学会ポスターを作成する時のポイントについて

学会ポスターを作成する時のポイント

学会ポスターにはどのような役割があるのか

特定の分野や物事に精通している方々が集まり、一つもしくは複数のテーマに関して話に耳を傾ける事が主な学会の活動内容ですが、一般的には難しく感じられてしまう事案を取り扱いしている上に、分野が物事がピンポイント的であるからこそ参加者の絶対数が少なくなりやすく参加者が固定化されがちです。

そのような絶対数が少ない上に参加者が固定化された状態が継続的に続いてしまうと、取り扱いしているテーマの発展に繋がっていかないですし、興味関心を持つ方が少なくなり研究者の数も減少してしまう可能性もあります。

そこで、学会が開かれるという事実をできるだけ大勢の方々に向けて報知する必要性があるのですが、不特定多数に向けて報知するのは今日におけるインターネットを利用しても難しいものです。そうした状況下で現代においても不特定多数の人々に効率的に知って頂ける方法としてあるのがポスターであり、目につくような紙面に仕上げて掲示すれば結果的には参加者と共に有識者を増やすことに繋がります。

専門的な知識を持ち合わせていない人もポスターを見ることが多いため、難しい表現ばかりではなくわかりやすい内容にすることが大切です。専門的な内容を知識のない人でもわかるように、噛み砕いた内容にまとめなければ興味を持ってもらうことが難しくなります。

学会内での研究などをポスターという限られている紙面上にまとめる場合は、作成する人や発表者も内容をもう一度確認する作業が必要です。発表する時には集まった人たちへのプレゼンテーションをするため、自分たちの研究を再確認する役割も持ち合わせています。学会ポスターには、発表する研究内容などをわかりやすく作成することが大切です。

 

会場のスペースに応じてポスターサイズを検討しよう

大きな学会会場

学会の発表する場には、大勢の研究者たちが各地から集まってきます。普段から研究を進めている部屋などと比較すると、会場のスペースは大幅に広くなることに注意をしなければいけません。通常の研究で使っている紙のサイズでは、広い会場に集まる人たちに内容を知らせることができません。通常のポスターよりも、少し大き目になるサイズで作成することが大切です。

会場のスペースに合わせてサイズをいろいろ選択することができるので、ポスターの中に記載する研究内容などと一緒に考えることが重要になります。学会ポスターで利用されることが多いのは、A0やA0サイズのロングなどです。会場スペースが広い場合は、A0サイズより長いポスターを掲示することもできます。

 

小さな学会会場

とは言え、一言で学会と言っても開催する方の知名度や取り扱う事柄の興味関心の度合いにより、会場に指定されている場所まで足を運ぶ参加者の人数は著しく変化するものです。当然、まだ発見されて間もない新しい事柄について発表する時には参加者数が少ない傾向にあり手配する事ができる会場の数も小さいです。

一見、ポスターと言えば否が応でもサイズが大きい方が影響力が強くもたせられるという認識がされていますが、会場の大きさに比較してポスターが大きすぎるようでは全体像が見難く逆効果に繋がってしまいます。

また、近年ではポスターをスマートフォンで撮影した後に個々のSNSのアカウントに投稿するという様子もよく見られるので、スマートフォンで撮影しやすい規格にするのも良いでしょう。

 

プレゼンテーションに用いるパネル・ポスターデザインはシンプルに

プレゼンテーション

説明を行う場合や新たに発見した事実について説明をする時にはついプレゼンテーション用のポスターのデザインにも力が入るものですが、あまりにもデザインに注力し過ぎてしまうのは大きさを無駄に大きくしてしまう時と同様に逆効果に繋がります。

ポスターをデザインする時に念頭に置いておくべき事は常にシンプルな見た目を意識するというものであり、色々な情報を詰め込みたいという意識を持っていたとしても本当に重要性が高い事柄以外はデザインに盛り込まない方が良いでしょう。

また、ポスターのデザインには最低限の内容のみを記述しておき、興味関心を惹かせた上で実際に学会の現場で情報を補っていく様子の方が満足度や訪れる参加者数を増やすことに繋がるでしょう。

タイトルでまず興味を持たせる

学会のプレゼンテーションで利用するポスターやパネルを作成する時は、多くの人から注目を集めるデザインにしなければいけません。注目を集めるために注意しなければいけないことは、発表する研究内容のタイトルを目立つようにデザインすることです。

タイトルが目立っているポスターやパネルの前では、自然と足を止め内容を確認したくなるものです。記載するタイトルには、自分たちが進めてきた研究内容がすぐにわかるようにすることも大切です。注目を集めやすいポスターの特徴は、内容を細かく記載しているものではありません。研究発表する内容をシンプルにまとめわかりやすく表現してあることが、プレゼンテーションで用いるポスターやパネルに必要なデザインです。

学会ポスターを作成する

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

ASOBO DESIGN™ とは

チラシデザイン・ポスターデザインのASOBO DESIGN

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

 icon-envelope-o 

デザインの見積もり・制作依頼はこちら

©ASOBO DESIGN

■デザイン・記事内容はASOBO DESIGN又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン_s 書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。   タイトルまわりのチラシデザイン 書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。     adobemaxロゴ Adobe MAX Japanにて制作デザインが展示されました。   チラシデザインが紹介されました 書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。   ファッションマガジンにデザイン掲載 インターナショナルファッション誌"En Vie Fashion Magazine"内にデザインが掲載されました。   asobo design factoryがデザイン誌に掲載されました デザイン総合情報誌「MdN」にてWEBサイトが掲載されました。   CD制作ガイドに掲載されました インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてインタビューを受けました。  

NEWS&PRESS情報一覧




事業概要

ご利用規約

ASOBO DESIGN™ではチラシやポスターのデザイン制作をはじめとした、様々なデザインサービスを行っています。