Skip links
用紙サイズ-B8

B8サイズの大きさとは – B判用紙寸法

用紙サイズ-B8

B8サイズの大きさ

【B8用紙サイズ:64×91mm】

B8用紙サイズ

身近なものとB8用紙のサイズ比較

B8用紙サイズ比較

用紙の大きさは、印刷業者やデザイナーであればご存知だと思いますが、実際にどのような規格になっているかまでは詳しく知らない人が多い思われます。A4やB4等は非常になじみがあるかもしれないですが、B8の存在を知っている人はあまりないかもしれません。

そもそもこの大きさをどのように決めているかと言えば、まず一番大きい面積としてB0を知っておく必要があるでしょう。B0は1030×1456mmの長方形のことを指します。これを半分にしたものがB2、さらに半分にしたものがB3という具合に、徐々に半分のサイズになっていきます。B8サイズにまで進むと、64×91mmの大きさになっており、かなり小さいことが分かります。非常に小さなサイズのため、通常これの規格用紙を見かける事はありません。ほとんど利用者がいないからです。この大きさを利用する場合には、かなり特殊なものを発行する場合に限られてくるでしょう。一般にお目にかかることができませんが、実際にはこのような大きさの用紙が在ることを知っておくと便利です。

B8チラシの作成依頼はこちら

B8サイズの印刷物にはどのようなものがあるか

B8サイズの用途について

B8サイズはほとんど目にかかることがありません。チラシなどの商業印刷物ではありませんが、例えば、小型化された写真などをこのサイズにすることはあります。証明写真などで使われるものがこの大きさになるケースがあります。とはいえ、証明写真といっても履歴書などで使うものではなく少し特殊な形になります。

名刺サイズ(55×91mm)もB8サイズに近く、変形名刺として利用する場合もあるでしょう。実際の名刺サイズ(55×91mm)はもう一回り小さいサイズですので、名刺ケースなどに収納できないデメリットがあります。

 

B8サイズのまとめ

B8サイズはどのようにできていること言えば、B0サイズの大きさを知っておくとよいでしょう。1030×1456mmの四角形になっており、数字が小さくなって行くごとに長さが半分づつ小さくなっていくのが特徴です。実際にB8規格を利用する場合には、写真サイズとして利用することがあります。また、名刺として利用する場合もありますが、一回り大きくなるため利用には注意が必要です。

B8サイズのフライヤー・チラシを作成する

用紙サイズの一覧表はこちら

 

★用紙サイズ早見表

A0サイズ 841×1189mm A0の面積 : 約1平方メートル
A1サイズ 594×841mm A0の半分のサイズ
A2サイズ 420×594mm A1の半分のサイズ
A3サイズ 297×420mm A2の半分のサイズ
A4サイズ 210×297mm A3の半分のサイズ
A5サイズ 148×210mm A4の半分のサイズ
A6サイズ 105×148mm A5の半分のサイズ
A7サイズ 74×105mm A6の半分のサイズ
A8サイズ 52×74mm A7の半分のサイズ
A9サイズ 37×52mm A8の半分のサイズ
A10サイズ 26×37mm A9の半分のサイズ
A11サイズ 18×26mm A10の半分のサイズ
A12サイズ 13×18mm A11の半分のサイズ
B0サイズ 1030×1456mm B0の面積 :約1.5平方メートル
B1サイズ 728×1030mm B0の半分のサイズ
B2サイズ 515×728mm B1の半分のサイズ
B3サイズ 364×515mm B2の半分のサイズ
B4サイズ 257×364mm B3の半分のサイズ
B5サイズ 182×257mm B4の半分のサイズ
B6サイズ 128×182mm B5の半分のサイズ
B7サイズ 91×128mm B6の半分のサイズ
B8サイズ 64×91mm B7の半分のサイズ
B9サイズ 45×64mm B8の半分のサイズ
B10サイズ 32×45mm B9の半分のサイズ
B11サイズ 22×32mm B10の半分のサイズ
B12サイズ 16×22mm B11の半分のサイズ

 


error: