赤いリードラインでアクセントを与えているチラシ作成例 -#505

赤いリードラインでアクセントを与えているチラシ作成例

チラシは2次元の静的な表現方法ですが、オブジェクトの配置や空白、リードライン(視線誘導線)などを上手く使うことで、見る人の意識を誘導できます。ここでは、リードラインを上手に使っているチラシ作成例をご紹介します。

 

赤いラインと鶏が印象的なチラシ作成例

赤いラインのチラシデザイン

グレーの背景と、鶏が中央付近に配置されています。鶏に重ねるようにして、メインキャッチが白抜き文字で書かれています。『SUNRISE』と読めます。すぐ下に曜日と日付が添えられているので、何かのイベントの名前なのでしょうか。『SUNRISE』の「N」の斜線部分に重なるようにして、中央付近から右下に赤いラインが引かれています。ラインの上には鶏の胸から上がのぞいており、どこからか鶏がひょこっと顔を出したように見えます。鶏の身体ととさかは彩度と明度を抑えた赤で、全体的に落ち着いた感じがします。

このチラシにおいて、赤いラインはリードライン(視線誘導線)として機能しています。ラインが始まる中央からだんだんと太くなっていき、ついには右下に突き抜けています。そこ何か情報があるわけではなく、ラインが始まる部分、メインキャッチがある中央に視線を集中させる役割をしています。鶏の背中からとさかにかけた線は右上がりのラインになり、下の赤いリードラインと共に、右側に向かって開く三角形を形作っています。人間の意識はチラシの左から右へと動きますので、右側に開く三角形は、前向きな印象があります。

抑えた色調と、今まさに「コケコッコー」と鳴き出しそうな鶏。シンプルな構成ですが、赤いリードラインを1本引くことで、これから何かが始まる、そんな期待感をこのチラシに与えています。

 

視線の誘導が上手くできないと思ったときは、思い切ってチラシのどこかにリードラインを引いてみるのもいいかもしれませんね。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

チラシデザイン制作料金について
チラシデザインの作成・提案事例へ


ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧




事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。