Skip links
カラフルな色使いが印象的なグラフィック制作例について

カラフルな色使いが印象的なグラフィックデザイン作成例

カラフルな色使いが印象的なグラフィック制作例について

例えば使用する色を3色くらいでまとめてデザインを作るのは、基本に沿っていけばそう難しくありません。しかし、いろんな色を使ってカラフルなデザインを作るとなると、途端に難易度が上がります。今回は、カラフルな色使いでも上手くまとまっているデザインを集めました。

 

少し淡い色味でまとめたデザイン

デザインを見る (via Pinterest)

縦長の大きく黒いフォントの前後を、カラフルな棒が立て掛けられています。カラフルな配色は子供っぽいような印象になりがちですが、黒いフォントを大きく配置することで、少し落ち着いたモードっぽさを感じます。また、棒の色ははっきりとしたトーンではなく少しパステルっぽい色味にすることで、色同士の馴染みが良くなっています。これを原色のようなはっきりとした色にしてしまうと、全体がごちゃごちゃとしてうるさい印象になりかねません。

 

カラフルかつシュールなイラスト

デザインを見る (via Pinterest)

音楽フェスのポスターでしょうか。人や鳥、植物などの少しシュールなイラストが目を惹きます。カラフルにすることで、様々なバンドが出演することをイメージさせます。所々にレンガのテクスチャーを使うことで、全体にまとまりが生まれていますね。

 

幾何学チックなデザイン

デザインを見る (via Pinterest)

シンガーソングライターフェスティバルとあるので、こちらも音楽関連のイベントのポスターのようです。三角を使用した幾何学的なデザインに、落ち着いたトーンの配色が非常に合っています。黒と白の無彩色を組み合わせ、カラフルな中にも落ち着いた雰囲気を取り入れることに成功しています。

 

ネオンカラーのデザイン

デザインを見る (via Pinterest)

インクの海の中にフォントが勢いよく飛び込んだような楽しいデザイン。ネオンカラーと相性の良いグレーを明るめのトーンにして取り入れ、全体の華やかな雰囲気を崩さずに上手くまとまっています。また、ネオンカラーの部分は下の色を透けさせることで、色の重なりも美しいデザインになっています。

 

カラフルな配色をうまく使いこなすには、無彩色をバランスよく取り入れるのがポイントのようです。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

デザイン料金と作例

各種デザイン作成について
チラシ(フライヤー)・ポスターなど1枚物の紙媒体制作から、パンフレットや名刺・ショップカード・封筒などのビジネスツールのデザイン作成、WEBバナーや店頭看板・交通広告などのデザイン、カーラッピング・ロゴマーク・商品パッケージ・装丁・動画編集に至るまで、様々なデザイン作成に関する業務を行なっております。


error: