赤×黒のストロングな組み合わせが効果的なパッケージデザイン -#063

赤×黒のストロングな組み合わせが効果的なパッケージ

赤と黒というカラーリングからは何が連想されるでしょうか。赤色は血や炎の色であることから本能的に「危険」を感じさせる、他の色よりも目を引き、強い印象を残させる色です。「情熱」「興奮」と言ったプラスのイメージと「怒り」「危険」などネガティブなイメージを併せ持ちます。黒色は闇の色であり「暗い」「重い」イメージに直結し、「高級感」「神秘的」「不安」「恐怖」などの言葉と結びつきます。赤と黒を合わせた色合いはルーレットやトランプでも使われ、エネルギーがプラス方向に強い「赤」とマイナスの方向に強い「黒」の強烈な対比から「艶やか」「鮮烈」「対極」などの言葉が似合う、強い訴求力を持つ色合いと言えます。

 

飲んだら元気が出そうなワインのパッケージデザイン

The Dielineさん(@thedieline)がシェアした投稿

細身のボトルに文字のみのシンプルなデザインが光るワインのボトル。つや消し黒のベースからは高級感を、リズミカルに配置された赤の文字からは活気を感じさせてくれます。スリムなボトルに広がるように配置されたスリムなフォントもスタイリッシュな雰囲気を後押しします。

 

黒い本体にアクティブな印象を追加したパッケージ

Shahzad Muhammadさん(@shazuae)がシェアした投稿

こちらのブルートゥースヘッドセットは本体の色が黒。パッケージでは揺らいでいるような赤のグラフィック要素を背景に取り入れ、黒のイメージを損なわずに赤色〜黒色のグラデーションで音の広がりと躍動感を感じさせてくれます。全体的に色数を抑え商品を魅力的に見せる工夫が施されています。

 

クラシカルなフォントが効いたボトルラベル

Aldo Segat Studioさん(@aldosegatstudio)がシェアした投稿

重厚な質感の黒ベースのラベルに、ぷっくりと艶出しインクが乗った赤文字が映えるワインのボトル。太さの強弱と曲線が美しいクラシカルな書体がリッチなテイストを伝えてくれます。黒のボトルに黒のラベルの中に、鮮烈な赤色のアクセントが効いています。

 

色が持つ印象を活用することはデザインの訴求力やコンセプトを伝える力の強さに大いに貢献します。赤と黒という色の中でも強い特徴を持つ二色の組み合わせはドラマチックに強烈な印象を与えてくれることでしょう。「暗さ」「怖さ」などの印象も併せ持つ色のため、コンセプトに応じて使いたい組み合わせです。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

ラベル・パッケージデザイン料金と作例

商品パッケージデザインの作成について
箱や手提げ袋などのパッケージデザインから、商品に貼り付けるラベルデザインまで、包装に関わるデザイン作成を行なっています。

ラベル・パッケージデザインの作成例はこちら
パッケージやラベルのデザイン事例・サンプルを掲載しています。紙箱からポリ袋などの軟包材まで、様々な商品パッケージの作例を掲載しています。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。
050-5243-3791
問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません) タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム