Skip links
オシャレな総柄を用いた名刺デザイン作成例について

オシャレな総柄を用いた名刺デザイン作成例

オシャレな総柄を用いた名刺デザイン作成例について

表面に名前と連絡先を書いただけの名刺では物足りないと感じることはありますか?名刺の裏面こそ遊べるスペース。所属団体のロゴや自身を表す絵、イニシャルなど、アイコンとなるものを印象的に配置したいところです。ここではオシャレでスタイリッシュな総柄を用いた名刺裏面デザインをご紹介します。(※紹介する名刺デザインは当サイトの制作事例ではありません)

名刺デザインの外注はこちら

マーブル模様の中央に白抜き文字の名刺デザイン

名刺デザインを見る (via Instagram)

マーブル模様は大理石を模した模様の事で、流れるような形を複数の色で多重に重ねたり、練り込んだように見えるプリント柄。こちらのデザインは、色の配置から海のようにも見えるマーブル模様ですが、使用する色次第で様々な印象を与えることが可能です。

 

カラフルな油絵の抽象画的な名刺デザイン

名刺デザインを見る (via Instagram)

筆でランダムに油絵の具の色を乗せたような、鮮やかな抽象画を名刺デザイン全面に配置。こちらも使用する色味次第で与える印象は様々です。また、文字を白抜きで印刷するのではなく、ツヤのある透明インクで印刷していることで、一見絵のみのように見えますが、手触りや光の反射で何か文字が書いてあると分かる仕様。文字の印刷方法にも注目です。

 

太めの外枠で画面を引き締めた名刺デザイン

名刺デザインを見る (via Instagram)

上の名刺デザインは、画面いっぱいの薔薇の写真の外側に太めの枠を置くことで、画面が引き締められています。こちらは不透明度を少しだけ下げた白枠のようですが、不透明度100%の白枠を置いて、画面中央にポッカリ浮かんでいるように見せてもスタイリッシュです。

 

総柄デザインは、可愛い絵や写真を置けばそれだけで裏面デザインとして成立してくれる優れもの。また、文字の置き方も遊び放題で、デザインの幅が広がります。自身の作品やお気に入りの絵・写真をオシャレに配置してみましょう。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のデザイン制作事例をピックアップして紹介しています。※当ページは世界中のデザイン制作事例を紹介するコンテンツです。当サイトのデザイン実績ではありません。

ショップカード・名刺のデザイン料金と作例

ショップカード/名刺の作成について
お店の宣伝やブランディングに欠かせないショップカードの作成、ビジネスシーンで欠かせない名刺の作成、カードタイプの販促ツールはお任せください。カード・名刺作成の代行・委託・外注については気軽にお問い合わせください。

ショップカード/名刺デザインの作成例はこちら
過去のショップカード作成例、名刺作成例をご覧いただけます。リーズナブルな飲食店から高級アパレルブランドのショップカードまで、イメージにあったデザイン作成を行なっています。名刺も与えたい印象や企業のイメージに応じて、ブランドに沿う名刺デザインを作成しています。


ショップカード・名刺デザインの作成依頼〜納品までの流れ

ショップカード・名刺デザインの流れ①

見積もり

作成を希望されているショップカード・名刺の制作枚数や要望等に応じて、見積もりを行います。まずはお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。【カード・名刺デザインの制作費用について】グラフィックデザインのみの制作・カード / 名刺印刷込みのデザイン制作、両方の依頼に対応しています。

ショップカード・名刺デザインの流れ②

制作情報の提供

ショップカード・名刺のデザイン制作に必要な掲載文面や素材などを提供いただきます。(掲載文章の考案・アレンジは行なっておりません。法令・業界団体等の広告ガイドラインが存在する場合は、遵守した文章の作成をお願いいたします。)

ショップカード・名刺デザインの流れ③

ショップカード・名刺デザインの作成

ショップカード・名刺のデザイン制作に取り掛かります。完成したデザインの見本データをメールにて送付致しますので、内容を確認いただきます。デザインや文面などに修正などがあれば、適宜追加納期にて対応いたします。

ショップカード・名刺デザインの流れ④

校了・納品

ショップカード・名刺デザインが校了となりましたら、ご入金確認後に印刷手配(またはデータ納品、及びその両方)を行います。(※ショップカード・名刺の印刷は外部印刷会社へ委託となります。印刷・入稿手配の代行費用等はサービス料金に含まれています。)



error: