Skip links
アイスパッケージデザイン

スコットランドから美味しいアイスクリーム!Mackie’sのパッケージデザイン

アイスパッケージデザイン

夏には欠かせないアイスクリーム。1986年、スコットランドでMackie’sが誕生します。失敗を重ねながらも220種類以上のフレイバーを作ってきました。

本コラムでは、クリーム色にブルーのパッケージデザインがなんとも可愛いスコットランドのアイスクリームMackie’sを紹介しましょう!

 

Mackie’s創業者Sir Maitland Mackie氏はすごい人だった

国を問わず、アイスクリームは誰もが大好きです。筆者の住むイギリスではここ数年で抹茶テイストのものが大流行りし、辻利といった本格的なお店で抹茶アイスクリームやラテを楽しむことができます。

また子どもだけでなく、住宅地、公園やホリデー先にくるアイスクリームバンといってアイスクリームの移動販売をする車で美味しいアイスクリームを買う大人をよく目にします。

Mackie’sは1912年生まれのSir Maitland Mackie氏によって創業されます。1986年のことでした。Mackie氏ですが、現在のMackie’sオーナーのおじいちゃんに当たります。

このMackie氏がやり手だった証拠として、スコットランドのアバディーンシャー地域で初めてトラクターを使った1人であり、ミルク関連のビジネスを始めた人という歴史があります。

遡りますが、Mackie氏はアバディーン大学を卒業した後、イソベルと結婚し6人の子どもに恵まれます。イソベルが死去した後はポーリンと再婚しました。1996年に84歳で亡くなるまで努力と先見の目を持ってMackie’sを運営してきました。

1932年に農業を始めたMackie氏ですが、アバディーン大学生物科学部にメイトランド卿の名を冠した1,000ポンドの奨学金も設立されています。この奨学金は、食品産業向け動物生産または農村の土地利用と環境分野で有望な学生に授与されるものです。

このように、農業や環境に対して高い関心を持ちやってきたのがMackie’sの創業者なのです。

それは、Mackie’sのミッションにもはっきりと現れています。

「人々が楽しみながら作る英国で最も環境に優しい会社として信頼されるグローバルブランドになること」

Mackie’sは今も家族経営であり、それまで学んできた教訓とチャレンジによってこの使命を達成できるかもしれません。

ちなみに、Mackie氏の弟には労働党の議員だったジョン、そして自由党議員だったジュージがおり、この2人はのちに貴族院に入りました。

 

Mackie’sのクリーミーなバニラアイスクリーム

Mackie’のアイスパッケージデザイン1

スコットランド生まれの創業者とその家族によって脈々と受け継がれてきたMackie’sのアイスクリームづくり。アイスクリームづくりで最も大切とされる新鮮な牛乳とクリームの自然な美味しさを活かしています。

アイスクリームのクリーミーさは乳脂肪分に由来します。しかし、他の商品には脱脂粉乳、乳固形分、チーズを作る際に残る乳清などが使われていることがあります。

「taste the daily difference」として、植物油を使った他のアイスクリームと比べ、Mackie’sは新鮮な牛乳とクリームで作られていることが差別化のポイントです。自然で本物の乳製品を食べる満足感と安心感の両方を得ることができるのです。

筆者も実際に食べていますが、クリーミーさがあってシンプルに美味しくいただけるアイスクリームとおすすめできます。

 

クリーム色にブルーのパッケージがなんとも可愛いMackie’sパッケージデザイン

Mackie’のアイスパッケージデザイン2

このパッケージを一瞬見たとき、その落ち着いたイメージと裏腹にテンションがあがりました。

Mackie’s of ScotlandとTraditionalという英字とともに、牛のイメージが入っているシンプルなものですが、美しいブルーがクリーム色のベースに完璧にマッチしています。

Mackie’のアイスパッケージデザイン3

Mackie’sによれば、30年間で総括的なリブランディングを行ない、リアルデイリー、つまり新鮮な素材と味に焦点を当て競合他社との差別化を図ったということです。その結果がブルーの色、チューブの色そして牛からミルク絞りをしている人のイメージが入ったものだったのです。

Mackie’のアイスパッケージデザイン4

チューブのふたを開けると、クリーム色に近い白のバニラアイスクリームに目が釘付けです。

Mackie’のアイスパッケージデザイン5

 

自信を持って新鮮な素材と味を届けるMackie’s

Mackie’sではバニラの他に、いろいろなフレイバーが揃っています。

ウェブサイトのギャラリーページを見ていただくと、アイスクリームとケーキのコラボ、ピクニックで食べるアイスクリームなど、心が躍るイメージがたくさんです。

Mackie’sで団らんのひと時を

Mackie’のアイスパッケージデザイン6

どうせ食べるのなら罪悪感なしに食べたいアイスクリーム。スコットランドの家族経営の農場による、目の行き届いた本物のアイスクリームはうってつけではないでしょうか。

食べ過ぎには注意して、これからもMackie’sの気になるフレイバーを試してみたいなと思います。

皆さんは、どんなアイスクリームがお気に入りですか?

 

参考:
More about Mackie’s (https://www.mackies.co.uk/about-mackies/)
Mackie’s Ice cream (https://www.mackies.co.uk/ice-cream/)
Mackie’s New Look (https://www.mackies.co.uk/news-and-more/latest-news/mackies-new-look/)
Mackie’s Inspiration Gallery (https://www.mackies.co.uk/news-and-more/inspiration-gallery/)


<プロフィール> ビスコム
ロンドン在住ライター。イギリスに住み、さらに強くなったデザインやアートへの興味をライティングに活かす。インテリアにも食指が動き、Edward BulmerやWilliam Morrisのセンスに憧れる。剣道道場運営やボランティア活動も行ない、バランスのとれた在英生活を満喫中。

 

※掲載商品・パッケージ等のデザインは当サービスの制作実績ではありません。
最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: