Skip links

パッケージでクオリティ主張 イタリア人流お米のこだわりとは?

陳列棚

日本の主食といえば王道「お米」。イタリアでもお米はパスタと並びPrimo Piatto(プリモ・ピアット、第一のお皿)として、欠かせない食材です。イタリア料理の一つとしておなじみのリゾットはもちろん、夏にはオリーブやツナ、チーズとあえて冷やしたお米のサラダ、そして甘いデザートとしてライスプディングに形を変えて、食卓を飾るときも。そんなイタリア人にも愛されるお米のパッケージとは?日本との文化の違いを大いに感じるお米の食卓での位置が、パッケージデザインにもどうやらじわっと現れているようです。

 

陳列棚には箱がずらり、種類がしっかりわかるのがポイント。

色々なお米

いくら親しまれる食材とはいえ、毎日かかさず食卓に…という程ではありません。「白いご飯」食文化圏外の国では1キロ単位の箱が主流。日本ではお米2キロで小袋のイメージですが、片手で取って、箱を眺めてポイっと買い物カゴに放り込めるお手軽サイズです。

お米の種類も豊富で、リゾットにはカルナローリ(Carnaroli)やアルボリオ(Arborio)ローマ(Roma)など、見た目がちょっと日本のお米に似た、大きめの水分を吸収しやすい種類のお米を使います。一方サラダにはお米同士がくっつかないパーボイルドライス(Parboiled)という、既に籾(もみ)を水に浸し、蒸され、乾燥した加工米を使うと、ふわふわでパラパラの食感が得られるそう。ただ、好みは人により分かれるので、日本のように白いお米の味わいを追求するよりは、用途に合ったお米を選んで買う感覚です。

 

中身の見えるパッケージデザインはハズレなし?

パッケージデザイン4種

お米の粒の大きさ、形がそろっているか、加工米なのかなど、お米を選ぶポイントを追求すると、やっぱり中身が見えるパッケージは安心感があります。大手食品会社の製品や、スーパーのブランド商品は、大半がおいしそうな調理済みの食品写真がメインビジュアルに。一方、オーガニック食品や限定農場での生産にこだわるメーカー、大手でも健康志向の商品で玄米や他の雑穀との混合が売りの商品は、中身が見えるパッケージが多い様子。品質にこだわる人の心を捉えるには、やっぱり本物を見せるべき。じっくり見て、触った気分になって購入したいものですよね。

 

こだわりの品質と驚きのアピール。「レ・スタジョーニ・ディ・イタリア(Le Stagioni d’Italia)」

行きつけのスーパーでお米売り場の陳列棚を見るたび「おやっまた凹んでいる…」と感じていた場所に置かれている(という事は結構購入されている!)ちょっと気になるパッケージデザイン。深緑の、まるで遠く上空から見た田畑をイメージさせるような、シンプルで落ち着いたデザイン、調理済みのイメージを入れず、透明フィルムで中身を見せるこだわりとそして…なんと「おまけ付き」パッケージじゃないですか!

お米のパッケージデザイン

レ・スタジョーニ・ディ・イタリア(Le Stagioni d’Italia)は、B.F. S.p.A. グループというアグリカルチャーグループが所有するフェラーラ、アレッツォ、オリスタノ、グロッセートにある9,600ヘクタールの広大な土地から直接原材料を調達、イタリアでイタリア料理に欠かせない作物を、高度な技術と革新的な生産プロセスを通じ最高品質の製品として提供しています。もちろんお米だけではなく、パスタやオリーブオイル、はちみつなどの製品もあり、特にパスタはイタリアの食品・飲料業界の企業が満を持して臨む「Product Food賞」において、2020年にPrimi Piatti部門の最高賞を受賞した本格派。本拠地でもなく、イタリア産業の中心とも言え人口も多い激戦区、ロンバルディア州の量販店にしらっと商品が置いてあり、加えて確実に購入されている気配も濃厚…。これだけで十分つわもの感が漂います。

気になるおまけの中身とは?

おまけ付きパッケージというのは、イタリアではチョコエッグ以外あまりメジャーではないイメージですが、このおまけ、ミラノの伝統料理「リゾット・アッラ・ミラネーゼ」を作るためには欠かせない「サフラン」なんです!

リゾット・アッラ・ミラネーゼ

サフランはリゾットの美味しそうな黄金色の素、見栄えと風味の決め手で、スーパーでも鍵付きプラスチックケースに入れられ、買うときはレジで鍵を開け中身を出してもらうというやや高額商品。アルボリオ米とサフラン、このコンビネーションはどう考えても心ひかれるセレクト。あぁ、ついつい筆者も普段は買わない価格帯のお米に手を出してしまいました。

サフランのパッケージ

サフランは1937年からサフランの販売を始め、アブルッツォ州ラクイラ県で立ち上げられた、イタリア初のサフラン販売専門業者として有名すぎるZaffy社の製品。箱の内側に小さな黄色のパッケージが、シンプルにのりで固定されていました。中身は薬包紙のような紙に包んであるサフランの真紅の粉。このパッケージを買って開けてしまったら、もうミラネーゼの食卓は決まったようなもの。

地元の素材を知り尽くしその品質にかける、そのために厳しい商戦にもアイデアを持って、熱いコンビネーションで挑む!「イタリアの食」にこだわる販売者の気合を感じる、そんなパッケージでした。 (なお、このお米とサフランで作ったリゾット、腰があって確かに美味しかったです。味とブランドだけで、一緒にしなくても売れる商品同士が合わさればそれは売れますよね〜。ある意味ぜいたくなこのおまけパッケージ、数カ月で陳列棚から消えました。残念!)


プロフィール_StudioMIRRO01

<プロフィール> スタジオ MIRRO
イタリア在住。フリーGデザイナー&イラストレーター。ライティングでは各種媒体の記事制作やタイトル作成に関わり、ソフトタッチなイラストと同様、フワッとあたたかさが伝わる文章を心がけています。

 

※掲載商品・パッケージ等のデザインは当サービスの制作実績ではありません。
最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: