カエルをモチーフにしたロゴ作成例 -#493

カエルをモチーフにしたロゴ

西洋では、カエルは変化のシンボルです。古代エジプトでは胎児のシンボルであり、再生の意味も持っていました。

 

カエルが張り付いた姿のロゴマーク

カエルをモチーフにしたロゴ1
面白いロゴですね。カエルが張り付く下から覗いた状態を、ロゴマークにしています。黒い部分が接地面を表し、その形から接地している素材まで見えてきます。素材は、真っ平らで滑面であることは間違いありません。空気が入らないほど平らな面です。指の開き方でどれだけ踏ん張っているか、指との距離感までも想像させます。見ているだけでも楽しいロゴですね。

 

潜水夫ガエルのロゴマーク

カエルをモチーフにしたロゴ2
泳ぎも、潜ることもカエルのように上手いことから、潜水夫のことを “ FROGMAN ” と言います。水中眼鏡をかけたカエルが、ハンドサインを送ります。サイン見ると、人差し指と小指を立てています。ロックだと「レッツ・ロック!」の意味で、「さあロックしようぜ!」という感じです。これが親指と小指だとアメリカの手話で「愛している」なのですが、人差し指なので違うようです。もともとこのサインはイタリア語名「コルナ」と呼ばれ、地中海あたりでは侮辱的な意味で使います。このロゴでは、やはりレッツ・ロックしかありませんね。

 

見つめるカエルのロゴマーク

カエルをモチーフにしたロゴ3
枝にとまったカエルがこちらを見つめます。何の枝だかわかりません。このカエルのロゴは単色で、基調色の黒が緑になれば緑色のカエルに変身です。両手の色は常に地色のままです。手の置き方がうまい具合にレイアウトされ、ひょうきんなロゴになっています。

 

日本でカエルは、「帰る」意味から旅人の守護者と考えられました。古代エジプト人が信じた再生と、日本の「旅人が帰る」にかけて、身代わりになってくれるカエルのお守りを持ち歩く考えには、偶然にも元に戻る、再生への共通する願いがあることがわかります。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ロゴデザインの作成について

ロゴ作成の依頼・制作料金について
ロゴ作成は予算や要望に応じたプランからお選びいただけます。お求めやすい価格でロゴの制作依頼が行えます。詳しくは上記リンクより制作料金プランをご覧ください。

ロゴデザインの作成・提案事例
ロゴの制作実績を掲載しています。会社・商品・ブランド・団体など、カテゴリ別にロゴのサンプルをご覧いただくことも可能です。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。