Skip links
歯に関するフライヤー制作例

歯に関するフライヤーデザイン製作例

歯に関するフライヤー制作例

年齢を追うごとに歯の健康も気になります。平成28年歯科疾患実態調査によると、80歳で20本以上の歯を有する者の割合は、2人に1人以上で過去最高に達しているそうです。歯に関するフライヤー製作にはどのような例があるのでしょうか。3つの製作例をご紹介します。(※紹介するフライヤーデザインは当サイトの制作事例ではありません)

フライヤー作成の依頼はこちら

つらい歯の痛みが伝わるフライヤーデザイン

フライヤーデザインを見る (via Pinterest)

こちらは、1900年代のアメリカはミシガン州、デトロイトの製作例です。C S Dent&Co.が歯痛ガムと呼ばれる商品を、すべての薬局、または郵送によって15ドルで販売しているとの広告です。販売当時は高価な商品でした。確かに痛そうなイラストがあり、段落ごとに変更されているフォント、豊かな表現力の縁取りで、見やすく美しいフライヤーとなっています。

 

歯医者さんに必要な構成のフライヤー

フライヤーデザインを見る (via Pinterest)

こちらは、歯医者さんでの使用を想定して作られたフライヤーテンプレートです。テキストと写真のバランスが保たれ、どの写真にも清潔感と安心・信頼を寄せられる印象があります。また、レイアウトには特徴や内容、どんな様子か見て取れるようにしっかり作られているので、歯医者さんは日本語版の制作にすぐ活用できるテンプレートです。

 

取っておきたくなる仕組みがあるフライヤーデザイン

フライヤーデザインを見る (via Pinterest)

こちらは2014年頃に公開された製作例です。見出しには友人のような歯科医と書かれています。基本的には、上記のフライヤーと同じ様に「伝えるべきことを順序立てて」構成されていますが、違う点が3つあります。1つ目がキャラクターを使って、印象を柔らかなものにしている点。2つ目が、ほぼ赤と白で構成されていること。3つ目がいわゆる紹介キャンペーンです。ビジネスの仕組みを使い、独自のアピールがされた歯医者さんのフライヤーです。

 

今回は歯に関するフライヤーをテーマに、3つの製作例をご紹介しました。それぞれにつらい歯の痛みに対して、デザイン性と配色効果で「清潔・安心・不安を解決する」特徴がありましたね。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

チラシのデザイン料金と作例

チラシデザインの作成について
各種フライヤー・チラシの作成を行なっています。デザイン作成から印刷・納品までお任せください。楽しげなイベントフライヤーから、企業向けのシックで落ち着いたチラシまで、柔軟なチラシデザインに対応しています。チラシ作成の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

チラシデザインの作成例はこちら
過去のチラシ(フライヤー)作成例をご覧いただけます。派手さのあるグラフィカルなフライヤーから、高級感や重厚さのあるチラシ、安売りなどを知らせるライトなイメージのチラシなど、世代やニーズ・ターゲットに合わせてデザインを作成しています。


フライヤー・チラシデザインの作成依頼〜納品までの流れ

フライヤー・チラシデザインの流れ①

見積もり

作成の検討されているチラシの部数や仕様・要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【チラシデザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・チラシ印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

フライヤー・チラシデザインの流れ②

制作情報の提供

チラシのデザイン作成に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

フライヤー・チラシデザインの流れ③

フライヤー・チラシデザインの作成

チラシデザインの作成に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

フライヤー・チラシデザインの流れ④

校了〜印刷・納品

チラシのデザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※フライヤー・チラシの印刷・製造は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)



error: