イメージに合ったロゴフォントを選ぶための3つのポイント

ロゴフォント

ロゴに用いるフォントの重要性

ロゴを作る目的は、その人やその会社の想いを完璧に伝える事や人目を引く事などです。それらを実現するためには、イメージに合ったロゴフォントを選ぶ事は極めて重要で、適切な物を選べばより高い効果を臨む事が可能です。どうやってイメージに合うブランドロゴを選ぶかについて3つのポイントをあげて説明します。

 

ワープロソフトの書体をロゴに使用するのは避ける

一番大事なポイントは、ロゴデザインを選ぶ時によく使うワープロソフトには様々なフォントが取り揃えられていますが、そういった他の人も使用しているソフト内に入っているフォントを使うと誰もが使うありきたりのデザインになってしまいます。出来ればイメージに合ったロゴフォントを選ぶ時には、ありきたりなデザインは避ける事が重要なポイントです。

ではどうやればありきたりなフォントデザインを避けられるかというと、誰もが使うワープロソフトのデザイン例から選ばずにネット上に無数にあるフォントをリサーチして、伝えたいイメージに合ったフォントを見つける努力をしましょう。そういったフォントを入手できるほとんどのサイトでは、各フォントのプレビューを購入する前に確認できるので、書体の細かいところに至るまで入念にチェックすることをお勧めします。

 

タイムレスなロゴフォントを選ぼう

また次に重要なポイントがいつまでも時間が経っても記憶から色褪せない、印象的なデザインを選ぶ事がポイントです。例えば40年以上前に流行ったその当初ブームになったフォントを覚えている人は少ないと思います。そういった数年間は大流行したけど、その後ブームが去って廃れてしまったロゴマークを上げれば山のようにあります。

流行っているロゴのデザインや書体を真似して似通ったデザインのブランドロゴを作りたくなる気持ちはわかりますが、そういった一過性のブームに乗ったフォントデザインは避けた方がよく、できるだけそういったブームに乗らずに飽きの来ない色褪せないロゴフォントをチョイスする方が良いでしょう。

 

文字はロゴに合わせて調整をしよう

最後のポイントは文字のカーニングなどの調整です。スペースのあけ方で、あまりに広くしすぎるとロゴがスカスカになってまとまりが損なわれたり、逆にスペースが狭すぎると文字同士が詰まってロゴが読みにくくなってしまいます。スペースの広さは作る人の感性も関わって来るので、ただ文字を打ち込むだけでなく、最後はデザイナーの目で調整することが大切です。

ロゴ作成についての価格はこちら

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧


事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。