ヨガ・フィットネススタジオのチラシ活用方法【Voice】

フィットネスのチラシ活用

PRしたいターゲットに合わせた折り込みチラシを制作しました。

最初にチラシ制作を依頼したのは、オープンまもなくのことでした。うちのフィットネスジムはスポーツ医学の要素も取り入れていて、整形外科の隣に併設されており、そちらからの集客を見込んでスタートしたのですが、小さな街であるためかなかなか情報が拡散されず、出だしは全くお客様が来なかったからです。

一か月ほど遅れてしまったのですが、オープンチラシを発行し、新聞の折り込みに入れてみました。初めてのことで何をどうしていいかわからず、最初は若い女性に向けたチラシデザインを専門業者に頼んだのですが、どうもこれも思ったような効果を上げることができません。スタッフ一同で何度も会議を重ねたところ、新聞購読者層と若い女性というターゲットの選定が間違っていたのではないかという結論に至り、今度はご年配の方に向けたチラシデザインを依頼し、折り込みをやり直してみたのです。

結果、これが功を奏しました。今のご年配の方は健康に対する関心が高く、適度な運動を生活に取り入れている方も少なくないようで、折り込み広告を入れた当日から、問い合わせが連日入るようになりました。さらに口コミでの宣伝効果も手伝い、今では当時お問合せを下さったお客様がメインの常連さんとなっています。毎日しっかりと稼働しているマシンを見ると、誰かのお役に立てるフィットネスジムをオープンしたのは間違いではなかったと、ほっとするような思いです。

その後も、PRしたいターゲット層の選定と、そこに向けたチラシデザインの重要性を学んだこともあり、定期的に違うターゲット層に向けたチラシを発行するようにした結果、ジムには定期的に新規のお客様が訪れて下さるようになりました。定着して頂けるかどうかは、こちらのサービスやお客様次第ですが、漠然と発行するだけはいけないということを知っただけでも勉強になったと思っています。チラシと並行して、病院や公共機関に置いてもらうフライヤーも定期的に発行することにしました。今後も様子を見ながら宣伝をおこなっていきたいと思っています。


シーズンごとのチラシでジムを効率的にPR。

フィットネスジムの集客のために、シーズンごとにチラシ制作をして活用をしています。何人かに一人は長く続けてくれるので、安定した売上があるのですが、そのように言ってもそれが何時まで続くかはわかりませんから、常に集客は欠かすことができません。しかし、フィットネスジムに通うおうと思ってくれる人実際に通ってくれる人の数というのは限られたものとなっていますから、集客をするにしても簡単にうまくいくようなものではありません。

何もしないよりはマシかとチラシで宣伝をしていたのですが、全く効果はないということはありませんでしたが、期待するほど効果もありませんでした。何が悪いのかなと思っていたのですが、答えが出なかったためチラシデザインをしてくれる業者に相談をしてみたところ様々なアドバイスをしてもらうことができたので、そのままチラシ制作も依頼をしてみることにしたのです。ちょうどその時期は夏の手前だったので、夏の暑い時期は涼しいフィットネスジムで快適な汗を流そうと言った感じのチラシになり、見た目も爽やかな感じで、これなら体を動かしてみたくなるなと思えるものでした。そのチラシを配布してみたところ今までよりもはっきりと反響があるということがわかり、チラシの作り方ひとつでここまで違うのかと驚いてしまいました。

その後はシーズンごとにチラシ制作をしてもらうことになり、秋はスポーツの秋ということをコンセプトにしてみたり、冬場は運動しづらい時期にはフィットネスジムで体を動かすのが一番といった感じに、春は暖かくなったこの季節に体を動かそうと言ったように季節の特徴を捉えたチラシづくりをすることになりました。そして、どれもまずまずの効果を上げることに成功をし、チラシを配る価値が十分に生まれてきたのです。チラシを活用してからは集客も順調となり、ジムの経営も以前にも増して安定することになったので上手く宣伝をすることができて本当に良かったです。


地域を取り込むチラシ戦略で、フィットネスの宣伝を強化しています。

比較的人口の多い都市に立地するフィットネスジムの経営を任されています。人口が多いと言っても、東京や大阪ほどの大都市ではなく中規模の都市で、土地代も安く比較的余裕を持ってお客様にご利用いただく駐車場を用意しています。ジムのなかは、プール・エアロビクスルーム・テニスコート・ストレッチルームなどで構成された建築物です。

平日の昼間は高齢の方のご利用が多く、金曜日の夜から土曜日・日曜日の集客が課題で、稼働率アップのための方策として、プロのデザイナーにデザインを依頼し、その方の助言を受けながら、チラシデザインを検討していました。チラシによる宣伝効果で、なんとかより一層の収益確保を狙っての経営戦略です。チラシ制作には、デザイナーへの依頼コストに加え、印刷コスト、新聞折り込み広告のコスト等がかかりました。

私どもジムがチラシデザインを考える上で念頭に置いたのは、休日の稼働率アップですから、そのためには何を掲載すべきかをスタッフといっしょになって考えました。結論として出てきたものは、地元の老人が主催するスポーツクラブや子供会ソフトボールチーム、婦人会、ママさんバレーの各チームなどをチラシに幾つか掲載し、その方々を広く読者の方々にご紹介しようというものでした。最初は、経営を預かる身として、果たしてこんなかたちで効果があるのか疑問でした。それよりも地元出身のスポーツマンを掲載した方が、お金がかかっても効果的ではないかと考えたからです。

しかし、私の思いは、ものの見事に外れました。地元の方々を多数掲載することで反響が反響を呼び、出演料として、割引チケットを配布したことも功を奏し、チラシを配布して2か月間ほどの間で、多くのの新規会員獲得に成功することができました。類は友を呼ぶ効果とでも申しましょうか。スポーツ好きの方々が集まり、ジム内に設置されているカフェさえも、結構な賑わいを見せています。商売繁盛は実に喜ばしいことだと、心から実感しています。あとは、この新規で入会された方々がずっと継続して会員でいてくれることを願ってやみません。


ヨガ教室をポスティングで宣伝しています。

岩盤浴の定期的なイベントとして、週に3回ヨガの教室を開催しています。最初は岩盤浴のプロモーション活動の一環として始めたことでしたが、今ではヨガ教室の方がメインと言われるほど繁盛しています。最初は特に宣伝なども考えておらず、口コミで広まればいいやと軽い気持ちで考えていました。しかし、専門のインストラクターさんを雇っていたので、あまりにもお客さんが少なくては採算が取れないことに気づき、チラシを依頼してみようと思い立ったのは、開催開始から4~5回目のことでした。

自分は岩盤浴の方ではあまり集客に困った経験がなく、チラシ制作は初めてのことでした。素人がいくら考えてもダメだと思ったので、チラシデザインは全て印刷業者に丸投げです。最初に内容の希望や写真のことなどについて簡単な聞き取りがあって、数日後にはもうプランが出来てきました。イメージにぴったりの仕上がりだったので、すぐに新聞の折り込み広告に入れてもらうよう手配し、余った分は近所にポスティングしてみたところ、かなりの件数の問い合わせを頂くことができました。近隣では、ほかにヨガ教室をやっているところがなかったのも大きいとは思うのですが、やはり宣伝というのは必要なんだな、と実感した瞬間です。

そのあとは、2か月に1回くらいの割合で割引クーポンをつけたチラシを発行するようにしてみました。その都度新規のお客様からお問い合わせを頂けることや、何度か来たまま疎遠になった方でも「チラシを見て思い出した」と言って足を運んでくださることがあり、これはやめられないなと思っています。毎回チラシを発行するときは少し多めに印刷して、近くのホテルや公共施設、女性が集まりやすいカフェなどにフライヤーとして置いてもらうという試みも始めてみました。まだ実際に反応があったわけではないのですが、お店の方には「どこにあるんですか?」などという質問もあるようで、これからの反応が楽しみなところです。


口頭だけでなく、チラシのように手渡しできるものがあるのは便利です。

ヨガ教室には幅広く多くの方に参加してもらいたいと思い、チラシデザイン会社にチラシ制作を依頼しました。チラシを作ったことはなかったので、初めての試みでしたがヨガの魅力を知ってもらいたいという思いもあり依頼しました。ヨガは、若い人がする物と思われがちですが年配の方にも体験してもらいたいと思いました。背筋も伸び、心も身体もリフレッシュができるのです。

チラシ制作と言うと、大変なことのように感じましたがイメージを伝えてそれを形にしてもらえたので、ほぼ自分の思い通りのチラシになり満足しています。チラシには、クーポンもつけてもらい初回限定で無料の体験ができるようにしました。興味を持ってもらえるような、ちょっと目立つようなデザインにしてもらいました。

依頼して出来上がったチラシは、一目でヨガだとわかるようなデザインになっています。年配の方も参加しやすいように、ヨガマットなどなくても参加できるようにしてあります。チラシの効果は抜群で、集客力がアップしました。ヨガに参加してくれた生徒さんにも、チラシを持ち帰ってもらい身近な友人や職場で興味のある方に声をかけてもらっています。口だけで誘うよりも、宣伝になるものがあるだけでだいぶ違うと思いました。スーパーや商店街でも、貼ってもらえるところにはお願いをして多くの人の目につくようにしました。SNSなども利用して、多くの方に宣伝をしてもらっています。

実際にヨガを体験してみると、気持ちよさや魅力が十分に伝わるので体験した人からの口コミもかなりの反響でした。幅広い年代の方の集客に成功し、今では教室の時間を増やそうと思っています。魅力が十分に伝わって、心に響くデザインだったのが良かったんだと思います。人を惹きつけるデザインはチラシ制作の上で大事だと感じました。

 

→ ヨガ・フィットネスのチラシ制作はこちら

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

その他のデザインコラム


asobo design factory とは

チラシデザイン・ポスターデザインのasobo design factory

asobo design factory (アソボデザインファクトリー)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。


dekiru2

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

メールでのご相談・ご依頼はこちら

sslクレジット対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

©asobo design factory

■デザイン・記事内容はadobo design factory又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。

チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。

asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。

CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。

アソボデザインが各種プレスリリースに載りました サイトのリニューアル情報がメディアに掲載されました。

グラフィックデザイン部門にノミネートしました OSAKA KAWAII!! クリエイターズアワードのグラフィックデザイン部門にノミネートしました。

デザイン講義を行いました バンタンデザイン研究所でデザインについての講義を行いました。

NEWS&PRESS情報一覧