ゲリラマーケティングとは?どんな手法なのか

ゲリラマーケティングとは

ゲリラマーケティングとは

ゲリラマーケティングとは、企業が製品やサービスを促進するために、サプライズや型破りな手法を用いた広告戦略です。「ゲリラマーケティング」という用語は、目的を達成するために非定型戦術を用いるゲリラ戦に遡ります。通常の戦術戦略とは異なる手法を用いた型破りな戦争である、ゲリラ戦の発想に由来しています。

ゲリラマーケティングの目標の第一段階は、見る者に感情的な反応を引き起こすことです。最終的な目標は、人々が慣れている一般的な広告とは異なる方法で製品やブランドを覚えてもらうことです。

ゲリラマーケティングは、製品やブランドについての大きなインパクトを与え、その驚きによって顧客を獲得する事に焦点を当てています。製品やサービスと消費者のエンゲージメントを増加させる広告手法であり、記憶に残る経験が生まれるように設計されています。思い出に残る体験を作ることで、消費者やキャンペーンと交流した人が、その製品について友人に広めてくれる可能性も高まります。このようにゲリラマーケティングは口コミを介して、広告されている製品やサービスが多くの人に伝わります。

ゲリラマーケティングの費用対効果

また、ゲリラマーケティングは比較的安価であり、頻度よりもむしろ瞬間的なリーチに焦点を当てています。ゲリラマーケティングに必要なのは多額の費用よりも、高い想像力・エネルギー・時間です。その為、ゲリラマーケティングは大企業と競合している中小企業にとって、効果的に作用する可能性があります。

この手法において消費者へのメッセージは、覚えやすいように明確かつ簡潔に設計されていることが多いです。購買決定は無意識下で行われることが多く、製品やサービスを無意識の心の中にとどめておくためには繰り返しの認知が必要です。製品に関する口コミやソーシャルメディアでのバズが生まれ、それが多くの人の中で共有されれば、繰り返しの認知を生み出す事になります。

 

ゲリラマーケティングの様々な手法

アンビエントマーケティングとは

アンビエントマーケティング(アンビエントコミュニケーション)は、物理的な環境要素に提示された広告を指します。電車やバスの吊革広告や、マグカップやゴルフボールなどへのデザイン・印字など、様々なところで目にする事ができます。

アンブッシュマーケティングとは

アンブッシュ(待ち伏せ)マーケティングは、企業が該当するイベントに公式に関連していないくても、暗示されるような広告を掲出するなどして、ある種便乗のような手法で展開する連想マーケティングを指します。

例えば2012年のロンドンオリンピック中、ナイキは “イギリスのロンドン以外で” ロンドンと名のつく場所の選手をフィーチャーした「Find your Greatness」という広告を作成した。ポイントは、実際のイギリスのロンドンを表示せず、オリンピックゲームにも全く言及していない点です。

ステルスマーケティングとは

ステルスマーケティングとは、意図的に秘密裏に、目立たない方法で市場に参入・営業を行う行為、市場から撤退する行為、またはそうする試みを指します。

バイラルマーケティング(バズマーケティング)とは

バイラルマーケティングは、他人にマーケティングメッセージを伝えることを奨励し、メッセージの露出と影響力をまるで「ウイルス」のように指数関数的に成長させる戦略を指します。ウイルスと同じように急速に増殖し、メッセージを数千〜数百万倍へと拡大させます。

インターネット上以外では、バイラルマーケティングは「口コミ」「メディアを活用する」「ネットワークマーケティング」等と呼ばれていますが、インターネット上では、良くも悪くもバイラルマーケティングと呼ばれています。同様に、バズマーケティングは、知名度の高いメディアを利用して一般の人々にブランドや製品についての議論を促す方法です。

草の根運動とは

草の根運動は、個人ベースで顧客を獲得することを目的としています。このタイプにおける成功とは、マーケティングメッセージを広めるものではなく、消費者とブランドの間の個人的なつながりを強調し、ブランドとの永続的な関係を構築する事です。

アストロターフィングとは

アストロターフィングは、最も物議を醸しているゲリラマーケティング戦略で、高いリスクをはらんでいます。アストロターフィングは「人工芝」を指し、前述の「草の根運動」と対称的な言葉です。偽の推薦・証言、ブログやフォーラムでのレビューや議論を通じて、人工的な誇大広告を生み出す事などを含みます。レビューや意見が本物ではない(やらせではないか)と消費者に疑われ、企業の評判を損ない、訴訟に発展するなど、企業に悪影響をもたらす可能性があります。

ストリートマーケティングとは

ストリートマーケティングは、公共の場で製品やブランドを広告したり、宣伝したりするための様々な手段を指します。主な目的は、消費者にブランドや製品を思い出してもらうことです。

ストリートマーケティングは固定広告に限ったことではありません。製品サンプルや割引券を配布し、ブランドを強調しながら製品に関する問い合わせに答えるブランドアンバサダーを使用することも、ストリートマーケティングの一つです。消費者との物理的な相互作用は、従来の受動的な広告よりも大きな影響力を持っています。

 

ゲリラマーケティングはリスクが高い?

ゲリラマーケティングの性質上、誤解されないようにメッセージと目的を明確する事はとても大切です。意図したメッセージがターゲットオーディエンスに誤解されるリスクがあります。クチコミマーケティングの噂のような広がりは、一度リリースされると制御できず、メッセージの誤解やブランドに関する混乱を招く可能性があります。

もう一つのリスクは、タイミングを間違えた(または配置を間違えた)イベントで、消費者の利益に反すると認識される可能性があることです。

ケース1 : 犯罪と間違われる

例えば、米国アニメシリーズ「アクア・ティーン・ハンガー・フォース」のプロモーションのために、ボストン市周辺の金属面にはアニメのフィギュアが点滅するLED基板が何枚も取り付けられていました。

テロの後だった為、そのLED基板は爆発物と間違えられられ、地下鉄の駅・橋・高速道路が警察によって調べられ、キャンペーン用のLED基盤は除去・破壊されました。

ケース2 : 自治体の怒りを買う

また、怒りを買うかもしれないというリスクも評価に織り込み、それでも価値があると判断して実行される場合があります。

テキサス州ヒューストンでは、2013年1月にBMWの広告代理店であるストリート・ファクトリー・メディアが、ミニクーパーのレプリカ(発泡スチロール製)をダウンタウンのビルの側面に貼り付けた事件がありました。市によって取り締まられましたが、市の罰金というわずかな費用で、同社はヒューストン・クロニクル紙の一面広告を手に入れました。

ストリートマーケティングの問題点

ストリートマーケティングの主な問題は、路上動員キャンペーンは公共空間の使用を必要としており、合法的に使用するには政府や自治体の許可を得なければならないということです。これはチラシを配るなどの単純な作業にも当てはまります。

しかしながら、キャンペーンを実施するために必要な認可は、期間内に取得することが困難であることが多く、安全上の理由から認可を得ることができない場合もあります。さらに特定の都市部では、既にゲリラマーケティングキャンペーンを実施すること自体を明示的に禁止しています。結果的に、無断でキャンペーンを敢行するケースも見られ、トラブルに発展する場合があります。


【参考資料】
ゲリラマーケティング -Wikipedia (CC BY-SA 3.0) – https://en.wikipedia.org/wiki/Guerrilla_marketing
当記事の文章(テキスト)はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(Creative Commons license / CC license)に基づいて編集しています。(記事内の画像・デザインや映像の権利は個別のライセンスにより保護されている場合があります。)

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼動画編集について

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: