Skip links
横断幕デザイン

かっこいい or おしゃれな横断幕デザインのコツとは

横断幕デザイン

横断幕のデザインはかっこいい or おしゃれなデザインを意識しましょう。横断幕は見て内容を認識してもらうことに意味があるので、見てもらえるデザインを意識してください。

ここでは、見てもらえる横断幕のポイントについて紹介していきます。

 

デザインのテーマを決定する

スポーツの応援に

インパクトのある横断幕にするコツは、人目を惹くデザインにすることです。かっこいい、おしゃれを意識すれば、イキイキとしたデザインになります。横断幕のデザインを決めるうえでポイントとなるのは、テーマを決めておくことです。

テーマをシンボルにすれば目立ちますし、目的を明確に伝えることができます。たとえば、サッカーに関する横断幕を制作するのであれば、目立つ場所にサッカー選手やサッカーボールのイラストを入れるという感じです。チームを応援する場合は、ロゴなども必要でしょう。

横断幕には、宣伝・広告としての意味合いもあるため、当事者以外でもすぐにわかるようなデザインにする必要があります。マスコットキャラを入れれば、キャラの宣伝も同時に行えます。

 

シンプルなデザインを心がけよう

シンプルこそ大事

デザインはあまりごちゃごちゃにならないようにしましょう。シンプルイズベストという言葉があるように、シンプルで見やすい横断幕はかっこよく、おしゃれに仕上がります。

横断幕の制作においては、制作者の独りよがりが出てしまうことが少なくありません。本人はかっこいいと思っていても、周りから見ると派手すぎる、ごちゃごちゃして見にくい、などと思われている可能性があります。

横断幕制作において絶対に外せないのが視認性です。見やすいデザインにすることを追求すれば、自ずとかっこいいorおしゃれなデザインに近づきます。他社や他チームの制作した横断幕を見てみて、これはいいと思ったデザインを参考にするのもありです。

 

目的に合わせた横断幕デザインにする

カツ丼の広告写真

横断幕の目的を伝えるためには文字情報が必須となります。文字は視認性を重視し、遠方からでも見やすくするのがポイントです。赤い背景に白文字を入れるというような白抜き文字は非常に目立ち、文字を読んでもらえる確率が高くなります。

文字は、パッと見た瞬間に内容を認識できるのが好ましいです。そのためには、文字数を増やしすぎないことも大切でしょう。文字数が増えれば増えるほど、1文字が小さくなるので見えにくくなってしまうからです。

レストランの宣伝手法として横断幕を活用する場合は、相手の食欲を刺激することがポイントになります。たとえば、カツ丼をアピールしたいのであれば、カツ丼のイラストや写真を大きく使用するのがおすすめです。カツ丼という文字だけのデザインよりも、圧倒的にアピール力が高くなります。

臨場感やリアルさを演出するのであれば写真が適切ですが、店舗のイメージによってはイラストのほうが良い場合もあるでしょう。和風料理を提供する店舗ならば、フォントはあえて筆文字にするなど、店舗のイメージを損ねないことが結果的に似合うデザインを実現してくれます。

 

まとめ

横断幕は、注目してもらってこそ意味があるのです。シンプルで見やすい横断幕デザインは視認性が良く、同時にかっこよさ、おしゃれさを演出できます。

制作前にはテーマを決めておき、必要に応じてイラストや写真を取り入れましょう。文字に関しても見やすくなるように、フォントや文字数などを調整してください。

 

横断幕のデザイン依頼はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)




サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


Home
ご依頼・お問い合わせ
Top
error: Alert: Content selection is disabled!!