ギネス認定のスピード感!バドミントンのフライヤーデザイン製作例 -#352

バドミントンのフライヤー製作例

バドミントンには個人的に簡単で穏やかそうなイメージがありましたが、今、ギネスブックに認定されているタイ人選手のスマッシュが、時速493km(初速)で打球の速さの点においては世界最速のスポーツとのことで、奥の深さを感じます。日本では実業団出身の選手によるレッスンや、大手ブランドによる試合など、イベントがあちこちで開催されていますが、いったいどんなフライヤーが作られているのでしょうか。今回は製作例を3つ、まとめてみましたのでご紹介します。

 

小中学生向けの演出を感じるバドミントンのフライヤー

バドミントンのフライヤーデザイン1

こちらは若者向けに開催されたバドミントントレーニングのフライヤーテンプレートです。日本の広告制作で意識されることの多い5W1Hの法則(誰が何時どこで何をなぜどのように)への意識より打球の速さを表現したビジュアルで、主なターゲットの7歳から13歳男子に向けたデザイン。特徴的な構成がされています。

 

カジュアル・シンプルなバドミントンのフライヤーデザイン

バドミントンのフライヤーデザイン2

こちらは試合の周知を目的に作られたフライヤーテンプレートです。気軽な場面で使いやすいカジュアルな配色がされています。アクセントカラーがうまく、開催日時へ視線を誘導しています。

 

ビンテージ感の演出が巧みなバドミントンのフライヤー制作例

バドミントンのフライヤーデザイン3

ウィキペディアによれば、バドミントンの発祥は1820~1873年頃とされています。こちらはトーナメントに使用されることを想定して作られたフライヤーデザインで、年月を感じる配色が特徴的です。優勝賞金など日本にはない表示項目がありますが、日本の場合は駐車無料などアクセス面での特徴を目立たせてレイアウトすることもあります。

 

今回はバドミントンをテーマにいくつかのフライヤー製作例をまとめました。バドミントンの人気はメジャースポーツに押されていると言いますが、また違う魅力をもったスポーツです。特に瞬間的なスピードは見て楽しいものでもあり、トーナメントや試合など、それぞれの場面でまずは「なぜどんな人に必要とされているか」を明確にして構成できれば、デザイン制作から納品まで安心してご依頼頂けます。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

チラシデザイン制作料金について
チラシデザインの作成・提案事例へ


ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧




事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。