ポスター作成例を見る (via Pinterest)

台湾で放映されている「孤独のグルメ」のポスターです。舞台を台湾風にアレンジしています。「孤独のグルメ」は2012年1月からテレビ東京系でテレビドラマがシリーズ化されました。台湾でも2015年5月から放映されているそうです。

 

こういった海外の映画ポスターは、様々な事情で日本公開時にはデザインが変更されてしまうことが多く、目にする機会は少ないかもしれません。しかし、同じ作品のポスターなのに国やターゲットが違うと全く別物になるというのは、見ていて面白い発見も多いものです。こんな視点や表現、解釈があるんだという学びの機会にもなるので、海外の映画ポスターはチェックしておきたいですね。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ポスターのデザイン料金と作例

ポスターデザインの制作について
各種パネル・ポスターの作成を行なっています。デザインの作成から印刷・納品までまとめて依頼いただけます。飲食店やアパレルなどの店頭ポスターや、展示会パネル、電車内の交通広告、イベント告知ポスターなど、多様なジャンルのデザイン作成に対応しています。ポスター作成の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ポスターデザインの作成例はこちら
過去のパネル・ポスター作成例をご覧いただけます。展示会やイベント向けの大きく目立つものから、学会・カンファレンスなどを対象としたやや小さめのポスターまで、サイズはもちろん、イベントやビジネスのイメージに合わせたデザイン作成を行なっています。


パネル・ポスターデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パネル・ポスターデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているパネル・ポスターの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パネル・ポスターデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・パネル / ポスター印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

パネル・ポスターデザインの流れ②

制作情報の提供

パネルやポスターのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パネル・ポスターデザインの流れ③

パネル・ポスターデザインの作成

パネル・ポスターデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パネル・ポスターデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

ポスターのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※パネル・ポスターの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)



error: