Skip links
歯科医院のパンフレット作成について

歯科医院のパンフレットを作ろう!何を掲載するべき?

歯科医院のパンフレット作成について

歯科医院のパンフレットを作ろう!興味持って来院してもらうためには何を掲載するべき?

歯科医院のパンフレットは、患者が「どんな歯科医院かもっと知りたい」と思った時に大いに役立ちます。しかし、実際パンフレットを取ってもらえるように工夫をしたつもりでも、なんだか思ったよりも見てもらえていない…と感じている方もいるのではないでしょうか。

見てもらえないのは、掲載する内容が患者が探している情報ではないことが載っているからかもしれません。こちらでは、興味を持って来院してもらえるようにするために何を掲載すれば良いのか紹介していきます。

 

歯科での治療の流れを記載する

歯科での治療の流れについて

ついパンフレットというと、歯科医院の案内図のようなものを入れることもあります。

どこに処置室があり待合室があるかというような内容になってしまいますが、実際は患者の立場からするとどの部屋がどこにあるという情報は重視していません。

ほかの歯科医院にはない特別なルームや内装があれば紹介しても良いですが、どこにでもあるような基本的な情報は省略しても良いでしょう。

それよりも、通った時にどんな治療の流れで進んでいくのか、その工程は何に必要かなどを記載しましょう。虫歯があったら削って今ある歯を大切しながら治療するなど、当院としての特徴を記載すると良いでしょう。

見ている側も、この歯科医院であれば虫歯になったらすぐに抜いてしまうのではなく、できる限り今の歯を大切にしてくれる病院なんだとわかります。

特徴がわかるとほかの歯科医院との違いがよくわかり、安心して通えます。

 

自由診療等のメリットを入れる

歯科診療

患者の立場からすると安いのが公的な保険適用の治療だと思っていて、自由診療は高いイメージが先行している場合もあります。

しかし、価格が高くなっても、自由診療を取り入れるとさまざまなメリットがあるものです。歯科医院のパンフレットでは、自由診療のメリットについても記載するようにすると良いでしょう。

なんとなく歯の治療は保険を使ってと思っていた方も、自由診療のメリットを改めてパンフレットで確認して気持ちが変わるかもしれません。詳しく内容がパンフレットに記載してあれば、本来持ち帰るつもりがなかった方が手に取って自宅で改めて読んでくれる可能性も高くなります。

自由診療では治療方法や材料なども変わり、高い分その方に合わせた治療が行えます。虫歯の状態を見て、1回の時間を長く集中的に治療ができるなどメリットも多いでしょう。

まだまだ知らない方も多いので、パンフレットで情報発信をしましょう。

 

歯科メンテナンスの重要性

歯科メンテナンスについて

虫歯がないと思っていても、歯周病になりかけているなど患者本人が気が付いていない病気にかかっている可能性もあります。

その場合、歯科メンテナンスの重要性を伝えておけば、虫歯の時だけでなく通う必要性をわかってもらえます。

どんな流れでメンテナンスを行っていくのかも一緒に載せておくと、いざお願いしたいと思った時イメージしやすいでしょう。

 

まとめ

歯科医院のパンフレットを作る時には、院内の場所の説明などは簡潔にしましょう。それよりも、患者にとって新しく聞く情報や得になるものを掲載すれば、興味を持って見てもらい来院してもらえるきっかけとなります。

掲載する内容で興味を持ってもらえるかもらえないかは変わりますので、工夫が大切です。

 

パンフレットの作成依頼はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)




サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


Home
ご依頼・お問い合わせ
Top
error: Alert: Content selection is disabled!!