犬を使ったロゴデザインのサンプル -#494

犬を使ったロゴ犬が何時ごろから、どこで、どうやって人に従順になったのか謎のままです。神話では、犬が仕えるのは女神だけでした。

 

DOG PET

犬を使ったロゴデザイン1
日本で半世紀前まで、犬は外で飼うものでした。現在1DKの部屋に大型犬を飼う人もいます。長い年月を経て、犬は人に尽くす遺伝子を継承しました。古代エジプトの遺跡にも犬は描かれています。ボールと無邪気に遊んでいる、可愛い犬の仕草をデザインした犬のロゴです。この人畜無害さが、犬好きにはたまりません。お尻ごと尻尾を上げて振るときは、「大好き」「甘えさせて」の合図ですが、ただ尻尾を高々 と立てたときは警戒心があるときです。大好きなワンちゃんを、シンボル化したものです。

 

STAY.-ペット専用ジムのロゴマーク

犬を使ったロゴデザイン2
このワンちゃんのロゴも、お尻ごと尻尾を立てたポーズです。ロゴ下部に“ canine ” とありますが英語で「ケーナイン」と読みます。ワンちゃんの総称で犬科のものを指します。アメリカのドラマでは、警察犬のことを通称ケーナインと呼びます。“ STAY. ” の下に「犬のスパとお手入れに」と書かれ、運動ができるスパのあるペット専用ジムであることがわかります。

 

Sit With Me -動物愛護に関するロゴマーク

犬を使ったロゴデザイン3
「私を世話して」とオレンジ色で書かれています。小型犬にロゴタイプと同じ色が使われ、重なり合う犬の中で、孤立したように小さく見えます。小型犬種ほど虐待されやすいことを視覚化しているのです。ロゴ最下部に「シェルタードッグレスキュー」と書かれ、ペットシェルターから救出してくださいと、切実な思いが綴られます。

 

犬は、女神の代わりに人に仕え用としました。女神がいなくなったからでしょうか。人が女神のようになったからでしょうか。家族ですから、大切にしたいものですね。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ロゴデザインの作成について

ロゴ作成の依頼・制作料金について
ロゴ作成は予算や要望に応じたプランからお選びいただけます。お求めやすい価格でロゴの制作依頼が行えます。詳しくは上記リンクより制作料金プランをご覧ください。

ロゴデザインの作成・提案事例
ロゴの制作実績を掲載しています。会社・商品・ブランド・団体など、カテゴリ別にロゴのサンプルをご覧いただくことも可能です。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。