グリーンを基調にした、二か国語併記のパンフレット製作例 -#125

グリーンを基調にした、二か国語併記のパンフレット作成例

グリーンは心身をリラックスさせ、気持ちを穏やかにさせる効果があります。目を引く鮮やかな配色も大事ですが、じっくりと商品やサービスの説明をしたいパンフレットでは、落ち着いて説明を読ませるような配色も効果的です。ここでは、そんなグリーンを基調にしたパンフレットの作成例をご紹介します。

 

広大な草原をバックにしたパンフレットデザイン作成例

グリーンを基調にしたパンフレットデザイン

横に長く、3つ折りにしたパンフレットデザインです。農業関係のパンフレットでしょうか。左右の扉ページを開くと、そこには広大な草原を背景に、説明の文章があります。左のページだけが白い背景で他のページとは異なっています。おそらくこのページを最初に開くように意図されているのでしょう。「g」の文字が大きく配置され、目を引きます。「g」の文字はベースの淡いグリーンの上に、少し濃いめのグリーンが点描のように描かれていて、優しい感じがします。「g」の下には「Grândola」(グランドラ)と書かれていますが、どうやらポルトガルの1都市のようです。

2枚目の写真は、右のページを拡大したところです。彩度を落とした落ち着いたグリーンを背景に、ポルトガルの地図が白抜きのラインで描かれており、「Grândola」の場所に白く丸がついています。まずは左ページの扉で興味を引き、右のページでこの都市の場所や、一般的な説明をしているのでしょうか。

3枚目にはページを開いたところの一部がクローズアップされています。「Olive Oil」や「Eggs」などと記載されているので、どうやら農産物の説明のようです。ここで注目したいのは、「Eggs」と「Ovos」、ポルトガル語が英語が併記されていることです。また、ポルトガル語はグリーンの背景に映える白抜き文字ですが、英語はイエローで彩色されていて、言語が違うということがわかるようになっています。背景との区別はつきますが、悪目立ちすることもなく、またこのパンフレットの主要言語であるポルトガル語を邪魔することもありません。また、「Ovos」や「Eggs」と書かれた下の説明も、ポルトガル語は白、英語はイエローと、統一がはかられています。

 

グリーンは自然の色であると同時に、調和の色でもあります。パンフレットには様々な情報要素を入れたくなりますが、それぞれの役割や効果を考慮してうまく配置や配色を調整することで、安心して読めるパンフレットを作ってみてはどうでしょうか。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。

パンフレットのデザイン料金と作例

二つ折りパンフレットの作成について
三つ折りパンフレットの作成について
カタログ・中綴じ冊子の作成について
パンフレットデザインの作成例はこちら

ASOBO DESIGN™ とは

ASOBO DESIGN ロゴ

ASOBO DESIGN (アソボデザイン)へようこそ!デザインの制作に関わることは何でもご相談ください。

チラシ・ポスター・パンフレットや、名刺・ショップカード・DMなどの各種印刷物、看板・ロゴマーク・パッケージデザインまで幅広いグラフィック・広告デザインに対応いたします。デザイン制作だけでなく、印刷から納品まで一貫して対応(※)しており、展示会・キャンペーン・販促宣伝活動等に貢献致します。※一部媒体を除きます

お問い合わせ

デザインの見積もり・制作依頼

SSL カード決済対応 銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。 デザイン料金はクレジットカード対応

ピックアップNEWS

実用的な折チラシデザイン
書籍「実用的!折りチラシデザイン」に作成したチラシが掲載されました。

チラシデザインが書籍に掲載されました
書籍「タイトルまわりのデザイン表現」にチラシデザインが掲載されました。

チラシデザイン集に掲載されました
書籍「実用的なチラシデザイン」にデザインが掲載されました。

雑誌掲載事例
デザイン総合情報誌「MdN」にWEBサイトが掲載されました。

メディア掲載事例について
インディーズCDの制作ガイドに、デザイナーとしてのインタビュー記事が掲載されました。

インターナショナルファッション誌 "En Vie Fashion Magazine" 内にデザインが掲載されました。

Adobe MAX Japan にて制作デザインが展示されました。

NEWS&PRESS情報一覧

事業概要 / ご利用規約

お問い合わせ

平日11時〜18時は電話でのお問い合わせも承ります。

電話は問い合わせ専用となります。見積もり・具体的な依頼の進行はメールでのやり取りとなりますので、予めご了承ください。(口頭による依頼の受付・進行は行なっておりません)
タイミングによっては営業時間内でも応対が出来ない場合もございます。その際はお問い合わせフォームをご利用ください。