デザイン構成における視点の重要性

視点とデザイン構成

焦点をフォーカル・ポイントと言いますが、固定焦点、移動焦点など見るものによってさまざまです。

 

デザインのフォーカル・ポイントを明確化する

フォーカル・ポイントを明確化したデザイン

デザインは何を見てもらいたいか考えなければなりません。見せたいものに順番があるなら、 見る人の焦点をコントロールすることも重要です。このポスターではトップ・テン・リストが記載され、見やすいようにすることが求められます。デザインでは、個々の数字に文字が入れられるよう数字の大きさも考えなければなりません。テキストの入るスペース取りは、視認性を考えても重要なポイントです。さらに、数字の形の面白さと、統一性も考えなければなりません。白と黒のコントラストを基調にしたデザインで、数字に挟まれるように黒い長方形のボードがあります。最初に目が行くところがこのボードなのです。

 

縦のレイアウトと視点の分散化

紙面デザイン

この紙面デザインで最初に目に入るのは、重なり合った数字です。数字の5と7がグレーで、色の連なりにアクセントを作ります。そのためか、まず数字が目の中に入ります。全体のレイアウトは、決して表のようではありません。数字はインデックスを表し、縦ラインを起点に横並びに均等に内容が配置されます。こちらは、ニューヨーク・マガジンの1ページです。黒い縦線の右側に、雑誌の情報が記載されています。このデザインではフォーカル・ポイントがありません。エディトリアルの情報を、如何に一ページに充填するかが、デザイン上需要なのです。見る人の目的によって、視点は異なるからです。

 

視点の分散化と全体のデザイン

エディトリアルデザイン作成例

このデザインもエディトリアルを扱ったものです。こうしたレイアウトで重要なのは、挿入するテキストの整理です。テキストの数と文字数を出すと、おのずとレイアウト上のスペースが見えてきます。ここでは頭にくる文面と、9つの「ステップ」、そして「・58」の項目が主なテキストになります。フォントの大きさとスペースを考え、レイアウト上で適切な位置を割り出します。ある程度決まれば数字を入れ、レイアウトを再確認。イメージが見えてきたところで、数字とテキストの塊をページ画面上で再レイアウト。個々のテキストのキャプションとイメージ図像を配置し直すことを繰り返します。全体のスペースが決定したら本格的にレイアウトを詰めて行きます。必要なものを挿入しながら、デザインを充填的に進めて行くとレイアウトも完成です。

 

ポスターなどと異なりエディトリアルはプロセスの考え方も異なります。



「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

パンフレットのデザイン料金と作例

二つ折りパンフレットの作成について
三つ折りパンフレットの作成について
カタログ・中綴じ冊子の作成について
パンフレットデザインの作成例はこちら

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: