家庭にビニール袋は存在しない!?ポリ袋との違い

ポリ袋はビニール袋ではない

「ビニール袋」と「ポリ袋」に違いがあることをご存知でしょうか?

テレビなどでもよく両者が混同されているので、しっかり違いを把握しているという方のほうが少ないかもしれません。最近では一般家庭で「ビニール袋」を見かけることは少なくなりました。今回は、「ビニール袋」と「ポリ袋」の違いについてご紹介します。

 

ビニール袋とポリ袋は全く素材が違う

・ビニール袋とは?

「ビニール」とは、”塩化ビニル樹脂”のフィルムのことを指しています。この素材は子どもの水着入れによく使われる透明な厚手の袋や、テーブルクロスに使われていることが多いです。つまり、このビニールの樹脂を袋状に成型したものがビニール袋です。

ビニール袋

 

ポリ塩化ビニルの化学式

ポリ塩化ビニルの化学式

 

・ポリ袋とは?

対して、「ポリ袋」とは”ポリエチレン(PE)”または”ポリプロピレン(PP)”を使った袋であり、コンビニやスーパーなどでレジ袋として活用されています。ポリエチレンもポリプロピレンも、どちらもプラスチックの一種であり、石油から精製された“ナフサ”を原料としています。特にポリエチレンは、軽量で成形しやすく耐水性などにも優れていることから重宝されています。現在の主流はポリ袋であり、商品パッケージとしてよく用いられているのもポリ袋です。

ポリ袋

ポリ袋

 

どうしてポリ袋まで「ビニール袋」と呼ばれているの?

日本においてビニール袋の方がポリ袋より歴史が古く、実際にビニール袋が使用されていた時期もありました。その名残でビニール袋という呼称だけが残り、間違った使い方をしてしまっている人が多いと推測されます。親がDSやPSPなどのゲーム機を全てファミコンと言っているようなイメージでしょうか。日常生活で支障がでるというほどではありませんが、正確に使い分ける方がスマートと言えるかもしれません。

 

「ビニール袋・ポリ袋」という謎の併記

商品説明などの欄に、「ビニール袋・ポリ袋」や「ポリ袋/ビニール袋」などと表記がある場合もあります。結局どっちなの?と疑問に思われるかもしれませんが、あまりに「ビニール袋」という間違った使い方による呼び方が定着してしまっている為に、あえて並列表記している場合があるのです。オークションやフリマなど、個人が気軽に出品している商品の場合は、ただ単に間違って使用しているということもあります。

しかし、両者は強度や耐熱温度が異なりますし、ビニール袋はCl (塩素)を含んでいるため、燃やした場合に塩素系ガスが発生し危険です。一般的な包装材としてビニール袋を見かけることは、現在ではほとんどありません。

 

ポリ袋の種類について

ポリ袋にもポリエチレン(PE)素材のものと、ポリプロピレン(PP)素材のものがあります。より詳しく見てみましょう。

材質

この表示、見たことありませんか?

ポリエチレン(PE)素材が一般的

レジ袋などにはポリエチレン(PE)素材が広く普及しています。ポリエチレンには大きく2種類あり、高密度ポリエチレン(HDPE)と低密度ポリエチレン(LDPE)に分けられます。

■ 高密度ポリエチレン(HDPE)- ひっぱりに強いが、一旦裂けると弱い

高密度ポリエチレン(HDPE)は、不透明 (材質の密度が高いため) でシャリシャリした素材感があり、ひっぱりに強く伸びにくいという特性があります。その為、ある程度重いものを運ぶことが可能です。スーパーのレジ袋や持ち手付きのゴミ袋など、ある程度”運ぶ”ことを想定している場合は、高密度ポリエチレン(HDPE)の袋が用いられます。逆に一旦裂け目が出来てしまうと、そこから容易に裂けてしまう事が欠点です。

■ 低密度ポリエチレン(LDPE)- 裂けにくいが、ひっぱりに弱い(伸びやすい)

低密度ポリエチレン(LDPE)は、透明度が高く、しっとりとした質感で、柔らかいという特徴があります。裂けにくい性質があり、仮に穴が空いてしまったとしても破損が拡大しにくいため、透明のゴミ袋などによく活用されています。少々ややこしいですが、一般的なイメージでビニール袋と言われると、この低密度ポリエチレン(LDPE)のポリ袋を思い浮かべる人が多いかもしれません。すでにお伝えしていますが、ビニール袋ではなくポリ袋と表現するのが正解です。

 

ポリエチレンの化学式

ポリエチレンの化学式

 

ポリプロピレン(PP)素材にはOPP袋とCPP袋がある

OPPの正式な名称は「二軸延伸ポリプロピレン(Oriented PolyPropylene)」です。簡単に言うと、ポリプロピレンを縦と横の二方向に延伸したフィルムのことです。透明度が高くパリッとしていますが、引き裂きには弱いという特徴があります。素材の短所のようでもありますが、切れ目からピリッと開封できる便利な性質でもあります。コンビニのおにぎりを包んでいるフィルムをイメージするとわかりやすいかもしれません。OPP袋とは、OPPを袋状にしたものであり、100 均一SHOPの吊り下げ商品が入っている袋などに使われています。また、OPPは延伸されているため印刷のズレが少なく、綺麗な印刷を施したパッケージデザインの制作が可能です。

CPPは「無延伸ポリプロピレン (Cast PolyPropylene) 」 の略であり、同じく透明度が高いですが、OPPよりも破れにくいという特徴を持っています。手触りも少し柔らかであり、しっかり包装してほしい重たいダイレクトメールなどに用いられます。単体では雑貨やパンなどの包装に使用されています。

OPPとCPPは見た目に紛らわしいので注意が必要です。

ポリプロピレンの化学式

ポリプロピレンの化学式

 

基本的にどれもポリ袋ですが、使用する商品の用途によってより適したものを活用することが好ましいでしょう。


まとめ

「ビニール袋」と「ポリ袋」を正確に使い分けて、商品に最適の包装を選ぶようにしましょう。家庭にある袋はほとんどが「ポリ袋」です。

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。



サイトへのお問い合わせ・依頼パッケージデザインについて

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

よく読まれているページ

まだデータがありません。

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

error:
事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行は全てメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。【 口頭による金額提示、依頼の受付・進行は行なっておりません 】
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。
ゴールデンウィーク・夏期休業(お盆)・冬季休業(年末年始)などの 長期休業期間につきましても対応外となります。