Skip links
赤×黒のストロングな組み合わせが効果的なパッケージデザインについて

赤×黒のストロングな組み合わせが効果的なパッケージデザイン

赤×黒のストロングな組み合わせが効果的なパッケージデザインについて

赤と黒というカラーリングからは何が連想されるでしょうか。赤色は血や炎の色であることから本能的に「危険」を感じさせる、他の色よりも目を引き、強い印象を残させる色です。「情熱」「興奮」と言ったプラスのイメージと「怒り」「危険」などネガティブなイメージを併せ持ちます。黒色は闇の色であり「暗い」「重い」イメージに直結し、「高級感」「神秘的」「不安」「恐怖」などの言葉と結びつきます。赤と黒を合わせた色合いはルーレットやトランプでも使われ、エネルギーがプラス方向に強い「赤」とマイナスの方向に強い「黒」の強烈な対比から「艶やか」「鮮烈」「対極」などの言葉が似合う、強い訴求力を持つ色合いと言えます。(※紹介するパッケージデザインは当サイトの制作事例ではありません)

パッケージ作成の外注はこちら

飲んだら元気が出そうなワインのパッケージデザイン

パッケージデザインを見る (via Instagram)

細身のボトルに文字のみのシンプルなデザインが光るワインのボトル。つや消し黒のベースからは高級感を、リズミカルに配置された赤の文字からは活気を感じさせてくれます。スリムなボトルに広がるように配置されたスリムなフォントもスタイリッシュな雰囲気を後押しします。

 

クラシカルなフォントが効いたボトルラベル

ラベルデザインを見る (via Instagram)

重厚な質感の黒ベースのラベルに、ぷっくりと艶出しインクが乗った赤文字が映えるワインのボトル。太さの強弱と曲線が美しいクラシカルな書体がリッチなテイストを伝えてくれます。黒のボトルに黒のラベルの中に、鮮烈な赤色のアクセントが効いています。

 

色が持つ印象を活用することはデザインの訴求力やコンセプトを伝える力の強さに大いに貢献します。赤と黒という色の中でも強い特徴を持つ二色の組み合わせはドラマチックに強烈な印象を与えてくれることでしょう。「暗さ」「怖さ」などの印象も併せ持つ色のため、コンセプトに応じて使いたい組み合わせです。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。パッケージデザインの代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。


パッケージデザインの作成依頼〜納品までの流れ

パッケージデザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているパッケージの仕様や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【パッケージデザインの制作費用について】パッケージのグラフィックデザインの制作となります。商品パッケージの設計・印刷・製造については対応しておりません。

パッケージデザインの流れ②

制作情報の提供

パッケージのデザイン制作に必要な掲載文面や素材・図面データなどを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

パッケージデザインの流れ③

パッケージデザインの作成

パッケージのデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

パッケージデザインの流れ④

校了・納品

パッケージデザインが校了となりましたら、ご入金確認後にデータ納品を行います。



error: