Skip links
ギネスビールの缶デザイン

あのギネスビールに新商品が登場!Guinness Cold Brew Coffee Beerを素敵なパッケージデザインと共に紹介

ギネスビールの缶デザイン

黒ビールと言えば、代表の一つにGuinnessが挙げられます。なめらかできめの細かいクリーミーな泡、スモーキーな独特の香りが特徴であり、多くのファンから支持されています。

2022年、Guinness Cold Brew Coffee Beerが新登場しました。

ギネスの長い歴史に触れながら、新商品とそのパッケージデザインを紹介しましょう。

 

創業1759年!由緒あるGuinnessの歴史を紹介

ギネスのロゴ

・ギネスのロゴ – dennizn – stock.adobe.com

イギリスには老舗のブランドがいくつもありますが、Guinnessもそのなかの一つ。1759年、アイルランドの首都ダブリンで創業者アーサー・ギネス氏によってエールの醸造を始めたことでストーリーが始まりました。

34歳のギネス氏、ダブリンで運を試そうとしました。醸造業界が低迷していたこの時期、ギネス氏は決して諦めなかったのです。家を出て、ダブリンにむかい、荒廃していた醸造所を借り受けることにしました。そのリース期間、なんと9,000年です。このスケールに驚きますが、この大胆なスタートに乾杯!です。

ギネスビール

Anton Ivanov Photo – stock.adobe.com

1799年、エールビールの醸造を中止、ダブリンで人気を博した黒ビールの製造を始めます。1800年初頭には、独自の道としてヨーロッパからアフリカやアメリカ大陸、そしてニュージーランドまでギネスを輸出するようになりました。当時、航海の危険性は常に伴っていたのでギネスのチャレンジ精神を感じます。

その後も常識にとらわれないギネス独自の方法を採用していきます。それは、ビールづくりに科学者を採用するという醸造業界をも驚かせるものでした。このことからギネス初の研究所ができるという、他に類を見ない画期的なものに繋がっていきます。

1929年には「ギネスは体に良い」というスローガンを掲げ、広告展開が始まりました。ギネスがイギリスの全国紙に広告を掲載、伝説のドラフトビールをイギリス中のパブやバーに持ち込むという快挙を成し遂げます。

ギネス社またギネスビールについてはコラムには書き切れないほどの歴史があります。

ぜひ、公式ウェブサイトで歴史をお感じください。

Guinness our story – https://www.guinness.com/en-gb/our-story/

 

クールなパッケージで新登場!Guinness Cold Brew Coffee Beer

ギネスビールの缶デザイン

ギネスのロゴデザインの中心にはハープがあります。なぜ、ハープがビールブランドのロゴに使われているのかご存知ですか?

これはトリニティ・カレッジ・ダブリン(大学)に保存されているオニールハープとして知られるハープです。このハープはアイルランド製ハープをベースにしています。そして、ギネスのシンボルマークとして1862年、ギネスの初めてのボトルラベルに使用され以来、ギネスの代名詞になりました。ちなみに、ギネス社は最初のラガーを「ハープ」と名付けています。1960年のことでした。

ギネスビールのパッケージデザイン

260年以上の歴史をもつギネスに新商品が誕生しました。その名はGuinness Cold Brew Coffee Beer。アメリカ先行発売で人気を博した後、いよいよイギリスで販売開始されました。

ギネスビールの缶デザイン2

ビール缶やパッケージデザインにはコーヒーを思わせるブラウン色、ギネス黒ビールの黒、それらの色が液状で混ざり合ったものをバックにしています。その上にギネスのハープが金色で堂々と輝いています。缶もシルバーでなくゴールドでコーヒーのブラウンと良い相性です。

Guinness Cold Brew Coffee Beerを買う!

このビールはアルコール度4%、これはこれまでのギネスよりアルコール度が低くなっています。そしてコーヒーとナチュラルコーヒーフレイバーが入っています。

ギネスビールの缶デザイン3

以下の3つが楽しめるビールになっています。

アロマ→ コーヒーやキャラメルのような甘い香り

見た目→ 濃い色でクリーミーな泡立ち

フレイバー→ 苦味と甘味のあるローストコーヒーとキャラメルの絶妙なバランス。口当たりはリッチ、スムーズ、クリーミーというバランス。特筆すべきはコーヒーの後味。

ギネスビールのパッケージデザイン2

ギネスビールのパッケージデザイン3

これを知るだけで美味しそう!

ちなみに、筆者はイギリスで剣道道場を運営しています。稽古の後に皆でパブに行くことを「第二道場」と呼びますが、この第二道場では必ずギネスを飲む身としては、この新商品を試さない訳にはいきません。

現在は大手スーパーTescoのみで販売、順次入手できるようになっていくということです。ということで、早速購入に至ったということになります。実際に飲むのがすごく楽しみです。

ちなみに、ダブリンにあるGuinness Storehouseでは、自分のギネスを一杯作る体験ができます。これは格別ですね。

 

多くのメディアに取りあげられるGuinness Cold Brew Coffee Beer

さて、このニュースに多くのメディアが反応しています。

以下、いくつか紹介しましょう。

Metro

新商品の紹介、ギネスが何か新しいことに挑戦したいと熱望していると解説。

We tried Guinness Cold Brew Coffee Beer – this is our verdict

Evening Standard

“Guinness Cold Brew Coffee Beer taste test: It tastes like a punch in the mouth”

記事とともに、ギネス大好きなディビッドさんがイケてないグラスでこのギネスを飲んだりと、数人が感想を動画で楽しく話しています。

実は大多数が、、、NOの判定をくだしました。

黒ビールならギネス、Coffee Beerはイギリス人に受け入れられる?

発売から間もないGuinness Cold Brew Coffee Beerをいち早く紹介しました。

味については置いておくとしても、おいしそう!と思わせるパッケージデザインだと言えそうです。皆さんは日本で発売されたら試されますか?

 

参考:
Guinness our story (https://www.guinness.com/en-gb/our-story/)
Guinness Cold Brew Coffee Beer (https://www.guinness.com/en-gb/our-beers/guinness-cold-brew-coffee-beer/)
DesignBridge (https://www.designbridge.com/work)
BrandNew (https://www.underconsideration.com/brandnew/archives/new_logo_for_guinness_by_design_bridge.php)
Guinness STOREHOUSE (https://www.guinness-storehouse.com/Content/pdf/archive-factsheets/advertising/harp_trademark.pdf)
Guinness Storehouse Your face on a pint! (https://www.guinness-storehouse.com/en/the-stoutie)


<プロフィール> ビスコム
ロンドン在住ライター。イギリスに住み、さらに強くなったデザインやアートへの興味をライティングに活かす。インテリアにも食指が動き、Edward BulmerやWilliam Morrisのセンスに憧れる。剣道道場運営やボランティア活動も行ない、バランスのとれた在英生活を満喫中。

 

※掲載商品・パッケージ等のデザインは当サービスの制作実績ではありません。
最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)


サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


error: