Skip links

印象深くかっこいい名刺を作るためのテクニック

かっこいい名刺の作り方

かっこいい名刺を作ろう

自分で作ってみる

かっこいい名刺は印象に残るような作り方をする事が大切になります。自分で作ることが出来る方はパソコン等を利用して作成することが出来ます。自分で作るとオリジナリティに拘る事が出来るものが作れるのでおすすめです。

名刺デザインをデザイナーに依頼してみる

自分で作るのが難しい場合はかっこいい名刺を作るためにデザイナーの方に相談をするのも一つの手段です。 デザイナーの方なら色々な作り方を知っているので、自分の会社のイメージに合う名刺デザインが仕上がりやすいでしょう。 ある程度の構想を伝えておくことで、デザインをして頂くことが出来るようになるため、安心です。デザインに拘る事が出来るようになると他に名刺とは差別化することが出来るようになります。デザイナーとの打ち合わせなど時間がかかることも多いですが、良いものを作る為の方法としてはおすすめです。

名刺デザインの依頼はこちら

見せ方でかっこよさを演出しよう

名刺のフォント

名刺の文字(フォント)にこだわってみる

特に文字は目立つ色を利用して筆記体などにすると更にカッコ良さを出すことが出来ます。 一般的なゴシック体をただ利用するのではなく、文字にも拘りを持つのがかっこいい名刺の作り方です。

 

名刺の材質

名刺の材質にこだわってみる

他にも作り方のテクニックとしては、材質に拘ることです。デザインが良いものを作ったとしても材質が良くなければ見栄えをよく見せることが出来ません。普通の紙を利用するのではなく、高級な材質の物を利用することで更によく見せることが出来るようになります。手触りなどにも追求をすることで、より高級感溢れる名刺を作ることが出来るようになり、カッコ良さを引き立たせることが出来るのでおすすめです。 材質が良いものなら手に持った時にも相手の方に良い印象を持ってもらうことが出来るようになります。 保管をする時にも大切に扱ってもらうことが出来るようになるので安心です。材質が良くなると見た目も良く見せることが出来るようになります。また渡す時にも手に持った時のインパクトが他の名刺とは異なるので、相手の記憶にも残るようになります。

名刺制作についてはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: