動物をモチーフにしたシンボルマークのサンプル例 -#500

動物をモチーフにしたシンボルマーク

可愛らしく、親しみやすく、愛くるしさを表現するとき、よく用いられるのが動物のキャラクターです。キャラクターはマスコット化され、マーケティング、ブランディングを支援します。

 

Moofish cafe – カフェのロゴ作成例

動物をモチーフにしたシンボル1
“ Moo ” は英語で牛の鳴き声で、「ムー」と鳴きます。日本語では「モー」で少し似ています。ロゴシンボルは、カフェのマークものです。イタリア語でコーヒーショップはカフェテリアです。カフェというからフランスです。ミルクがいっぱい入ったカフェオレ、イタリアのカフェラテは有名です。この牛は、太ったフグのように魚化しています。 この “ Moofish ” は、新種の可愛いキャラクターです。

 

クリエーティブエイジェンシーのロゴ作成例

動物をモチーフにしたシンボル2
タイポグラフィーには、 “ BIRD & WORM ” と英語で書かれています。日本語で「鳥と虫・ミミズ」です。正確には虫を追いかける鳥です。でもこれは “ The early bird gets the worm. ” 「早きは三文の得」に関係します。ロゴマークにことわざを使う裏技です。クリエーティブエイジェンシーは働き者で、早起きして仕事に励みますよと言うことでしょう。

 

猫を抱くロゴ

>動物をモチーフにしたシンボル3
ルビンの壺をご存知だと思います。二つの顔に挟まれた空間を見ると、その空間は壺に見え、壺を見ると顔は見えなくなる。二つのことを同時に認識することは難しい。ロゴの猫と、猫を抱く腕と手は、このルビンの壺と同じ錯視を利用したものです。二つのものを近づけると、同時に見ることが可能になります。遠目に見ると二つを同時に認識しやすくなるのです。

 

動物を扱ったシンボルでも、扱い方次第でこうも変わります。想像上の新しいキャラクター、ことわざから生まれたキャッチ、錯視を使ったシンボルと、ロゴを考えながら見るのも面白いものですね。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ロゴデザインの作成について

ロゴ作成の依頼・制作料金について
ロゴ作成は予算や要望に応じたプランからお選びいただけます。お求めやすい価格でロゴの制作依頼が行えます。詳しくは上記リンクより制作料金プランをご覧ください。

ロゴデザインの作成・提案事例
ロゴの制作実績を掲載しています。会社・商品・ブランド・団体など、カテゴリ別にロゴのサンプルをご覧いただくことも可能です。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。