映像を操るVJとは?どんな仕事?

VJとは

VJとは

VJは広義のリアルタイム視覚的パフォーマンスを担う人を指します。VJの特徴は、音楽と同期して、オーディエンスに向けてリアルタイムで画像や映像を作成・操作する点です。

コンサートやクラブ、フェスなどのイベントで活躍する事が多く、時には他の芸能とコラボレーションすることもあります。これにより、音楽、俳優、ダンサーを含むライブマルチメディアパフォーマンスが実現します。

VJは、メディアのライブラリのコンテンツ、ビデオやDVDなどのストレージメディア、PCのハードドライブ上の映像および静止画像、ライブカメラ入力、それらをPC上でミックスしたビジュアルなどを、リアルタイムで処理します。VJの起源は70年代のニューヨーククラブシーンにまで遡るそうです。

VJが使用する機材

VJが使用するハードウェアは以下のカテゴリに大きく分けられます。

・ソースハードウェア…VJが操作できるビデオ画像を生成します。ビデオカメラやビデオシンセサイザーなど。

・再生ハードウェア…ディスクまたはテープベースのストレージメディアから既存のビデオストリームを再生します。VHSテーププレーヤーやDVDプレーヤーなど。

・ミキシングハードウェア…ビデオの複数のストリームを結合できます。ビデオミキサーやVJソフトウェアを使用するコンピューターなど。

・エフェクトハードウェア…特殊効果をビデオストリームに追加できます。色補正ユニットなど。

・出力ハードウェア…ビデオ信号を表示するためのものです。ビデオプロジェクター、LEDディスプレイ、またはプラズマスクリーンなど。

VJが使用するソフトウェア

VJが仕事で使用できるソフトウェアには多くの種類があり、Adobe Premiere、After Effects、AppleのFinal Cut Proなどの従来のノンリニア編集ツールは、VJのコンテンツを作成するために使用されます。

実際のパフォーマンス時は、専門のパフォーマンス用ソフトウェアを使用して、映像をリアルタイムで再生・操作します。

VJパフォーマンス用ソフトウェアは非常に多様です。コンピューターがアナログビデオミキサーの役割に置き換わり、複数のスクリーンまたはプロジェクターで構成される拡張キャンバスで映像を出力できるようにする機能が含まれています。

Modul8 や Magic などの専用VJソフトウェアは、ライブカメラ入力と組み合わせたビデオクリップの複数レイヤーを、リアルタイム処理のための洗練されたインターフェースが備わっています。 2000年代に登場した Resolume、NuVJ なども人気のソフトウェアです。


【参考資料】
VJ-Wikipedia (CC BY-SA 3.0) – https://en.wikipedia.org/wiki/VJing
当記事の文章(テキスト)はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(Creative Commons license / CC license)に基づいて編集しています。(記事内の画像・デザインや映像の権利は個別のライセンスにより保護されている場合があります。)

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼動画編集について

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

映像制作・動画編集依頼について

映像・動画編集業者をお探しですか?動画編集、映像制作料金・動画編集依頼の詳細はこちらから確認いただけます。

映像制作・動画編集

SSL

カード決済対応

銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: