コーヒーチェリーの写実的なイラストを使ったロゴ作成例

コーヒーチェリーのカフェロゴ

コーヒー豆は、コーヒーの実の種を焙煎したものです。コーヒーの実は熟すると真っ赤になるため、チェリーになぞらえてコーヒーチェリーと呼ばれることもあります。そのコーヒーチェリーの実った枝のイラストをモチーフにしたロゴを紹介します。いずれも基本的な構図は共通していて、コーヒーチェリーのイラストを中央に配置し、それを丸く文字で囲んだものです。また、オーガニックなテイストを持っている点でも、アプローチの仕方は似ています。

 

布地に印刷したかのような風合いのロゴ作成例

布地に印刷したようなコーヒーチェリーのロゴ

こちらもひとつ目のサンプルと同様に単色のロゴです。コーヒーチェリーのイラストは、細い線でこまかい描写はおこなわず、ディテールを省略しながら巧みに写実的に仕上げています。イラストを囲んでいる円や文字は、アプリケーションで作成し、後からアナログ風に見えるような後処理をしたのではないでしょうか。布地にシルク印刷したような印象です。温もりを感じるようなやさしいタッチのロゴです。

 

古い本の挿絵のようなイラストを使ったロゴ作成例

古い本の挿絵のようなロゴ

こちらはロゴに「Coffee Roaster」とあるようにコーヒーロースター(焙煎業)のためのロゴ、もしくはその習作です。古い書物の挿絵にあるようなエッチング風のコーヒーチェリーのイラストが中心に置かれています。それ文字が取り囲んでいるだけのシンプルな構成です。色は3色使われていますが、どの色にも階調はありません。「オーガニック感」とでもいうような風合いを出すための処理もとくに施されていません。すっきりとしたクリーンな印象のロゴになっています。

 

コーヒーチェリーをモチーフにしているロゴは、コーヒーショップよりもコーヒーロースターのためのものが多いようです。しかし最近では、店内に焙煎機を設置して、独自に豆を焙煎してコーヒーを提供している意欲的なコーヒーショップも増えています。ですから、そういうビジネスであれば、一般的なコーヒーショップと差別化を図るために、コーヒーチェリーをロゴに使うという選択肢もあるでしょう。



「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ロゴデザインの作成について

ロゴ作成の依頼・制作料金について
ロゴ作成は予算や要望に応じたプランからお選びいただけます。お求めやすい価格でロゴの制作依頼が行えます。詳しくは上記リンクより制作料金プランをご覧ください。

ロゴデザインの作成・提案事例
ロゴの制作実績を掲載しています。会社・商品・ブランド・団体など、カテゴリ別にロゴのサンプルをご覧いただくことも可能です。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: