Skip links
ロゴの展開

繊細な表現が魅力的なメキシコのデザインスタジオEstudio Albinoのブランディング例

ロゴの展開

メキシコの古都グアダラハラを拠点に活動しているデザインスタジオEstudio Albinoは、自身を「可能性を実現するための白紙のページ」であると表明しています。固定観念にとらわれることなく、自由な発想でブランディングをおこなう、という宣言です。

同スタジオの作例を見ると、ほかにないオリジナリティのあるアイデアをたくさん見つけられます。しかし、そのアプローチは、足に地のついた、正統派とも言えるものです。その上で、ていねいで緻密な作業がおこなわれていることを感じます。自然や色、文字に対する、繊細な感受性がうかがえます。※記事掲載はデザイナーの承諾を得ています。(Thank you, Estudio Albino!)

 

先住民伝統の品質を表現するロゴとパッケージデザイン

はちみつのブランドのアートワーク

あたらしいはちみつのブランド「Amantoli」のブランディングをEstudio Albinoは手がけました。ブランド名は、メキシコ先住民のことばで「職人技」を意味します。ミツバチと花、すなわち自然と共存しながら、何世紀にも渡って受け継いできた製法で、高品質のはちみつを提供するのがAmantoliです。

15世紀以降のスペイン植民地化よりもはるかに長い歴史を持つ先住民は、現在でも恵まれた環境にあるとは言えません。伝統的なはちみつの良さを知ってもらうとともに、製造者とのフェアトレードを実現させることも、Amantoliは目指しています。

はちみつの質感を持つロゴタイプ

はちみつの質感を持つロゴタイプ

ロゴタイプの書体は、ひげを取り去ったセリフ体のようなデザインです。極端に細くしたストロークやスワッシュ(ひげ飾り)が、流れるはちみつを表現しています。ほかにも、たれるはちみつのような「A」や「a」のストローク、「t」の上端、「i」のドットなどからもはちみつを感じます。

ロゴの展開

はちみつの雰囲気を演出しながらも、遊びすぎてカタチがくずれるようなことはありません。製品のクオリティを感じさせるデザインです。容器のラベルやビジネスカードでは、ハイグレード製品にふさわしく、ゴールドで箔押しされます。

手と花でブランドストーリーを表現

ブランドストーリー

はちみつは何種類かあり、それぞれ異なるテーマカラーが割り当てられています。ラベルを飾るイラストは、パリ在住のイラストレーターStéphanie Desjeunes氏が描いたものです。みつを集めた花を持つ手が共通のモチーフとなっています。

手と蜂のイラスト

このイラストは、はちみつの種類を表しているだけでなく、はちみつ作りに関する先祖代々の知識や、いま実際に作業をしているはちみつ生産者を象徴しています。先祖伝来の高品質な高級品の背景にあるストーリーを、オーガニックでやさしいタッチのイラストが魅力的に伝えているのです。

 

ブランドのストーリーをまとった高級テキーラのデザイン

高級テキーラのデザイン

シャンパンやコニャックと同じくテキーラも、特定の地域で、決められたとおりに管理・製造された製品以外は、テキーラと名乗れません。原料としては、ハリスコ州などメキシコ国内のいくつかの州で育てられたブルー・アガヴェ(アガヴェ・アスール)を51%以上使わなければならない、などの条件があります。

ほかのものを一切加えず、ブルー・アガヴェだけで作られたテキーラは、ラベルに「100%アガヴェ」と表示され、プレミアム・テキーラと呼ばれます。Estudio Albinoがブランディングを依頼された「Primo 1861」もプレミアム・テキーラです。

先駆者としての誇りを凝縮したラベルデザイン

ブランドのカラーパレット

ハリスコ州には、テキーラの名前の由来となったテキーラ地区以外に、農場や蒸溜所が集まったエリアがいくつかあります。そのひとつであるアランダス地区の最初の蒸溜所は、ペドロ・カマレナ(Pedro Camarena)によって1861年に作られました。しかし、20世紀初頭のメキシコ革命のときに、この蒸溜所は焼け落ちてしまいます。

ペドロ・カマレナにちなんで、あたらしく作られたのが、テキーラ「Primo 1861」です。ブランド名「primo(プリモ)」は、英語の「prime(プライム)」と同様に「最初」「最高」を意味します。

Estudio Albinoは、ブルー・アガヴェの色と、伝統的な製法で使われる石うすの色、そして、蒸溜所の歴史から着想を得た焼けた木の質感などから着想を得てブランドのカラーパレットを作りました。

テキーラのラベルデザイン

開拓地や南極から月面まで、はじめて到達したパイオニアが立てたフラッグのように、Primo 1861のキャップにもドラマチックにフラッグが描かれています。はじめての土地で蒸溜所を作るのは簡単なことではありませんでした。さらに、火災による消失や、その後の長い時の流れなど、さまざまな困難を克服してPrimo 1861は生まれました。この開拓者精神を、Estudio Albinoはフラッグでシンボライズしました。

ブルー・アガヴェのイラスト

ボトルのネックには、原料であるブルー・アガヴェのイラストが、ゴールドで箔押しされています。ブルーグレーとゴールドの組み合わせからは、高貴さも感じます。

歴史とモダンが融合したロゴタイプ

高級テキーラのブランドロゴ

大文字で組んだロゴタイプは、歴史的な香りとモダンさが融合したデザインです。抑揚のコントラストが強く、ストロークには太さに微妙なニュアンスがあります。

「P」「R」「O」のカーブしたストローク部分(ボウル)の内側には、頂点が付けられています。太いストロークの中央には、細いゴールドのラインが入れられていて、これにも同じように角度がつけられています。これらによって、木の板に手彫りしたかのような雰囲気も感じます。

フラッグのシンボルやブルー・アガヴェのイラストと一緒にロゴタイプに印刷されているロゴは、焼印のような印象です。また、ブランドカラーのカートンボックスに印刷されたロゴは、モダンで落ち着いた顔をしています。

 

ナイトクラブ向けのトロピカルなアール・デコ調ブランディング

ナイトクラブ

グアダラハラのクラブ「Café De Palma(カフェ・デ・パルマ)」は、地元の若者がオールナイトで音楽と踊りを楽しむホットなスポットです。来場者には無料のコーヒーが提供されます。

ミニマルなアール・デコ調のロゴデザイン

クラブのロゴデザイン

このクラブのブランディングを依頼されたEstudio Albinoは、アール・デコ調のスタイルで、トロピカルな雰囲気を演出することにしました。

アール・デコ調のロゴ

シンボルマークには、トロピカルなムードを表現する象徴の代表格であるパームツリーを採用。葉をモチーフにして、幾何学とオーガニックがブレンドされた美しいイメージが作られました。

ロゴタイプは、スクリプト書体とサンセリフ書体との組み合わせです。「De Palma」には、幾何学的なサンセリフ書体が使われています。とてもシンプルながら、うまくアール・デコ風に見せているのは、位置を低くした「A」のクロスバーや「E」のアーム、「A」の大きなカーブなどです。

「De Palma」のうえには、手書き文字風の「Café」が添えられています。掲載されているロゴをみると、筆で書いたようなかすれが見えるので、実際に手で書いたものかもしれません。

ナチュラルでゴージャスなカラーパレット

ブランドカラーパレット

パームツリーの葉やトロピカルな草木にヒントを得た、ややイエローがかった渋いグリーンがブランドカラーです。そのグリーンとゴールドをカラーパレットとしました。都会の中心部でありながら、自然を感じさせるゴージャスな組み合わせです。

ブランドカラーパレット2

ビジネスカードやコースターには、グリーンをバックにしたゴールドのシンボルマークが大きくレイアウトされています。印象的なパームツリーのデザインは、非日常的な空間と時間を予感させます。

 

ファンとのつながりを強めるためのキャンディー型石鹸のデザイン

キャンディー型石鹸のデザイン

2020年、COVID-19のパンデミックに対応するロックアウトのために、ひとびとが集った特別な場所との物理的なつながりがとぎれてしまいました。クラブCafé De Palmaもその例外ではありませんでした。

非日常的時間の記憶をよびおこすスペシャルギフト

ハンドソープ

ソーシャル・ディスタンスと手洗いうがい、といった「ニューノーマル」が呼びかけられるなかで、Café De Palmaは顧客に特別なギフトを送ることにしました。

ハンドソープをギフトにすることを決めたのですが、それは店のエッセンスが詰め込まれた、まさにCafé De Palmaの分身とも言えるものでした。

半透明のカラフルなハンドソープはアイスキャンディバー仕立て。ロックアウトで家に閉じ込められて、気分も暗くなりがちなところへ、さわやかなトロピカルな風を運んでくれます。楽しさを味あわせてくれるのも嬉しいです。

ギフトパッケージのデザイン

ギフトパッケージデザイン2

キャンディーのバーが包まれているのは、金のインゴットのようなパッケージです。グラフィックは、アール・デコのスタイルでデザインされています。Café De Palmaのブランディングのエレメントであるパームツリーが、クラブの店内を思い出させてくれるでしょう。

つらい時期のムードとは正反対の、ハッピーでゴージャスなギフト。Café De Palmaの非日常的空間と楽しい思い出を、クラブのファンに呼び起こすのにぴったりのアイデアです

 

design : Estudio Albino (Mexico)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: