ソーシャルメディアで目立つ方法 2017

ソーシャルメディアで目立つ方法 2017

今回はソーシャルメディアマーケティングワールド2017から帰ってきたばかりの二人のホットな情報「ソーシャルメディアで目立つ方法」についてご紹介したいと思います。中小企業のブランディング構築をするためのコンテンツ創造をサポートする「Andrew and Pete」。彼らはコンテンツマーケティング会社を運営する傍ら、YoutubeチャンネルでブログやSNSの活用法を指南しています。※記事掲載は許諾を得ています。(Thank you, Andrew and Pete!!)

以下翻訳内容です。


 

アンドリュー(左  以下A):やあみんな!ソーシャルメディアマーケティングワールド2017から帰ってきました!僕たちの思うハイライトをご紹介します。

ピート(右  以下P):始めよう!

A:この動画では、あなたのソーシャル戦略に役立つような今回のカンファレンスでのトップ統計値や新しいアイデアを紹介しますが、ここで一つだけ最も僕たちが重要だと思ったことについてお話させてください。

P:ソーシャルメディアとコンテンツマーケティングは今や2つの異なるものではありません・・・!これがどういう意味なのか、そしてなぜこれが「ソーシャルメディアで目立つ方法」の答えなのかを教えましょう。

 

ソーシャルメディアで目立つ方法

1:コンテンツは量から質へ

A:最近では、ものすごい量の様々なコンテンツがソーシャルメディアにあげられています。ソーシャルメディアで目立つためには、もう計算だけではだめで、自分のコンテンツを「見てもらうために」努力しなければなりません。少し前は、アップロードの頻度が高ければ注目を集めることができましたが、最近はそれも通用しません。実際、時間というものに基づいたやり方ではなくなってきているんです。Facebookやその他のSNSにログインすると、「昨日の」投稿を見ることができますよね。これは、今やソーシャルメディアプラットフォームは時間軸に沿ってコンテンツを表示するのではなく「リアクションを得ている」投稿を表示しているからです。

P:・・・リアクション!!ね!!!ですから、ソーシャルメディアで目立つためにはコンテンツを作って作って作りまくることに集中するのではなく・・・

A:しかも全然面白くないコンテンツをね。

P:もっとすごく素晴らしくファンタスティックで最高で・・一番の・・・コンテンツを作成することに集中するべきなのです。例えそれによって更新頻度が減ったとしても。

A:でもそれはどうやってするんでしょう??

P:まず、僕たちの「Remarkable contentザ・ムービー」をでも紹介していますが、人々から反応を得るコンテンツの作成に集中することが大切です。顧客のどんな問題を解決できるか考えたり、ターゲット消費者のどんな感情を呼び起こしたいのか考えたり・・。


どうすれば彼らが幸せになるのか、スマートになるのか、楽しくなるのか、驚くのか、不快になるのかを考えることです。そして何より重要なのは、あなたがそのメッセージを伝える際にライバルたちにどうやって差をつけることができるか。

A:それら全てができれば、ソーシャルメディアとコンテンツマーケティングにおける最大の問題を解決することができるのです。だから、あなたは他の人とどう違うのかを見せていく必要があります。多少の時間がかかるかもしれません。でもその時間の価値は十分にあります。

P:まあそういうことなんですけど、さっき約束した通り統計値とアイデアについても見ていきますよ!

 

2:マーケターによるライブ配信の増加

A:マーケターたちの28%がライブ配信を使っている。これは昨年の二倍の数字です。ライブ配信をもっと活用したいと思っているマーケターたちは61%です。ライブ配信の人気はまだまだ衰えないようです。あなたはどうですか?ライブ配信、使っていますか?

P:この先の数年間で、ボットや人工知能がソーシャルメディアのマーケティングで重要な役割を果たすことになるでしょう。時代はとても大きく、早く変わっていきますよ。気を付けてくださいね!

A:Facebookはメッセンジャープラットフォームに力を入れています。Facebookメッセンジャーが次世代を風するかどうかはわかりませんが、一般的にメッセンジャープラットフォームに注目しておきましょう。

 

3:ビジュアルはマーケティングの大きな資産

P:最後に、インスタグラムは今とてもHOTです。昨年爆発的なイノベーションを可能にしたインスタグラムは今や6億人のユーザーを持つ2番目に大きなSNSです。さらに、ある調査では、マーケターの41%が「ビジュアルがソーシャルメディアにおいて最も重要な資産だ」と答えました。
ブログや動画、ポッドキャスト以上に、ですよ。クレイジーですよね。これであなたも、これからはもっとインスタグラムを真剣に捉えようと思いましたか?

A:ソーシャルメディアマーケティングワールド2017の報告はこれくらいですが、本当に楽しかったですよね?本当に今までで一番楽しかったです。来年は僕たちと一緒に来てくださいね!チケットがまだ安価なうちに下のリンクから購入して、来年僕たちと一緒に行きましょう。

P:動画の詳細欄のリンクから僕たちの「Remarkable Content ザ・ムービー」の無料チケットが貰えます!それから、チャンネル登録もお忘れなく!

A:では、アンドリューと、

P:ピートでした!

A:また来週!

Created by Andrew and Pete

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!



サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error: