Skip links
中途採用について

中途採用向けの採用パンフレット作成のコツ

中途採用について

キャリアプランなど、入社案内には具体性のあるコンテンツが重要

中途採用者を募集する場合は、正式に働くことになってからの具体的な働き方を示してあげることが重要です。新規採用などとは違い今まで仕事を続けてきている人が対象となるため、採用されてからどのような仕事をすることになるのかがわかるように作成することが必要になります。

採用パンフレットデザインの依頼はこちら

中途採用パンフレットを作成するポイントは、手に取って内容を確かめたいと感じてもらうことが大切です。会社の内容をしっかりと掲載してあることが重要で、入社後のイメージを浮かべやすくしなければいけません。入社してから自分に任せてもらえる仕事の内容がわかれば、今後の人生設計などを立てやすくなります。自分が今までの会社でどのような仕事をしてきたのかを確認することにつながるため、そのキャリアを生かして働くことに対してモチベーションを上げることが可能です。

採用パンフレットに仕事の詳しい情報を掲載してあれば、入社後のイメージを浮かべやすくなります。入社後のイメージを正確に判断することができれば、自分に足りない知識や技術などを習得していこうと考えることにつながるのが大きな特徴です。採用パンフレットにキャリアプランが掲載してあると、目標だけではなく自分を宣伝する材料としても活用できるメリットがあります。

 

入社案内で転職者・キャリア採用への意欲を伝える

キャリアアップ

中途採用を目的としたパンフレットを作成する場合は、企業などがどの程度本気で考えているのかを伝えることが必要不可欠になります。企業などが必要としている人材のキャリアなどをしっかりと伝えることで、中途採用を希望している人たちに関心を持ってもらうことが可能です。必要としている人材について具体的な内容を記載していない場合は、正式に採用されてもどのような仕事をすることになるのかがわかりません。これからの自分の生活などのイメージを掴みにくくなるため、優秀な人材を集めることが難しくなってしまいます。

中途採用者は今まで仕事を続けてきた人になるため、新規採用者よりも能力が高い人が大勢いるのが特徴です。必要としている人材などのキャリアを掲載しておくことで、採用してから早期に戦力として働くことが可能になります。採用した後に任せる予定の仕事などを伝えることで、意欲的に人材を探していることを相手に知らせることが可能になるのがメリットです。採用後の仕事内容などがわかれば、同じ仕事内容を希望している中途採用者に注目してもらうこともできます。今までよりもキャリアアップすることが転職の目的となるため、パンフレットに採用条件などをしっかりと記載しておくことが大切です。

 

企業のブランドや特色を伝えるパンフレットデザインに

ブランド力

採用パンフレットは、説明会などで配布されるものですが、企業の情報をわかりやすくまとめたもので中途採用者にとってはどのような企業があるのかを知る事ができる重要なツールです。それだけに、印象が薄いものは繰り返し読もうという意欲がなくなり、応募しようとは思わなくなります。

では何が必要なのかというと、パンフレットのデザインを練ることです。大事なのはコンセプトを持つことで、芸術性を追求したデザインにするのか、それとも温もりや親しみのあるデザインにするのか、といったことを考えなくていけません。象徴となる的な色やロゴがあるならば、それを生かすとよりイメージを伝えやすくなります。具体的にどのようなデザインにすれば良いのかは悩むところです。他社の採用パンフレットのデザイン等を参考にしてみると良いでしょう。

多くの人に興味を持ってもらうためには、興味が持てる表紙のデザインにすることが重要です。優れた中途採用者を集めたいと考えても、自社に関心を持ってもらわない事には応募者を集めることはできません。インパクトのある表紙を作成した後は、ブランドの強みやアピールできるポイントなどをパンフレットに掲載していきます。会社の特色などを伝えるためには、取り扱う製品の内容やサービスなどを紹介していくことが大切です。

中途採用向けの採用パンフレットを作成する

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: