錨をモチーフにしたロゴデザイン例 -#173

錨をモチーフにしたロゴデザイン

ヨーロッパでは、愛や誠実さの象徴として古くから親しまれてきた、「錨(アンカー)」。陸上競技や水泳などのリレー競技での最終走者や、テレビの報道番組で中心となってニュースを掘り下げる人のことを「アンカー」と呼びますが、もともとは「希望を託す」という意味が込められているのだそう。そんな人気のモチーフ、錨をあしらったロゴデザイン例を特集します。

 

レコードと錨をうまく組み合わせたロゴデザイン

レコードと錨を組み合わせたロゴデザイン

「RECORDS」の文字があることから、レコード店かレコードレーベルのロゴデザインであることがわかります。下半分にレコードをあしらい、中心に錨を配置していてうまく連続性を保っていますね。スタイリッシュなモノトーンですが、粋がったところのないデザインで、好感が持てます。デザイナーが意図しているかどうかはわかりませんが、錨がにっこり微笑んでいるように見えるのも素敵。

 

錨をイニシャルに埋め込んだロゴデザイン

錨をイニシャルに埋め込んだロゴ

中央にイニシャルと錨を配置し、ロープでぐるりと囲んだデザイン。ヨットやモーターボートといった小型の船舶を係留しておく港、マリーナのために作られたロゴデザインのようです。よく見ると、「H」が縦に二つ並んでいて、錨もスペルの一部を構成しています。一色使いのシンプルなロゴですが、細部までよく練られた作品です。

 

力強いタッチで錨を表現したロゴデザイン

力強いタッチで錨を表現したロゴ

錨をエンブレムにあしらったようなロゴデザインです。中央にある「SINBAD」の文字が。あの『千夜一夜物語』のなかの『船乗りシンドバッドの物語』の主人公を務める船乗りのこと。ロゴの力強いタッチが、大海原で大冒険するシンドバッドにふさわしいですね。

 

錨は停泊中も潮の流れや波、そして風と、さまざまな力を受ける船を、決められた位置にしっかり係留させておくための装置です。ずっしりとした重さがあることから、強さや安定性のシンボルとされることもあります。また、何よりアイコンとして人気があるのは、そのユニークな形状あってこそ。錨のモチーフを使うことで、「海なるもの」を手っ取り早く表現している秀逸なデザインに乾杯です。

 



「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ロゴデザインの作成について

ロゴ作成の依頼・制作料金について
ロゴ作成は予算や要望に応じたプランからお選びいただけます。お求めやすい価格でロゴの制作依頼が行えます。詳しくは上記リンクより制作料金プランをご覧ください。

ロゴデザインの作成・提案事例
ロゴの制作実績を掲載しています。会社・商品・ブランド・団体など、カテゴリ別にロゴのサンプルをご覧いただくことも可能です。

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。