ぼかしや歪みを使い、メッセージを強調するデザインテクニック

ぼかしや歪みを使い、メッセージを強調するデザイン例

デザインを制作する場合、遠くからでも見やすく、はっきりとした色使いやどっしりとしたフォントを用いることもありますが、あえて写真や文字をぼかしたり歪ませることによって見る人に伝えたいメッセージを強調させる手法もあります。今回は、ぼかしや歪みを使ったデザインを紹介します。

 

ぼかされた写真と見え隠れする文字が印象的なブックカバーデザイン

ぼかしや歪みを使ったデザインテクニック1

こちらは、父親から息子に自由で幸せな男性になれるよう伝えたいメッセージが書かれた本のブックカバーです。写真に写っているのは少年の姿でしょうか。焚き火の周りを元気にジャンプしている様子がブレてぼかされています。父親から息子への願いが書かれている本の内容ではあるけれど、その将来の姿はまだ未知の可能性があり、はっきりとは見えていないという表現が感じられるデザインです。

 

ぼかされた文字で躍動感を表現したポスターデザイン

ぼかしや歪みを使ったデザインテクニック2

こちらは中国のイベントのポスターです。カラフルな線から、影のように伸びた文字が浮き上がっています。歪みぼかされた文字からは、湧き上がる歓声や躍動感のようなものも感じられ、イベントへの興味を惹かれます。

 

様々な要素が重なり合ったポスターデザイン制作例

ぼかしや歪みを使ったグラフィック

パッと見ると、ぼかされた男性の写真が見えますが、よく見るとその奥にもう一人の人物のシルエットが見えてきます。写真には、モアレのような歪みも現れていて少し奇妙な印象も受けるデザインです。モノクロに所々使われているイエローのアクセントが効果的で、目を惹くポスターに仕上がっています。

 

ネオンのような歪みとぼかしが目を惹くポスターデザイン制作例

ネオンのような歪みとぼかしのポスター

こちらはテクノロジーをテーマにしたイベントのポスターです。夜の街のネオンの光を歪ませたような文字が印象的で、人工的な光のイメージも伝わってきます。暗い部分と明るい部分のコントラストが強いので、輪郭がぼかされているにもかかわらず、メインのロゴが際立っています。

 

ぼかしたり歪みを作ることで、より想像力をかきたてられ、興味がわくという効果もあります。メッセージを強調するためにあえて見えにくくするというのもデザインの選択肢の一つになるんですね。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

デザイン料金と作例

各種デザイン作成について
チラシ(フライヤー)・ポスターなど1枚物の紙媒体制作から、パンフレットや名刺・ショップカード・封筒などのビジネスツールのデザイン作成、WEBバナーや店頭看板・交通広告などのデザイン、カーラッピング・ロゴマーク・商品パッケージ・装丁・動画編集に至るまで、様々なデザイン作成に関する業務を行なっております。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。