Skip links
目が釘付けになるデザイン

目が釘付けに!?海外の面白いクリエイティブな広告デザイン作成例

目が釘付けになるデザイン皆さんもご存知の通り、海外のデザインには非常にユニークで面白いものが沢山あります。ユニークながらもひと目で訴えたいことがわかるものや、ここでは紹介できないようなブラックジョークが効いたキツめのものなど、日本で主流の広告デザインとは一味違ったデザインが多く、見ているだけでも面白いですよね。今回は、海外の広告デザインの中からユニークでクリエイティブなものを厳選してご紹介していきます。

 

保湿が大事なのは絵画も一緒?

広告デザインを見る (via Pinterest)

日本でもドラッグストアなどでよく目にする保湿バーム、ヴァセリン。乾燥した肌に塗るとしっとりと保湿してくれるという商品ですが、その保湿力の高さをユニークに絵画で表現しています。絵画の劣化によるヒビ割れというネガティブなものを逆手に取ったこちらのデザインは、文言が全く無いのにも関わらず、何を訴えたいのかが直球で伝わってきますね。ヒビの有無でこんなに印象が変わると思うと、毎日のお手入れにも力を入れなければと思わせるほど説得力のある面白いデザインです。

 

美味しさが伝わる自社ブランドの広告デザイン

広告デザインを見る (via Pinterest)

Biedronkaというのはポーランド最大のスーパーマーケットで、主に自社ブランドの製品を販売しています。こちらは、自社製のスープの広告のよう。切ったトマトの中には、なんとも美味しそうなスープがたっぷり。トマトの美味しさが詰め込まれたスープだというのが存分に伝わってきます。マスコットキャラクターであるてんとう虫が、普段は身につけていないコック帽を被っているのも可愛いですね。

 

あの画家の自撮りは、何の広告?

広告デザインを見る (via Pinterest)

こちらはスマホで有名なサムスンのデジカメの広告デザイン。あのゴッホの自画像が、もしも絵画ではなく自撮りだったら・・・というコンセプトだそう。パッと見だと誰だかわかりませんが、カメラの画面には自画像で有名なあの顔がしっかりと表示されています。また、部屋の中にはヒマワリが置いてあったり、壁にはゴッホ作の“オリーヴ園”と思われる絵画が飾られているなど、細かい部分にもゴッホを感じさせる演出が。

 

日本における広告デザインは、割と文字が多く入ったものが好まれる傾向にありますが、海外では文字を入れずインパクト勝負のデザインが多いなと改めて感じました。これだけユーモアとインパクトがあると、文字がなくてもデザインそのものが映像として頭に記憶されやすいですね。このような面白く記憶に残るデザインを製作するためにも、常識にとらわれずにいろんな角度から物事を見ることを心がけたいものです。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

デザイン料金と作例

各種デザイン作成について
チラシ(フライヤー)・ポスターなど1枚物の紙媒体制作から、パンフレットや名刺・ショップカード・封筒などのビジネスツールのデザイン作成、WEBバナーや店頭看板・交通広告などのデザイン、カーラッピング・ロゴマーク・商品パッケージ・装丁・動画編集に至るまで、様々なデザイン作成に関する業務を行なっております。


error: