思わず本を広げたくなる、カバー全体で見せる装丁デザイン -#021

デザインインスピレーション21

立ち寄った本屋さんで、特に探し物をするではなく本を選ぶ時、まずはそのカバーデザインを見ますよね。印象的なデザインである程、手に取ることが多いのではないでしょうか。隣り合った様々なデザインを見比べながら、インスピレーションで手にした本はどこか特別に感じるはず。そんなカバーデザインの中でも、手にしたら思わず本を広げてデザイン全体を見てみたくなる、表と裏表紙全体に描かれた作品をご紹介します。

 

可愛いカエルが紹介してくれる装丁デザイン

カエルが紹介してくれる装丁デザイン

表紙だけ見ると、カエルがタイトルを手に持って少し首を傾げながら可愛く紹介している様に見えますが、よく見ると足が鎖に繋がれて、気が付けば彼が着ているのは囚人服だと気が付きます。可愛さの中にあるちょっとダークな感じが印象的です。そして裏を見ると、表紙からから一続きになったタイトルボードを抱える別のカエルを横向きで描いています。カエルを前と横から描くというデザイン構成としては、まるで囚人の写真撮影の様にも見えますね。でも横向きのカエルの彼の足には鎖は特に見えず、ボードの持ち方と腕の浮き輪の様な物から、泳ぎに行くカエルの様なポップさを感じさせます。繋がっているようで別のテーマのような表裏表紙の装丁デザインです。

 

シンプルだけど象徴的にテーマが伝わるカバーデザイン

象徴的にテーマが伝わるカバーデザイン

一本の線でシンプルに描く女性の足の装丁デザインです。女性らしい曲線が細い線で描かれることによって強調されています。裏表紙は表の反射となっています。表裏それぞれを見ると特に関係性を感じないかもしれませんが、広げてみるとストレッチしている女性の両足のようにも見えて、女性のしなやかさ、柔軟性をイメージすることが出来ます。

 

クラシックな全体カバーの使い方

クラシックなデザインの全体カバー

1つのデザイン/モデルをカバー全体で表すのは王道ではないでしょうか?本の始まりである表紙には頭、終わりである裏表紙には尻尾、これも定番の配置ですね。このようなデザインを今まで絵本等で見掛けたことも多いはず。かといって、退屈なデザインにならないのがこのスタイルの魅力です。モデルの牛の大降りな顔パーツと小さな手足のギャップ、鮮やかな体の緑によって印象的に仕上がっています。

表紙に惹き付けられた本の裏表紙を見たとき、そこにこだわりや仕掛けがあると自分だけが見つけた発見のようで、思わず笑みがこぼれることありませんか?裏表紙までデザインされている本は読み手に興味を持ってもらえる様配慮しているようで、良い印象を受けますよね。つい本の裏を見てしまうのは、そんな装丁デザインに今まで出会ったことがあるからかもしれません。

 



「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

書籍の装丁デザインについて

■電子書籍・雑誌など、各種装丁デザインの制作依頼も承っております。お気軽にお問い合わせください。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。