Skip links
ブックカバーのデザイン

カラーで目を惹くブックカバーのデザイン紹介

ブックカバーのデザイン

本の印象を左右するブックカバーの表紙に、インパクトのあるカラーを使用することはあるもの。目を惹くカラーを使い、遠目からも目立たせるデザインを施した本もあります。そんな本のデザイン例をチェックしてみましょう。(※紹介するデザインは当サイトの制作事例ではありません)

各種デザインの依頼・発注はこちら

ゴシック小説に黄緑を施したブックカバーデザイン

装丁デザインを見る (via Pinterest)

まぶしい黄緑が目を惹く、「フランケンシュタイン」のイラストです。描かれたのは片手のみ。大胆に縫い合わされたツギハギだらけの腕だけで、ストーリーの概要が伝わってくるでしょう。ツギハギである設定を活かして背景に負けないカラーを施し、存在感のあるモチーフに。線の強弱や色のかすれを見せることで、古典小説らしいノスタルジックな雰囲気を作り上げています。作者の名前は背景と同じカラーで腕に刻み象徴的に。長く愛され続ける物語を、アートのようにデザインしています。

 

ラフなタッチに高揚感のある配色を合わせたブックカバーデザイン

装丁デザインを見る (via Pinterest)

強いピンクの表紙だけでもインパクトは強いのに、さらにタバコをくわえた黄緑色の唇を大きく描いた、個性的な配色のデザインです。手描きのタッチに合わせて文字も手書きに、素朴なタッチで書かれています。高揚感のある配色とラフなデザインから、どんな物語が収められているのか気になってしまうもの。登場する女性に興味を抱く人も多いでしょう。

 

華麗なイエローを目立たせたブックカバーデザイン

装丁デザインを見る (via Pinterest)

強く明るい印象を与えるイエローを前面にほどこし、どの本よりも目立つ印象に。文字も絵も最低限に収め、余計な装飾を省いたことで、より色の印象が強まるでしょう。背景と同色のソファにゆったりと座るギャツビーですが、顔から胸にかけては黒い影が差し、ややうつむいた表情からはグレートさが感じられないもの。彼の名前が入ったタイトルを同色にすることで、ギャツビーの正体がうかがい知れるようです。最後の「Y」をグラスに見立てて手の中に収めたり、背景をソファの質感に合わせたりといった細かな工夫が、よりデザイン性を高めています。

 

カラーだけで目立たせず、ストーリーと調和させたブックカバーの表表紙たち。他の本よりも存在感を際立たせながらも、読んでみたくなるように誘う工夫もされています。カラーだけに頼らず、その効果を活用させるアイデアが必要なのかもしれません。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

書籍の装丁デザインについて

電子書籍・雑誌など、各種装丁デザインの制作依頼も承っております。気軽にお問い合わせください。各種広告物のデザイン作成や動画編集などにも幅広く対応しております。


error: